« 藤田嗣治展 | Main | 神の郵便配達人 »

May 28, 2006

戦場のアリア

『眠られぬ夜のために』第二部

200605281204000
「5月28日

神は、ときによって、自然の出来事や事物を通してわれわれに話しかけることもある。
これは、神の言葉を理解しない現代人にも、まだしも一番わかりの早い言葉である。
ときには、花を通して語られることもある、花の語る言葉は、とくに愛らしい話し方となる。
しかし、つねにたましいを失っている切花や、温室育ちの花を通して語られることはない。…(以下略)」

(筑摩叢書:前田敬作訳)

200605271700001_1

切花に向かない野花。どくだみとシロツメクサ。どっちも好きです。
上は、教会の庭に咲いていたミニバラ。蜘蛛の巣が架かっていて、
雨粒が乗っているの。
こういうのも、切花にはない美しさですね。
たしかに、「愛らしい話し方」で何か、神の言葉を話しているような気がします。

200605271702000さて、本日は、たまちゃんのブログあやぽさんの記事を読んで、かねてより観たいと思っていた「戦場のアリア」を観てまいりました。
最近、重いものばかり観ているし、ちったぁハートウォーミングなもんでも観るかね、ってな気持ちで行ってきたのですが、どうしてなかなか、これは見ごたえ十分の名画でありました。

「1914年、第一次大戦下。フランス・スコットランド連合軍と、ドイツ軍が連日砲弾を鳴り響かせているフランス北部の村。クリスマスだけは家族のもとへ帰りたいと兵士の誰もが願っていたが、戦況はますます熾烈さを極めていた。 やがて訪れたクリスマスの夜。ドイツ軍には10万本のクリスマス・ツリーが届けられ、スコットランド軍の塹壕からはバグパイプの音色が聞こえてくる。そして、奇跡は起こった--。

これは、大戦下のクリスマス・イブに、互いに敵対する者たちが、クリスマス・キャロルの歌声をきっかけに、戦闘の最前線で歩み寄り、挨拶をし、フランスのシャンパンで乾杯したという信じられない本当の物語。
これが長編2作目となるクリスチャン・カリオン監督は、軍の正式記録には残されていないが、ヨーロッパ各地に今も語り継がれる戦場の奇跡を忠実に映画化した。」(映画公式HPより)

Hp
…されど、安直なヒューマンドラマにあらず。
国家を超えて隣人―文字通り「の塹壕の」―を愛することへの障害、残酷な戦いに傷つき、心を開けない若い兵士、そして、正しく平和を語れない教会…

映画の中で、マタイ10章を引いて戦争を正当化する神父が登場する。
「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。平和でなく剣をもたらすために来たのだ」
(マタイによる福音書10章34節)
イエスの言葉である。
この言葉に続く「わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりも息子や娘を愛する者も、わたしにふさわしくない。自分の十字架を担って私にしたがわない人は、わたしにふさわしくない」というくだりはなんとなく分からなくはない…というか、まあ、不肖nikkouもその覚悟でクリスチャンをやっておりますですが、しかし、「平和でなく剣を」という言葉はたしかに、過激でありますな。のみならず、こんなふうに、都合よく利用される言葉でありますな。別のところで、イエスは「平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる」 (同・5章9節)とも言うのに。

Intro001
しかし、敵味方なく兵士たちと共に十字架のもとに集い、礼拝をささげた神父は、この戦いを正当化する神父(こっちのほうが偉いらしい)に問う。「それは、神の道か」―いや、画面の向こうから、私たちに問いかけているのだ。…もちろん、こんなふうに、時代を隔て、画面の外から客観的に見ることが出来たら、そりゃあ、答えはわかっているけどさ。nikkouはひそかに、心開けぬ若き兵士にも胸えぐられる思いでした。

映画の主人公である兵士たちと、そして、陰の主人公、主イエス・キリストの想いが、現代の世界中の戦場の人々に届くよう、祈ります―最近、映画を観るたびに、なにかしら祈らされますが。

いい映画でした。
まだ上映しております。
ぜひご鑑賞あれ。

|

« 藤田嗣治展 | Main | 神の郵便配達人 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

Comments

  私は『戦場のアリア』は未だ観ていませんが、恐らく、当作品は観ないことでしょう。
 何故なら『戦場のアリア』で語られている美談は、戦争行為の中の、余りにも些細な一断面に過ぎないと考えるからです。
 私は貴方と同様『白バラの祈り』『ホテル・ルワンダ』を観ると共に、同様にノンフィクションであり、同系列に挙げられるべき、貴方が言うところの重い作品と言うべき『ミュンヘン』『ヒットラー最期の12日間』を最近、見ています。更に遡れば『戦場のピアニスト』そして『シンドラーのリスト』を観ました。
 特に『シンドラーのリスト』に関しては、第二次世界対戦時に起こった『600万人余りのユダヤ人虐殺』を誇張する事無く、余す事無く表現しており、当方、当作品に多大なるショックを受けた事もあり、当作品に関しては、小説、原書、更には後編である『私たちはシンドラーのリストに載った』も読破しました。
 出来ましたら、貴方には『シンドラーのリスト』を休憩を挿む事無く、集中して一気に見て欲しいと思います。
 そして、そこから現実とは何か、人間とは何か、有無もつかせず観入って戴き、現実と是非対峙して欲しいと思います。
 当作品はシンドラーによって生命(いのち)永らえた人間たちによる、魂の鎮魂歌と言える作品であり、アカデミー賞の主要部門を総なめにした、名作中の名作と言われる作品でもあります。
 当作品で表現された現実、おぞましき狂気が、今から、たかが半世紀前に起こったという事実を鑑みれば、その現実に未だに慄然とせざるを得ないところであり、神の存在により、これら戦争行為が解釈されるのであれば、遺憾ながら、余りにも嘆かわしいと思わざるを得ないところです。
           以上

Posted by: | May 30, 2006 06:33 AM

『戦場のアリア』で語られている美談は、確かに戦争行為の中の、余りにも些細な一断面に過ぎないでしょう。しかし、イエス・キリストは、そういった人間が無視したくなるような些細な出来事をこそ、見つめた人物なのではないでしょうか。私は『戦場のアリア』をまだ見ていませんし、私の地方では上映されていませんので見ることはできないでしょう。『シンドラーのリスト』もまだみていません。でも、私たち人間にとっては些細なことでも、主イエスにとっては、大切なこと。そういうものがある。私たちに求められるのは、私たちが事件や悲劇にその程度の大小を人間の目で判断することではなくて、あらゆる事件や悲劇に、その事の大小を問わず、真摯に向きあうことなのではないでしょうか。しかし実際には難しい。私はそのように感じました。

Posted by: asatosen | May 30, 2006 06:49 AM

Nikkouちゃんも見たんだね。

 些細な美談でいいじゃない。人間は神様から離れた時に、おぞましく残虐になれる。とても目を背けたくなるような行為を平然とする。
 でも誰にでも、創造者である神を求める心が無意識のうちにあって、それが何かの切っ掛けで顔を出す事がある。
 それが「戦場のアリア」の出来事。
 最初のコメントを書いた人も別に肩肘張らずに見てみたら。

Posted by: たま | May 30, 2006 11:13 AM

>最初にコメントをいただいた方。

…えーと、なんとお呼びすればいいものでしょうか。できれば、ハンドルネーム(ペンネームのようなものです)をお残しいただけるとうれしいです。

拙いブログながら、目を留めていただいてとてもうれしいです。ありがとうございます。
『白バラ』『ホテルルワンダ』とも、名画でしたね。『シンドラーのリスト』も観ましたよ。おっしゃるとおり、人間の罪のすさまじさと、それを淡々とかつ深い説得力をもって伝える映画の力に打たれました。ひとことで言い切れぬものがありますね。

>私は『戦場のアリア』は未だ観ていませんが、恐らく、当作品は観ないことでしょう。
 何故なら『戦場のアリア』で語られている美談は、戦争行為の中の、余りにも些細な一断面に過ぎないと考えるからです。

じつは、わたしも最初、あなたと同じことを思っていました。観るに値しないかなあ、単なる白人の美談かなあ、って。ところがどすこい。これがなかなか、鋭いんですよ。ちょっとネタばれですが、本題は、「美談」そのものではなくて、戦いを一時停止しようと決めた将校たちが、その後国家反逆罪に問われてゆく中でその出来事をどうとらえようとしたか、ということにあったように思います。大きな時代のうねりのなかで、ささやかな良心の萌芽が、無力に見える。―しかし、それは敗北か、無意味か、本当に無力なのか、われわれは何も為さないでいるしかないのか…。って、これはちょっと、『白バラ』や『ルワンダ』や、そう、シンドラー自身の勇気にも繋がる主題ではないかと、観終えた今、そう思っています。

>神の存在により、これら戦争行為が解釈されるのであれば、遺憾ながら、余りにも嘆かわしいと思わざるを得ないところです。

心から、深く深く、同意いたします。

>asatosen

初投稿、サンキュー。
みなさま、asatosenは、わたしのためにいつも電話口などで祈ってくれる友としてわがブログにしばしば登場しております。

asatosen、あなたにこそ、観てもらいたい映画よ。

>たまちゃん

映画をみて、たまちゃんがブログで書いていたことが分かった。おぞましき罪が骨がらみになっていながら、同時に主を求めずにいられない、まこと人とは、葛藤ある存在ですね。

Posted by: nikkou | May 31, 2006 12:31 AM

TBありがとうございます。こちらもTBさせていただきますね。

私なぞのレビューで観にいきたいと思っていただいたなんて誠に恐縮でございます。
改めて読み直したら駄文でお恥ずかしいったら(笑)

私も見る前は美談だと思っていましたが、チラシで大きな口あけて歌っている女性の印象はほぼないですよね。
兄を亡くし人の心も信じられなくなった弟の姿が今でも目に焼きついています。

Posted by: あやぽ | May 31, 2006 03:51 PM

私はこの映画は「戦争美談」ではないと思います。人間が戦争で戦うとき、すべての兵士や将軍が相手を憎んでいるとは思えません。戦争というものは国家と国家の戦いのことで、個人戦ではないと思います。ですから、個人的な友情が双方で時に起こることは、あると思います。まして同じ宗教を信じているもの同士が戦うわけですから、むしろ頻繁に起こることでしょう。残念ですが、仕方ありません。宗教の問題ではないと思います。わが国の戦国時代でも仏教徒同士が戦っていました。特に宗教と関係する戦争もありますが、普通の戦いではよく起こることです。また戦場の友愛の件も、故事によく出てきます。古い話も現代の話も、あまり変わっていないでしょう。人の心はそれほど代わるものでないと思います。そういった話が美談になるのは、戦場が実際にむごいものであるからでしょう。美談でも兇談でも、戦争はよくないことです。杉山

Posted by: sugiyama | June 01, 2006 02:19 PM

nikkouさん、戦争について随分深慮しているようですね。
仕事も大変そうだし、まず体には気をつけて。あまり考えすぎるのも体に毒です。
子供がいるとなかなか映画館へも足が運べないので、「シンドラーのリスト」以外、件の映画は殆ど観てないのですが、今まで聞いた情報から少し私見を書きたくなりました。
シンドラーは、「ユダヤ人全ては救えなくても、せめて自分の側に居る人たちだけでも助けよう」と行動したんですよね。
「ホテル・ルワンダ」の主人公も、自分の身近な人だけでもなんとか助けたいと行動したのでしたね。
「白バラ」で、ゾフィーは負けてもいいから自分が正しいと思うことを貫く為に行動したんですよね。
「戦場のアリア」も、殺しあう兵士達が内面に持つ良心に気づき、なにかしらそれを表現しようと行動したんじゃないですか。
「ポリアンナ物語」でポリアンナのお父さんは彼女に「良かった探し」をさせますよね。(これは本は読んでないんだけど、昔テレビアニメでやってました)あれは、どんな些細な事でも良いから、日々幸せを感じることが人生の糧になるということを娘に教える為に、お父さんが考え、娘に実践させた行動ですよね。
結局、皆、自分の出来ることを考えて、「行動」してるんですよね。「行動」が無ければ「結果」は生まれてこない。と、僕は思うのです。
思いきり話は飛んで、しかも争いの話になりますが、織田信長は覇者として名を轟かせるまで、とにかく行動、行動。攻めて攻めて、攻めまくってます。歴史上有名な場面は信長が勝ったところばかりですが、その裏に何倍もの負け戦を経験しています。
nikkouさんが観てきた映画の主人公たちも、映画の題材にされる偉業を成すまでに幾多の失敗を繰り返していると思います。それでも自分で考え、正しいと思ったことをやった結果が、映画の題材になったのでしょう。
「とにかくやってみる」「やってみせる」
大事なのはそれだと思うのですが、どうですか?
イエス・キリストも、神への信仰が自分を救うという事実を万民に教える為に、十字架を担いでゴルゴダの丘に登るという「行動」をとったのかもしれないですね。

Posted by: ahilland | June 03, 2006 12:38 AM

こんにちは

『人間のエゴとは……』

有史以前から起こり続けてきた『戦争』とは、換言して言えば、
『隣に肥えた土地がある。ところが、そこには自分たちと異なる言語、宗教、肌の色が異なる人間が住んでいる。
自分たちにとって奴等は邪魔だ。それでは、皆殺しにしてしまえ』
という事ですね。要するに、そこには『戦争行為』=『人間のエゴ』という等式が成り立つわけです。
 余談ですが、私は世界史に興味を持ち、現在、中国の『史記』著者『司馬遷』によって記された書を読んでいます。この書は今から何十世紀も以前に起こった史実を纏めたものですが、その中で戦争の悲惨さを、如実に物語る出来事に遭遇しました。
 それは以下の通りです。
中国の古代王朝時代、A国とB国が争いました。B国はA国に掃討され、B国の兵士たちは城に籠城しました。日が経つにつれ、城内の食物は欠乏し、城内では餓死者が出始めました。
すると、城内の兵士の家族は、仲間の兵士の子供と、自分のいたいけな幼児を交換し、お互いに泣く泣く、交換した幼児を絞め殺し、その死体を飢餓を凌ぐ為に貪った、という実話があります。
 これこそが、戦争行為、他でもない人間の行為なのです。
即ち『戦争』=『人間のエゴ』
そこから導き出される回答は
『全ての人間はエゴである』という事実。
『人間のエゴ』が故に、そこから、史上、幾多の災いが生じているという事実。
そして、今!貴方を悩まして止まないもの、それは『貴方の隣人のエゴ』であり、哀しいかな『私もエゴ』そして『貴方もエゴ』なのです。
止まる事を知らない
『人間のエゴ』…。
これは『戦争』に限った事ではないです。
 『人間のエゴ』を語るのに、別に
『戦争行為』でなくても良いのですよ。
貴方が、今日の夕刻に観るTVの
『今日のニュース』
そこでは、日々、途絶える事無く続く
『殺人事件』の数々……。
それは、今日も、明日も、そして、明後日も起こるであろう『殺人事件』
アナウンサーは平然とこう言うでしょう……。
『今日も、かけがいのないはずの生命(いのち)が、殺人鬼によって、瞬時の内に、抹殺されました』と……。
 ところが、そうではないのですよ。私には、その殺人の究極の原因に
『汚過ぎる人間のエゴ』が見え隠れして仕方が無いのです。
 『日々の殺人事件を起こすもの、それは人間のエゴ』そう、
『人間の惨たらしいエゴ、エゴ、エゴ……、エゴッたらエゴだ!』。
 極めるところ、
『殺害された被害者は、人間のエゴによる犠牲者』なのです。
 『人間はエゴ』だから、だからこそ、『宗教』が必要なのでしょう。
 『主よ!人間たちを、人間のエゴから、救いたまえ!』

Posted by: | June 03, 2006 05:17 AM

>あやぽさん

そうそう、あのチラシ、ちょっと誤解を与えるよねー。あやぽさんの記事、写真がいっぱいあって良かった。自分の身近では、一番最初のレビューでした。おかげさま。ありがとー。

>すぎ祖父

>人間が戦争で戦うとき、すべての兵士や将軍が相手を憎んでいるとは思えません。戦争というものは国家と国家の戦いのことで、個人戦ではないと思います。

nikkouもそう思います。ってゆうか、たぶん不可能ですよね、知らない人たちすべてをその国に生まれたという理由だけで憎むってのは。戦場の友愛はキリスト教にかぎらない、という指摘もごもっとも。この映画でも、ユダヤ教の将校が出てきた。そのへんも掘り下げると深いんだろうな、と思う。人間の多面性ですね。

>ahilandさん

うまくまとめてくださいました!ありがとうございます。
「ポリアンナ」!いい作品取り上げてこられましたねー。
わたしも子供時代にアニメで見て、その後大人になって読み返してみましたが、いろいろ考えさせられる作品なのね。
実は、最初「ノー天気で嫌な子だなー」って思ったんだけど、最後に子供ながらすごい試練、もう本人の一番大切なものを奪い取られるという経験をして、大きく成長するんですよね。「こんな状況じゃ、『よかった探し』なんか絶対できない!」と号泣して、でも、そこから立ち上がる。そこがあの作品のクライマックスなんだろうと思います。
美談・幸せばっかりじゃあ、底の浅いつまらない人生、人間に必要なのはやっぱり多面性なんでしょうね。

>無記名さん

…と呼んでいいのかなあ(最近わたしの周りではあなたをそう呼ぶようになってきて、わたしもそう呼んでいるけれど)。
やっぱり、なにかペンネーム書いてくださいね。呼びにくいです。

>そして、今!貴方を悩まして止まないもの、それは『貴方の隣人のエゴ』であり、哀しいかな『私もエゴ』そして『貴方もエゴ』なのです。

もう本当に、まったくその通りだと思います。
2000年前にイエスが指摘したその人間のみじめさ汚さを日本のキリスト教は「罪」と訳したけれど、あなたがおっしゃるとおり、「エゴ」って言ったほうが的確かもしれないですね。

>ところが、そうではないのですよ。私には、その殺人の究極の原因に
『汚過ぎる人間のエゴ』が見え隠れして仕方が無いのです。

本当に、おっしゃるとおりです。
nikkouはね、なかなかそれに気づかなかった(今もどのくらい切迫した気持ちで意識しているか分からないけれど)。でもある日、はっと気づいて…「わたしも人を殺している!」と気づいて、ようやく、罪と、イエスの十字架の意味を悟りました。でもそれで、「罪」(エゴ)がなくなったわけじゃ、全然ないんですけどね。人は死ぬまでエゴ、罪の塊かもしれない。

ご指摘すべてごもっともです。
ねがわくは、次回からお名前をくださることを。お好きな映画の名前でも、植物の名前でもイニシャルでも、なんでもいいですから。

今後ともよろしくお願いします。

Posted by: nikkou | June 03, 2006 07:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 戦場のアリア:

» 戦場のアリア [腐ってもあやぽ]
(\'A`)<日本ではあり得ない奇跡の実話 フランス映画祭2006にて鑑賞。 見たい映画は他にもいくつかあったけれど時間や場所などによりこの映画を見ることにしました。ひいきのダニエル・ブ... [Read More]

Tracked on May 31, 2006 03:53 PM

« 藤田嗣治展 | Main | 神の郵便配達人 »