« ヨブの子供たち | Main | 「若ものと語る信仰と現代 『性』と向きあう」シンポジウム »

February 16, 2006

仕事観

『眠られぬ夜のために』第二部

「つねに、われわれの思想を活発にはたらかせ、
生活のさまざまの瑣事(さじ)からのがれされ、
わけても、ほとんどこの世の一番大きな不快ともいってよい退屈をとりのぞいてくれるような、
比較的大きな仕事に従っていること、
これこそ幸福な生活を送るのに必要なものである。
だから、せひともあなたはそういった仕事を持たなくてはなるまい。
もし持っていなければ、探さねばなるまい。」

(岩波文庫・草間・大和訳)

4003420934
正月から読んでいた「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」(マックス・ヴェーバー)をようやく読了。難しかった。こりゃー、nikkouの力不足かなー、と思っていたら、訳者の大塚久雄氏の解説に、「ヴェーバーのこの論文はきわめて難解といわれる」とあったので、ちょっとほっとした。やっぱり難しいんじゃん。

でも、それなりに理解したのは、ヒルティの職業倫理というのは、きわめて「プロテスタント」的だ、ということだ。
今夜のエッセイなど、まさに、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」だね。
仕事をするのは、「マモン」(マネー、つまり金)のためではなく、自分の精神的修養のため、というわけだ。

さて。
ここ一月、断続的に過密労働になる。
昼食は午後3時過ぎにマクドナルドのハンバーガーをぱくつき、夕食は夜8時過ぎにコンビニのおにぎりをほおばりながら、目はパソコンの画面を追っていたりする。
帰宅は11時、12時に及び、編集部は、ちょっとしたナチュラル・ハイ状態である。

そんなふうな状況で働いていると、内心、面白い感情が生まれる。
なんていうか…「誇り」みたいなものだ。
こうまでして頑張った仕事を、そうやすやすと手放せない、という感じ。
こうなると、「社畜」まで、あと一歩なんだろうな。

ある同僚が、「もうっ!私が居なかったら、この会社どうなっちゃうのよ!」と、言い放ったことがある。
過密労働の中で生まれてしまう、ナルシシズムだ。
するとすかさず、別の同僚が、「どうとでもなるよ。あんた一人が辞めたくらいでどうにかなっちゃうような会社だったら、逆にやばいんじゃない」とつっこんだ。
つっこんだ同僚は、それこそ難解な哲学書から社会学関係や経済ものまでばりばりこなす、超優秀な編集者だ。そのタイトルが流行語になるような本も編集したりしていて、nikkouからしてみると、「えー、あなたが辞めたら、会社は困るでしょうよ」といいたくなるような人なので、「ああ、この人は、そんな醒めた気持ちでやってんだなー」と、逆に、ぎょっとするような気持ちだった。

そういえば、2年ほど前に会社をやめた同僚がいた。
彼女は、大きなシリーズ物を企画していたのだけれど、会社の方針とうまくかみ合わなくて、上層部と大喧嘩して、飛び出した。それからまもなく、別の版元から、そのシリーズ物が刊行された。彼女は別の版元に移って、企画を通したのである。誤解を恐れずにいうと、nikkouは、「ああ、辞めてよかったなー」と思った。すごく、いいシリーズになっていたのである。あのまま、会社に残っていたら、きっとこのシリーズは出なかった。そうしたら、読者に伝えるべき言葉、伝えるべき思想は、きっと、死に果ててしまっていた。

なんていうか・・・そういう、仕事の「大筋」みたいなものをつかんでいると、いい仕事ができるんだろうな、と思う。

4820242148
…ちなみに、会社を飛び出した同僚を、なんとか励ましたくて、
辞めた直後に「アートバイブル」を郵送した。すっげーでっかい泰西名画入りの聖書だ。
なんの返事もないから、きっと気味悪がられたんだろう。
ごめんよ。でも、いてもたってもいられなくなっちゃったんだもん。

|

« ヨブの子供たち | Main | 「若ものと語る信仰と現代 『性』と向きあう」シンポジウム »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

Comments

プロを読んじゃったんだ。それでは次に、山本七平賞をとった「マックス・ウェバーの犯罪ーー「倫理」論文における資料操作の詐術と「知的誠実性」の崩壊」羽入辰郎著ミネルバ書房、はいかが。気味悪がられたのではないか、というのもとってもいいね。すぎ

Posted by: kkss | February 16, 2006 at 10:01 PM

nikkouさん、よくぞ書いてくれました。『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』、私のビジネス上バイブルです。大学卒業してしばらくして読み、「資本主義ってそういうことなのね!」と納得し、現在も商売の道にまい進しています。今でもときどき読み返します。これ読んでなかったら、きっと現在社長業はしてません。

Posted by: ゴトウ | February 16, 2006 at 11:32 PM

杉山さん

本当に読書家ですねー。んん…なんだか難しげなタイトルだぞ。

マックスヴェーバーを読む前に杉山さんに薦められてルターを読んでおいてよかった。色々と知識が繋がっていく感じ。
あとは、カルバンも読まなきゃいけないかな。


ゴトウさん

実は、ゴトウさんに薦められて読んだんですよ。いやはや、すさまじい注の量とか、社会学のテクニカルタームとか(「エートス」なんて言葉、この本で覚えた)、よく分かっていない教派の違いとか、読了するまで迷走してたいへんたいへん。勉強しなきゃなー、と思った。
でも、わたし自身にも、これを読んでちょっとした変化がありました。それはまた折を見て書きたいと思います。

Posted by: nikkou | February 19, 2006 at 12:33 AM

nikkouさん、そういえば以前書いたような気が・・・。すっかり忘れてました(笑)。次回記事も楽しみにしています。

Posted by: ゴトウ | February 20, 2006 at 11:15 PM

現在療養休職中ですが、もうすぐ復帰出来そうです。昨日、今日と、長期休暇したことのお詫びを兼ねて、状況報告と今後のことを相談の為に会社へ行きました。ちょうど色々と忙しい時期だけに申し訳ないと私が言った事に対して「あまり深く考えすぎるな。自分は会社にいる人間の何百分の1に過ぎないんだから」と上司に言われました。
それは冷たい言葉ではなくて、「それだけ会社は多くの人を必要としている。勿論君も必要だ。だが、まずは自分在りきであり、家族在りきだよ」という励ましでした。
ついでに言うと、今後は少し職場を変えてもらう配慮をしてもらったのですが、今まで居た職場の上司に「お前が抜けるのはホンマにつらいんや」(関西の会社ですからね)といわれたときは、胸が痛かったです。
最近よく思うのです。人は常に人を想い、慈しんでいます。でも企業には企業の理念があり、ときには人に対して冷酷であることもあるのです。でも、その冷酷さを緩和するものは、そこで働く人たちの人間関係であり、思慮なのかなと。会社で上司たる人たちは、根本に暖かさを持っているべきだなと。
私はそういう上司に恵まれたかもしれません。

Posted by: ahilland | March 02, 2006 at 03:49 PM

ahillandさん

職場復帰、おめでとうございます。
でも、どうか、お大事にしてくださいね。
ahillandさんのこと、お祈りいたしました。

わたしも、この春で社会人8年目になりますが、ようやく「会社」という組織はうまくできているもんだなーということが分かってきたように思います。

たしかに組織そのものは、多少人員が抜けても、なんとか補われ、保たれていくんですよね。それに、人間的には親しくはなれそうにない相手とでも、同じ商品の製作販売に関わって、利益を上げて、それでご飯を食べている、という一点において、協力しあえたりする。
そういうのって、おっしゃるとおり、一面、冷酷というか、ドライな感じがしますね。

その一方で、職業倫理とか仕事のモチベーションを高めたりするのは、仕事を通じて抱いた信頼とか、尊敬の念のような「人間関係」だったりするから、ホットなところもありますね。

よい上司に恵まれたとのこと、本当によかった。最近、なかなか聞けないお話で、ほっとする思いでした。

Posted by: nikkou | March 05, 2006 at 12:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/8681790

Listed below are links to weblogs that reference 仕事観:

« ヨブの子供たち | Main | 「若ものと語る信仰と現代 『性』と向きあう」シンポジウム »