« 「萌え」は日本を救うか!? | Main | ホリエモンなんて、うらやましくないし~ »

December 03, 2005

キリスト教をためしてみる

12月2日『眠られぬ夜のために』第一部

「われわれは、すべての疑い惑える人や、不幸な人、もしくは孤独な人たちにこう呼びかけたい。

『ぜひ一度キリスト教をためしてみなさい。
なるほどあなたは、これまで有りとあらゆることを試みたでしょう。こんどは一度キリスト教をためしてみなさい。この教えのほうでも、あなたがそうすることを歓迎するでしょう。』

マタイによる福音書11章28節
『疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。』
(以下略)」

(岩波文庫・草間・大和訳)

「キリスト教をためす」というのは、なんだか楽しい言い方だ。
試着してみる、試食してみるって感じ。
以前クリスチャンの友人を自宅に招いたら、母が友人に、
「あなたは、ご両親もキリスト教をやってるの?おじいちゃんやおばあちゃんもやってるの?」と聞いたので、「やってる、ってなんだよ」とあとで友人とふたりで笑ったものだ。
でも、学ぶ、とか、信じる、とかいうより、
「キリスト教をやる」、「キリスト教をためす」という言い方のほうが、イエスキリストが生活そのもの、という感じでいいのかもしれない。

200511301804000
クリスマスが近づいてきている。
町はクリスマスのデコレーション一色だ。
nikkouの職場は、おもちゃ問屋街のはしっこにあって(以前は老舗出版社らしく本の町神田にあったのだけど、25年前に倒産して、都落ちしたのだ。)、この時期、この町はもう、まぶしいくらいになる。
去年、クリスマスの飾りつけがほしくなって、昼休みに散策したのだけれど、ほしいものがなかった。
nikkouは、天使とか、聖家族とか、三賢者とか、そういう感じのものがほしかったのだけれど、
お店に並んでいるのは、サンタとツリーと雪だるまと、熊、のオーナメントばかり。
なんで熊!?

200512031516000
そんななかで、天使がいっぱい遊んでいる木製のツリーを見つけた。
今年も取り出して飾ってみた。
ちいさな王冠がぽろっと出てきた。お人形のどれかから落ちたんだろうけれど、…どれだぁ?
200512031522000


200512031126000
今年はフェアトレードのお店でみつけたフィリピン製のリースも飾る。
真ん中に、御茶ノ水のクリスチャンセンターで買ったクリスマスカードを貼ってみた。
フェアトレードというのは、経済的に豊かではない国には、「援助」ではなく、「フェアな貿易」をしましょう、という取り組みである。フェアトレードの商品にはちょっとしたアジア雑貨が多く、悪くない。
200512031128000

4年前の、クリスチャンになって初めてのクリスマスの日、教会のクリスマス会で、子供たちや年配の兄弟姉妹たちとキャンドルサービスをし、お祈りをし、聖書を読み、歌を歌い、牧師夫人の手作りのケーキを食べながら、胸がかぁっと熱くなった。
「ああ、そうだ、子どもの頃のクリスマスって、こういう日だったなあ」って。

nikkouはクリスチャンホームではなかったけれど、子どもの頃、クリスマスには家族みんなでケーキを食べた。
おとぼけの母がろうそくをともすなり「ハッピバースディツーユー」と歌いだし、
幼い4人姉妹もなんとなくそれに和し、
「ハッピーバースディ、ディア・・・」のところで、一瞬、つまったが、
「イエスさまぁ」と、みんなしてちゃんと続け、
「ハッピバースディ、ツーユー!」と歌い終えたのだった。
夜8時くらいになると、近所の教会付属の幼稚園の先生たちがキャンドルサービスに回ってきて、
団地のベランダから、まさに雁首そろえて家族みんなで一緒に歌った。
1曲終わるたびに、拍手をした。
うちの家族だけじゃなく、団地中のあちこちから拍手がたくさん降ってきて、
楽しかった。

nikkouは、たぶん、とても愛されて育ったのだと思う。
そのことに、普段はまったく気づかないけれど、
クリスマスソングを聴くこの季節になると、ふっと、思う。
両親に感謝しよう、と思う。

やはり、4年前、クリスチャンになって最初のクリスマスの日、
ラジオでは、「恋人とどんなクリスマスを過ごすか」なる特集と、ラブソングがガンガンかかっていた。
クリスチャンになりたてのほやほやで、去年まではそういうクリスマスにどっぷりつかっていたのだから、
急に賢しらに批判的なことを言うまい、とは思いながら聞いていたら、
番組の最後に、DJが言った。
「クリスマスというのは、本当は、イエスキリストの誕生をお祝いする日ですからね。
近所の教会に、お出かけになってみてください。
どこの教会でも、今日は、キャンドルサービスをやっていて、
だれでも入れるはずです。
では、メリークリスマス!」

jon_kabira
ちょっとほっとした。
このDJとは、「家が買えるぞ~」のCMでおなじみの、ジョン・カビラさんである。

ことし、nikkouの教会でもクリスマス会をする。
24日土曜日。
4歳のかなちゃんが、おもちゃのピアノで弾き語りをするそうだ。

|

« 「萌え」は日本を救うか!? | Main | ホリエモンなんて、うらやましくないし~ »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

Comments

クリスチャンになる前のnikkouさんのクリスマスも素敵だったんですね。教会のクリスマスはだいたい早目になるので(25日以前の日曜日)24日、25日はあまり感慨なく過ごしてきてしまいました。今年はちょうど25日が日曜日なんですね。楽しみです。

Posted by: ゴトウ | December 03, 2005 at 09:45 PM

itsumo nagara totemo subarashii. aisarete sodatta ,n--nte,totemo iina.hontou damono.

Posted by: sugiyama katsumi | December 03, 2005 at 10:45 PM

おもちゃのピアノの弾き語り!とっても楽しみだね♪
ジョン・カビラさんが渋谷の教会でゴスペル歌ってるクリスチャンだと
知ったとき、私はミーハーだからそれだけで喜んじゃったけど
電波の中でもそうやって神さまのことを伝えたい気持ちがあるのを知って
嬉しい気持ちになった~。

日本の芸能人クリスチャンとか、有名人クリスチャンが、
「私はクリスチャン」って素敵な証しをどんどんしてくれればいいのに、っていつも思うもの・・・

Posted by: ゆり | December 04, 2005 at 01:11 AM

>ゴトウさん

そうそう、25日は日曜なんですよね!23日から連休だし。(あ、それはあんまり関係ないか。)
今年は、日本中の教会が、朝からイエス様の誕生をお祝いするんですね。ゴトウさんの教会も、祝福がいっぱいありますように。

>祖父上

hontou ni takusan no ai ni kansha shimasu. nikkou mo min-na wo aishite ikite yukitai to omou.

>ゆりちゃん

ジョン・カビラさんって、歌ってるの!?
いや~ん、すてき~、聴きた~い!
いい声してるもんね。

弟のジェイ・カビラさんは、サッカーの試合のアナウンスで、ゴールが決まるなり「ハレルヤ!」って叫んでいた。んーー、ちょっと違うけど、まあ、気分は分かる(笑)。

Posted by: nikkou | December 04, 2005 at 04:22 PM

うん、気分はわかる(笑)

Mixiで、ジョン・カビラさんが歌ってるクワイアのメンバーの人からメールもらって会話したの~。
「渋谷の大きな教会です。クリスマスには300人も集まります」だって。どこのことかな~?

Posted by: ゆり | December 05, 2005 at 01:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/7444680

Listed below are links to weblogs that reference キリスト教をためしてみる:

« 「萌え」は日本を救うか!? | Main | ホリエモンなんて、うらやましくないし~ »