« 夫婦別姓について | Main | まさにゴールデン・ウィークwithドニー・マクラーキン »

May 02, 2006

ドニー・マクラーキン コンサート

『眠られぬ夜のために』第二部

「5月2日

(前略)
…いまあるこの世界を真に救い得るものは、
いかなる科学的な啓蒙や教養でもなく、
分別ある愛が大いに増加することである。」

(筑摩叢書:前田敬作訳)

本日より、5月5日までの4日間、アメリカのグラミー賞シンガー、ドニーマクラーキンのゴスペルワークショップが行われる。nikkouも参加する予定。

ドニー・マクラーキン ワークショップ&コンサートin東京
Photo
ドニー・マクラーキンとは、ディズニー映画「Prince of Egypt」のサントラで「I am」を歌った人。
nikkouの個人的な印象では、甘くて耳なじみのいい美声の持ち主である。
作詞作曲もするのだけれど、難しい単語が無くて、素直な、美しい歌が多い。
ニューヨークの教会の牧師でもあり、近々ゴスペルシンガーの活動を停止して、牧師業に専念するらしい。
したがって、ニューヨークの教会に直接おもむかない限り、彼の美声をナマで聴けるチャンスは今回が最後かもしれない。

彼の歌で特に好きなのは、
「We Fall Down」というシンプルな1曲。今回のワークショップの曲目にも入っていてうれしい。

「倒れることもあるが また起き上がる

クリスチャンというのはひとりの罪人にすぎない。
倒れて また 起き上がる」

という歌詞のくり返しである。
かざりっけがないわりに、聴いているとなにかドラマチックな感じがする不思議な1曲である。

わがクワイアーでもよく讃美する「Just For Me」も彼の曲である。

「ただわたしのために、
ただ わたしのために、
イエス様は、ただわたしのために来て、十字架に架かられた」

というサビの部分のハーモニーがパートごとに複雑に重なって本当に美しい。加えてなんとも切ない歌詞で、いつも歌いながら涙が出そうになる。

明日の午前中はセミナーなのだが、
ヴォーカルレッスン、ピアノ、指揮者、歌詞の解説などあるなかで、
わたしは「ゴスペルの歴史」という講座を取ることにした。
午後はたっぷり2時間半、ドニー・マクラーキンを講師にゴスペルの練習である。
そして、今週土曜日の5月6日は、ドニー・マクラーキンとともに舞台に上って、コンサートをする。

Donnie_mcclurkin
日時 5月6日(土)
   17時 開場
   18時~20時 コンサート

場所 調布グリーンホール
   (調布市小島町2-47-1)
   京王線調布駅南出口より右手へ徒歩1分
   京王線新宿駅より特急で15分(交通費230円)

チケット 前売り 3500円
      当日  4000円
(ローソンチケットで購入可・前売りは、nikkouも多少持っています。ご希望の方はご連絡ください。)

nikkouも舞台に立ちます。
お時間とご興味のある方は、コンサートにぜひおいでください。

|

« 夫婦別姓について | Main | まさにゴールデン・ウィークwithドニー・マクラーキン »

「4 ゴスペル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/9863725

Listed below are links to weblogs that reference ドニー・マクラーキン コンサート:

« 夫婦別姓について | Main | まさにゴールデン・ウィークwithドニー・マクラーキン »