« 冷淡な人が好き | Main | 人は人を変えられない »

July 31, 2005

「宗教教育」について

8月1日『眠られぬ夜のために』第一部

「(祈りや教会通いやそのほかの「宗教行事」は)
われわれの魂の力を高めるための手段であるべきで、
ただこの目的をみたすかぎりにおいてのみ、その価値を持つのである。

(中略)

この点は、すべての宗教教育の根本的な誤りがある。
宗教教育というものは、つねにただ入門的なものにすぎず、
まだ信仰の大部分をまったくのみこめない子供の心に嫌悪を起こさせなければ最上である。」
(岩波文庫:草間・大和訳)

仕事で都内の高校をいくつも訪問したのだが、
いやはや、ミッションスクールの多いこと。
東京の私学なんて、3校に2校はミッションスクールなんじゃないか。
(印象として、ね。別に数えたわけじゃあない。)

こんなにミッションスクールが多いんじゃあ、
日本中クリスチャンばっかりになりそうだけれど、
そうならないのはなぜなんだろう。

nikkouは小学校から高校まで国公立で教育を受けたので、
こうしたミッションスクールでどのような教育がなされているのか、
具体的にはよく分からない。
クリスチャンホーム育ちでもないので、家庭で「キリスト教」的な教育を受けたこともない。
また、ヒルティの指すドイツの「宗教教育」がどういうものかも、よく分からない。

だから、というわけではないが、最近、いや、実はずっと前から
ひそかに心配していることがある。

わたし自身がいつか、母親となったときの、子供のへ「宗教教育」についてである。
いったいどうしたものだろうか。
どこまでが、ヒルティの言う「子供の心に嫌悪感を抱かせない」ラインなのだろうか。

nikkouの知り合いのさるクリスチャンの夫婦は、
「地元の夏祭りの雰囲気がいやだ」と言った。
たしかに、地方では氏子でもないのに集金を強要する習慣があるとは聞く。
それは、ちょっといやだなあ、とnikkouも思うのだけれど、
でも、夏祭りそのものは、実はとても好きなのだ。
というのも、
nikkouは、夏祭りに、たった200円のお小遣いをやりくりして、
シャボン玉を買い、きんぎょすくいか、ヨーヨー釣りか、迷い
お兄さんたちの神輿を担ぐ姿を境内でうっとり見送り…という
東京人ながら切ない夏祭りの思い出を胸に抱いているのである。
しかし、ご夫婦の前で、
「えー、わたし夏祭り好きですよ」と言えなかった。
なんだか、そういうのがはばかられた。

今、nikkouはクリスチャンとして生きつつ、
自分の中に育んできた日本のいわゆる「異教徒」の文化との折り合いに、
悩む…とまでいかなくても、違和感を感じている。
nikkouを育ててきた「異教徒」の文化をないがしろにしたくない、という思いがあるのだ。

だから、nikkouは、将来子供に、「クリスチャンだから」という理由で何かを禁じたくない。

そういえば、クリスチャンホームとして子供を育てている友人に、あるとき、
「七五三はどうしているんですか?」と聞いてみた。
彼は、「千歳飴がほしい、と言われれば買ってやる」と言った。
しかし、「神社には、当然、詣でないよ」と。
そして
「子供が、クリスチャンでないヨソのお家がうらやましい、と思うことのないようにすればいいんだ」とも言っていた。

また、クリスチャンホームに育ったある友人は子供のころ、
「初詣に行きたい」と父親にせびったところ、連れて行ってくれた、という。
「でも、父は『お前だけ、行って来なさい』と、鳥居の前で待っていた」という。


とりあえず、親と子供が別の人格であることを認めて、
親の価値観を示しつつ、子供に強制しない、
というのが、この二つの家庭のありかたのように思うけれど、
nikkou自身が、価値観を形成中なので、
そんなものを一貫して持つことができるんだろうか、と思ったりする。

ま、文字通り、「案ずるより産むが易し」なんだろうけれどね。

|

« 冷淡な人が好き | Main | 人は人を変えられない »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/5247042

Listed below are links to weblogs that reference 「宗教教育」について:

« 冷淡な人が好き | Main | 人は人を変えられない »