« それを「おためごかし」という | Main | 『靖国問題』(高橋哲哉・ちくま新書) »

April 04, 2005

「ありのまま認める」ってむずかしい

20050401_1930_000
4月1日の記事で、『不登校、選んだわけじゃないんだせ!』という本から
安易に「わかる、わかる」というな、「分からない」相手の存在を認めよ、ということを学んだ、と書いた。

あの言葉は本当に胸に突き刺さったので、
以来、とても注意しているのだけれど、
これが、かなり、難しい、ということが分かってきた。

「わかる、わかる」って言いたくなるんだよね。
だって、楽なんだもん。
自分の身近な例にひきつけたり、本で読んだなんかの例と引き比べて考えて、目の前の相手の話はすっかり無視して、勝手なストーリーの中に回収してしまう、という理解のしかたって。

昨日は書いたそばから、医学生の友人に勉学のつらさを聞いて、つい、「わかる、わかる」と相槌をうってしまい、
「あなたには分からないよ!」と怒られた。
自覚がたりません、ハイ。

ただ、相手の想いにじーっと耳をすませながら、何にもできない自分を自覚しつづける、って、かなり、つらい。せつない。

わたしは、安易に理解する傾向がかなり強いほうな気がする。
昨日書いた障害者介助についても、はじめたころは、すごーく相手に同情してしまった。
わたしが、こんなふうに身動きがとれなくて、人に食事やトイレの世話をしてもらうことになったら、みじめだろうな、
だから、この人はつらいんだな、わかる、わかる…みたいに。われながら、失礼ですな~。
さすがに10年も付き合っていると、
どうやら、この人はこの人なりに幸せだったり、つらかったりするのであって、
わたしとは別の人格なんだ、と分かるようになった。
つらい思いを代わりに担ってあげることはできないけれど、
わたしなりのつらさ、わたしなりの喜びから行動するほうが、きっと実りあるんだろうな、と思う。
ああ、修行は始まったばかりですな。

さて、今日のヒルティ。
3段落に分かれていて、最初の二つは、今のわたしにはまだピンとこない。
どのようにピンとこないかも説明できないくらいなので、
ここには書かない。
いずれ、もう少し成熟してきたら、分かるのかな、という内容。
あるいは、ヒルティの生きた時代も背景にありそう。

最後の1段落は、いまのわたしにはいい教訓である。

「われわれの内部の悪や凡俗は、われわれがつよく善を欲するやいなや、一時あとに退くものである。
だが、それは攻撃の手を後日のために控えただけで、われわれが疲れ始めたり、内的成功を確信して最初の喜びに気をゆるめたりすると、またすぐ攻撃してくる。
そんなとき、いつも悪は失地を挽回しようとやっきになり、しかもそれが実にしばしば成功するのである。」
(岩波文庫版:草間・大和訳)

今、わたしは、「相手をありのままに認める」ということを強く欲している。
でも、ふと気をぬくと、またわたしの中の「悪や凡俗」である、
都合のいい、分かりやすい解釈で人を決め付けようとするくせが出てきてしまうだろう。
ヒルティ爺さん、忠告ありがとう。
気をつけるよ。

|

« それを「おためごかし」という | Main | 『靖国問題』(高橋哲哉・ちくま新書) »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

Comments

 
はははぁ。これだよ、これ。
僕もとても似たようなことをずっと考えてきた。
わかるよわかる。(←こーゆーのがイケナイ)

いつだったか思い出せないけど、ある日僕は話し相手に対して「わかる」という言葉を使うのをやめることにした。

それは、相手に対して不遜であり、自分に対して誠実でない、と考えたから。

で、その代わり今はどう言っているかというと、「わかる気がする」「わかるような気がする」。

より慎重に接する状況であればほとんど後者を使うんよ。それでも不遜かもしれないけど。
 
 
人と人、どんな間柄であっても本当に相手を理解するなんてことはありえない話。みんな1つのセルに閉じ込められていてどこまで行っても孤独なんだと思う。1人として理解してくれる人は居なくて、1人として理解することができない。そこを錯覚している人が多過ぎる気がする。

「わかる」って言ってくれる人は善意なんだろうけどね~ 共感したよーっ!って。 実際、僕も言われてとても嬉しい場合もあるし。

どうしても「わかる」といってしまうのもわかるような気がする。僕も、徹底はできてないし。話が盛り上がっててその中で「あ! それわかる」と思わず口にしたり。そんなときに「わかるよーな気がする」なんて長々と言っちゃうとその場の「ノリ」がダウンしそうで。どうなんだろう。相手もそういう時は喜んでくれる気がするんだよね。

ちなみに同じような理由で僕は「理解者」という言葉も嫌い。

とにかく、わかるような気がするログでした。
 

Posted by: 今瞬 | April 06, 2005 at 12:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/3554427

Listed below are links to weblogs that reference 「ありのまま認める」ってむずかしい:

« それを「おためごかし」という | Main | 『靖国問題』(高橋哲哉・ちくま新書) »