« 悦んでやれないこと | Main | 奈良放火事件の高校生のために祈ろう »

August 06, 2006

あなたはわたしたちの轍をふまないで

『眠られぬ夜のために』第二部

「8月6日

(前略)
どんな人間であっても生涯の終りごろには多少の差はあっても、あのアンゲルス・ジーレジヴ(十七世紀ドイツの非常にすぐれた宗教詩人)の美しい歌に賛同せざるをえなくなるであろう――『ああ、こんなに年がいってからおんみを愛するようになろうとは!』(同胞讃美歌481番)。あなたは、わたしたちの轍(てつ)をふまないで、もっと早くから神を愛するようにしなくてはならない。」

(筑摩叢書:前田敬作訳)

今日はヒロシマの原爆投下日。
「あなたは、わたしたちの轍(てつ)をふまないで」とヒルティ。なかなか、そうならないのが人間の愚かしさなんでしょうかね。少し前までは、核不拡散条約なんかが話題になって、もう世界から核がなくなる日は近い、みたいな論調が盛んだったのに、ここへきても核がなくなる気配はなく。

Yoropa
今日の礼拝はヨブ記。
原爆投下の日にヨブ記を読むのは趣き深い。
なぜ、神はサタンにヨブを預けてしまったのか。
なぜ、神は、人間たちの戦争のさなか沈黙されるのか。
…それに関わるいろーんな本を読んだし、なるほどと思うこともたくさんあったけれど、nikkouの実体験が伴わないと生意気な「お説教」になっちゃうので、書かない。
ちなみに、その手の本の中では、岩波ジュニア新書『ヨーロッパ思想入門』岩田靖夫の「ヘブライの思想」がすごく良かった。
ちょっとだけ言うと、神が沈黙するのは、「人を愛しているから」だそうです。
…どーゆーこと?と思った方は、ジュニア新書をどうぞ。

朝からすさまじく暑かった今日は、エアコンのある階下の英語教室を使って礼拝。ふるーい礼拝堂にはエアコンがないんです。
輪になって礼拝というのは、とてもいいものでした。

nikkouの実家も、わたしが25歳で家を出るまで、エアコンがなかった。
ひろーい縁側とひろーいお庭のある風通しのいい豪邸だったわけではありません。東京のど真ん中の団地でした。
東京のど真ん中の団地でエアコンのない部屋というのは、ヒート・アイランドならぬ、ヒート・ピンポイント状態。
両隣のエアコンの廃気にがんがん煽られて、東京中で一番あつい家族だったんじゃないかと思う。
猛暑の年も、家中の窓と、ドアを開け放って暮らしていました。
6人家族の全員が、ひとり一台扇風機をもっていて、
食事時になると自分の扇風機をつれて食卓につどい、
うしろからあたる扇風機の風で、全員が髪を逆立てながらメシ食ってました。
熱帯夜ともなると、あまりの暑さに少々こわれた妹が徹夜し、
nikkouは布団があつい、と畳の上で寝ました。

おかげで、冷房に弱いからだになってしまい、会社の冷房ですぐ風邪をひく。
家では、今日も昨日も、エアコンをつけず、窓とドアを全部開け放して、風を入れてすごしました。
ここ一週間は、体が岩になったみたいな肩こりになやまされてる。エアコンのせいだと思う。
葛根湯をのみながら、
アフターファイブにはヨガにいったりマッサージにいったり岩盤浴に行ったり。
ヨガでもマッサージでも、おもわず「あ゛~~~~~~~」と声がでそうなくらい気持ちが良かった。
この気持ちよさを味わえることは肩こりの特権だ。どうだ、うらやましいだろう。

来週は、シンガーズの第二回目リハーサルです。
こんどは前よりもうちょっと音を覚えたから、もっとちゃんとシェアできると思うよ。
加えて、今井館での「さんびの会」で武義和さんが教えてくれた讃美を1曲やる予定。
今日、牧師に「これ、ギターで弾いて」と楽譜を持っていったら、
「編曲 武義和」のメモを見た彼が、「武さん!?」と飛び上がって、
しばらく一家騒然としました。
なんでも、現牧師の弟の高校時代の恩師だそうで、
「武先生が好きであの子は学校に行けたようなものだ」
と、お母様が遠い目をしてました。
It’s a small world!

シンガーズのリハーサルは川崎教会礼拝堂にて2時から3時。
どなたでも歓迎です。

|

« 悦んでやれないこと | Main | 奈良放火事件の高校生のために祈ろう »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

Comments

ヒロシマ、アメリカ、南京、イスラエル、レバノン、イラク、北朝鮮……
何だか、最近いろいろ考えてしまいます。
そういえば、もうすぐ京都で世界宗教大会(ちょっと違う名前だったような)が有るそうです。世界中のいろんな宗教の代表者が一同に会する集まりだそうです。ちょっと、興味深い総会ですよね。

Posted by: y.yamaguchi | August 06, 2006 at 11:30 PM

Kata kori na--nnte shinnji rarene--.sugi

Posted by: kk ss | August 07, 2006 at 10:06 PM

うらやましいような、うらやましくないような。肩こりがほぐれる時の感覚。

Posted by: ゴトウ | August 07, 2006 at 11:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/11307351

Listed below are links to weblogs that reference あなたはわたしたちの轍をふまないで:

« 悦んでやれないこと | Main | 奈良放火事件の高校生のために祈ろう »