« なつかしくて耐えられぬように | Main | 大切なのは考え続けること »

December 31, 2005

手製分冊聖書

12月31日『眠られぬ夜のために』第一部

「これからはひたすら正義と善とに仕えよう、
しかもそうする機会が求めずして現れるに従ってそれをしよう、と
一旦固い決意を抱いたならば――これはたしかに、あらゆる「よい計画」のなかで最も理にかなったものである――、
そうなれば、日も月も季節も年も、いや、生涯の終りの大多数の出来事さえも、気にかからなくなり、
暦もほとんど無用な道具になってしまう。

(中略)

さあ、安心しなさい。
あなたがこれまでと違った者になろうと真面目に思うなら、人間の智恵や教えなどなくてすませる時期が訪れるであろう。

(中略)
そうなったら、神があなたのためになされたご苦労に対し、また、ようやく目標に達したあなたの生涯について、神に感謝をささげなさい。

では、御機嫌よう。また、そうなるために勇気をもちなさい。(以下略)」

(岩波文庫・草間・大和訳)

たいへんごぶさたしておりました。
えらく忙しい年末でありました。
で、ありながら、クリスマスには、我が家のような久遠ゴスペルクワイアーと、川崎教会にて、たいへんおちついたひと時を過ごすことができました。
主イエスの誕生に感謝。

また、今年も健康に過ごせましたこと、感謝。
一年かけて読んだ『眠られぬ夜のために』(第一部)で得た、クリスチャンとしての思索の時に感謝。
ヒルティの言うように、主がわたしのこころに、主にとっての、正義と善とをお与えくださいますように。
その時が来るを心待ちにしつつ、より一層の決意を。
そして、今年は特に、ブログを通して多くの兄弟姉妹たちに出会えましたこと、心から感謝します。

来年は、『眠られぬ夜のために』の第二部に突入したく思います。
愛する兄弟姉妹のみなさま、来年もどうぞよろしくお願いします。

そしてまた、来年の抱負は――

聖書通読です!

通読表も手に入れたことですし、これから一年これに従って読もうと思います。
だいたいnikkouの読書タイムは、通勤電車内なのだけれど、聖書は電車の中で立ったまま読むには重すぎる!
…ということで、
200512301942000
聖書をばらばらに分解してしまいました。
これは、『会うことは目で愛し合うこと、会わずにいることは魂で愛し合うこと』の野村一彦のアイディアを拝借したものです。野村一彦は、病が重くなって聖書をもてなくなってきたとき、分解したとのことです。

ちなみに、本というのは、だいたい16ページで一束になっていて、その束を背で糊付けしたり糸でかがったりしてできているので、背表紙をはずしたあと、16の倍数のページでぐうぅぅぅっとひらくと、ぱりっとはがれるんです。
こうして束(専門用語で、「折」といいます)に分けてから、
きりのいいところをカッターで切り離し、
200512310051000
ホッチキスで綴じ、
画用紙で表紙をつけ、
題箋も貼った、手製分冊聖書を作りました。
200512310052000
これで通読できなかったら、聖書がもったいないね。
がんばろーっと。

これから横浜の実家に戻ります。
3日には戻ります。
ではでは、みなさまよいお年を。

|

« なつかしくて耐えられぬように | Main | 大切なのは考え続けること »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

Comments

nikkouさん、新着記事、首を長くしてお待ちしておりました。
今年は私もBlogを通じてnikkouさんに出会うことができ、本当に嬉しかったです。感謝!
聖書通読、期待しています。nikkouさんの来年の聖書解釈が楽しみです。
良いお年をお過ごしください!

Posted by: ゴトウ | December 31, 2005 at 05:21 PM

本年もなにかと感謝。実家でもちなどを食べ過ぎて、おなかを壊さないように。来年の年末は通読貫徹祝いをしましょうね。でわ、良いお年を。 すぎ

Posted by: sugiyama katsumi | December 31, 2005 at 10:38 PM

ゴトウさん

わたしもゴトウさんの記事を通して学んだことのなんと多かったことか。思いもかけないうれしい出会いでありました。本当に感謝です。2006年もどうぞよろしくお願いします。

すぎ祖父上

ネット上の出会いから、あれよあれよと、お宅にお邪魔したり、銀座でデートをしたり、コンサートに来ていただいたり、たくさんの本をご紹介いただいたりと、本当にたのしい一年となりました。イスラエルワインも病みつきになりそうです。
今後の「祖父ネット」にも期待しています。
どうぞよろしくお願いします。

Posted by: nikkou | January 03, 2006 at 08:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/7920847

Listed below are links to weblogs that reference 手製分冊聖書:

« なつかしくて耐えられぬように | Main | 大切なのは考え続けること »