« 「畏れ」ということ | Main | Calling My Name »

August 30, 2005

フジ子・ヘミングの信仰

8月27日『眠られぬ夜のために』第一部

「神とその支配とはゆるぎない事実であり、
また自分の内的生活におけるあらゆる真の進歩も同様に一つの出来事であって、
獲得された知識や、まして単なる観念では決してないということが、
自分の経験によって分かったときに初めて、人は本当の信仰に到達するのである。」
(岩波文庫:草間・大和訳)

hujiko
イングリッド・フジ子・ヘミングの「天使への扉」(光文社 知恵の森文庫)を読んだ。
正直、暇つぶしの気持ちで手に取った一冊であったのだが、
読み始めて、おもわず、うめいた。なんとまあ。
これほどにも篤い、
・・・いや、熱い熱い、信仰告白の書であったとは。

フジ子・ヘミングは、いわずと知れた、波乱の人生を乗り越えてきた名ピアニストである。
その半生はNHKの特番から始まって菅野美穂主演でドラマ化もされた。

戦時中に、建築家でスウェーデン人の父と、ピアニストで日本人の母との間に生まれるが、
手続きの不備でスウェーデン国籍を喪失、無国籍となる。
母親との確執、ハーフゆえのいじめ、音楽の世界でのねたみ争い、そしてついに難民ビザで留学したドイツで聴力を失い、帰国もできず砂糖水で飢えをしのぐほどの極貧…と、次々に試練を受ける半生なのである。なるほど「ドラマ」である、見所満載である。
50代で帰国後、聴力が40%回復した右耳で、友人の求めに応じて聖路加病院でのチャリティコンサートなど続けていたところ、ふと、NHKに取り上げられて、アルバム「奇跡のカンパネラ」がベストセラーとなり、今に至る。

nikkouはさほどクラシックにくわしいほうではないが、それでも、
ある日CDショップで頭上のスピーカーからすごい面白いカンパネラが聴こえてくるので驚いて、
カウンターで確認したらフジ子だった、ということがあるので、
素人にもわかる、豊かな表現力のある人なのだと思う。

彼女は言う
「…途中、何度も思いました。
なんで神様は私をこんな目に遭わせて平気でいるのだろう、と。
だけど、そうではなかった。
まるで、私の人生は神様にプログラミングされていたかのように感じます。」
(「天使への扉」)

有名になったからではない、自分の音楽をだれかが聴いて喜んでくれるから、うれしい。
お金は、寄付をしてしまう、自分は古着を着ていればいい、天国に貯金したほうがいい。
コンサートでは、「イエス様、イエス様」と心で祈りながら弾く、
耳が遠いから「牧師」の声が聞こえない、だから教会に行かず、家で聖書を何度も何度も読む…。
別の本によると、彼女が受洗したのはカトリックだというが、本人は「神父」だろうが「牧師」だろうが、頓着しない。
教派も神学もない。
ただ、心に、聖書が生きている。
試練をくぐりぬけた人の持つ、主に命を捧げる覚悟だけが、どっしりと据わっている。

ああ、そうでありたい、とnikkouは切に願う。

クリスチャンになる前は、「教派の争い」は外国のお話だったし、
とりとめもない議論のことを、洒落て「神学論争」と呼んだものだけれど、
主を信じる人の群れに身を投じれば、それが外国のことでも、シャレでもなんでもない人があることに愕然とする。
そんな中で、フジ子の信仰に、はっと目を見張るおもいだ。

nikkouも、今はただ、イエスに従い、神の国へ帰ってゆくことだけを目指したいと切に思う。
普段の生活のなかで、淡々と、されど熱く、み言葉を実践していきたいだけ。

(注)「フジ子・ヘミングウェイ」で検索してこられる方が多いのですが、正しくは「フジ子・ヘミング」ですよ。

|

« 「畏れ」ということ | Main | Calling My Name »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/5700045

Listed below are links to weblogs that reference フジ子・ヘミングの信仰:

« 「畏れ」ということ | Main | Calling My Name »