« 奈良放火事件の高校生のために祈ろう | Main | たといそうでなくとも »

August 15, 2006

静かに祈る日

『眠られぬ夜のために』第二部

「8月15日
(前略)
キリストでさえも、こういう人たちには、ときとして腹をたてた。

マルコによる福音書9章19節
『ああ、なんという不信仰な時代であろう。いつまで、わたしはあなたがたと一緒におられようか。いつまであなたがたに我慢ができようか。』
同6章46節
『そして群集に別れてから、祈るために山へ退かれた。』」

(筑摩叢書:前田敬作訳)

今日は、敗戦記念日。
千鳥が淵の戦没者墓苑にお祈りに行ってまいりました。

海外のジャングルの中に朽ち果てつつあったお骨を集め、納めているというそのお堂の前で、
わが祖父たちも、ひとつ違えば、ここにいたのだろう、と
ぐっと胸につまるものがありました。

Dscn0022
戦争中は
きっと、だれもが心傷つき、
そして、だれもが、罪を犯したのだろうと思います。
だから、
人の心の弱さや傷をいたわり、
また、罪を余さず見通して裁き、
赦したまう
われらが主イエスの十字架を思い、御名を通して、
堅く手を組んで祈りました。

今、世界中でやまぬ戦争の中で
多くの心が傷つき、また罪を犯していることと思います。
そのすべてを主イエスが癒し、裁き、赦したまうことを祈ります。

|

« 奈良放火事件の高校生のために祈ろう | Main | たといそうでなくとも »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

「5 宗教」カテゴリの記事

Comments

Totemo yoikoto o nasaremasita.Sugi

Posted by: kkss | August 16, 2006 at 08:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/11453991

Listed below are links to weblogs that reference 静かに祈る日:

« 奈良放火事件の高校生のために祈ろう | Main | たといそうでなくとも »