« リトルバーズ | Main | 悦んでやれないこと »

July 30, 2006

ゴスペル・シンガーズ、スタートしました

旧約聖書・士師記7章2節3節

「あなたの率いる民は多すぎるので、ミディアン人をその手に渡すわけにはいかない。
渡せば、イスラエルはわたしに向かって心がおごり、
自分の手で救いを勝ち取ったというであろう。
それゆえ今、民にこう呼びかけて聞かせよ。
恐れおののいているものは帰り、ギレアドの山を去れ、と。」

(新共同訳)

みんな、ほんとうにありがとう。
今日、一緒に讃美してくれたみんな、
お祈りしてくれたみんな、
アドバイスをくれたみんな、
励ましてくれたみんな、
ありがとう。

とうとう、本日、舟出いたしました。
ちいさな、ちいさなシンガーズですが、
神さまが祝福し、用いてくれる事を祈ってやみません。

思いがけず、11人もの友人たちが集合。
讃美の歌声も、初めて集った同士とは思えないほど一致していました。
「わたしたちはキリストの身体」ということばを思い出しました。
だれが手で、だれが足で、だれが目で、だれが耳で、だれが鼻かしら。
これから、ひとりひとりの賜物がきらきらと生かされることと思います。
とっても楽しみ。

nikkouは朝から緊張しっぱなし。
教会のコピー室で歌詞のプリントをコピーしながら、ドキドキわなわなしていました。

でも、みんなの前で、
「主我を愛す」や、「Go tell it on the moutain」をリードながら、
ふと、最前列で歌っている70代のわが教会の長老さんを見たとき、
はじめて、「ああ、神さま、ありがとー!始めてよかった!」と思えた。
すっごい笑顔だったんです、おじいちゃん。

アドバイスをくれた友人のTOMOちゃんも、
あまたの難関をのりこえて自分の教会でクワイアーを立ち上げた一人なのですが、こんなことを言ってました。

「もー、毎回がけっぷちョ。
でも、振り返ると、いつも思うの。
『かみさまーっ!ありがとー!』って」

いま、nikkouはその心境です。
かみさま、ありがとーっ!

上記の士師記、たまたま先日、聖書通読で行き当たった箇所です。
ギデオンという戦士に、神さまはあえて兵力を減らすよう命じます。
自分の力で勝った、と思うことのないように。

これが、
「nikkouがおごらないよう、わたしにすべて任せることができるようになるよう、
お前の乏しい能力だけで、シンガーズの舟出をさせる」
という神さまの愛の言葉に聞こえました。
OK,がんばりすぎないよ。
神さま、あなたにゆだねる。
約束します。

|

« リトルバーズ | Main | 悦んでやれないこと »

「4 ゴスペル」カテゴリの記事

Comments

Makotoni omedetou gozaimasu.sugi

Posted by: K Sugiyama | July 30, 2006 at 10:16 PM

杉祖父、さっそくありがとー!

Posted by: nikkou | July 30, 2006 at 10:28 PM

すごく、おひさしぶりです(笑)

シンガーズ結成おめでとうございます!僕も、奇遇というかなんというか、地元でゴスペルシンガーズの指揮者になりました。丁度規模もおなじくらい(10人ちょっと)なので驚いています。いつかどこかで『気がついたら同じ会場でうたってた』なんてことがあればいいですね。

nikkouさんとnikkouさんに連なるシンガースの方々、そしてその方々に連なる皆に主の祝福が与えられる事を祈って、アーメン!

Posted by: Ti | July 31, 2006 at 01:03 AM

まっちゃん!
ええっ!
いきなり11人!
心配することなかったね。
おめでとー!!

主は道をつくられる だな。

Posted by: たっく | July 31, 2006 at 03:02 AM

Tiさん

おおおーすごいすごい!
地元って、アメリカ!?
一緒にがんばろうね!
っていうか、楽しもうね。
ほんと、いつか一緒に歌えるといいね。
Tiさんのシンガーズのことも祈ってます。
神さまの楽器として、Tiさん、シンガーズのみなさんが豊かに用いられますように。

たっく。

ほんと、ありがとー。
たっくのアドバイス(「三人いればやれる」)、とても勇気づけられた。
ありがとね。
いつか、遊びにきてね。

Posted by: nikkou | August 01, 2006 at 12:17 AM

主の計画であればどんな時にも主が支えてくださるから。
頑張り過ぎないようにね。助けてくれるメンバーも必ず与えられるし。

Posted by: たま | August 01, 2006 at 09:47 AM

地元は函館です、卒業しました(笑)

今はJust When I Need Him MostやI'm Waiting、素朴な賛美歌等も歌っています。ほんと、やるからには楽しまないとね。

nikkouさんたちの賛美が用いられる事、祝される事、こころより祈っています。

Posted by: Ti | August 01, 2006 at 09:47 PM

おめでとうございます。
nikkouさんには、とても良い風が吹いているみたいですね。

Posted by: y.yamaguchi | August 02, 2006 at 11:19 PM

>たまちゃん

うん。ありがとー。
なにが主の計画か、唯我独尊にならないように注意して見分けていかないとね。
いい訓練になりそう。
いきなりあたふたしていたからかしら、
メンバーたちからもさっそく「なんでも言ってね」ってメールをもらっていて、
逆に、あたふたしてよかったかも(笑)なーんて。

>Tiさん

おかえり~
そうか、卒業したかー。
おめでとう!おつかれさま。
そんでもって、君のふるさとは函館なのね。
ゴスペルシンガーズやクワイアーが日本各地で続々生まれていて、うれしいね。
歌は、神様からの贈り物だね。

>Youichiさん

ありがとうございます。
これから、嵐の日もあるかもしれないけれど、わたしの主イエスは、嵐の中の小舟で居眠りをしていたほどの人だから、まあ、内心はらはらしながら(笑)、お任せしていこうと思います。

Posted by: nikkou | August 03, 2006 at 12:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/11157243

Listed below are links to weblogs that reference ゴスペル・シンガーズ、スタートしました :

« リトルバーズ | Main | 悦んでやれないこと »