« ろうあ教会で讃美 | Main | ミャンマーの「真理」 »

September 28, 2006

頼りにしてます

『眠られぬ夜のために』第二部

「9月27日
われわれは、だれか頼ることのできる人が必要である。
たとえ最も偉大な人であっても、つねに自分ひとりで十分だというほど強い者はだれもいない。」

(岩波文庫・草間・大和訳)

Mahoro
「まほろ多田便利軒」読了。今年の直木賞ですね。
井坂幸太郎とかと読後感が似ている。なにか影のあるお兄さんたちが、コミカルでチャーミングに問題解決をする、というパターン。でもうまいです。三浦しをんさん、若いのに。
若い、といいますが、じつは、nikkou、作者の三浦しをんさんとは、大学の同級生。一年生の専門演習で一緒に「古事記」とりました。特に親しい間柄ではなかったけど。三浦さん以外にも、同級生がそれぞれの持ち場で着々と地歩を固めている様子、最近見聞きすることが多い。ああ、もう「新人」じゃないんだ、がんばらなくっちゃ、という気がする。
ちなみに、同級生のよしみでうちの版元でエッセイ集とか頼めないだろうか…とあさましーく思っていたら、さっそく、同僚に「もう会ってきたよ~」と言われてしまった。「nikkou同級生なんです~」と、まー我ながら意地汚いことを言ってみたら「そうかー、nikkouさん、若いのねー」と言われました。しょぼーん。まあ、同僚は、以前某大手出版社の文芸誌の編集長をやってて、最近ひらりと転職してきた大ベテランですが。

で、今日のヒルティであります。
nikkouは長女のせいか、なんでもかんでも自分でやれる!いや、やらねば!と信じているふしがある。クリスチャンになって、「主にすべてゆだねまーす」という性格になったかというと、全然そんなことはなくって、やっぱり、自分でなんとかしよう、という気持ちが強くありました。
それが、今回、川崎リトルライトを始めたおかげで、かなり強制的に「主にゆだねる」「友人たちに頼る」ということを学ばされているような気がします。

実は、先日のろうあ教会での手話讃美、リトルライトの練習とダブルブッキングだったのでした。手話讃美グループ「風の音」とはぎりぎりまで交渉したのだけれど、結局うまくあわず、もう、リトルライトのほうは、みんなにまかせるっきゃないか、という状況になりました。しかも、この日は、いつもギターを弾いてくれるM牧師が、都合で前半までしかいられない、って言うので、M先生に全面的に頼るわけにもいかない。
もちろん、nikkouは、別にピアノが弾けるわけでも、まともなディレクションをしているわけでもありません。でも、なんとなーく、シンガーズのいいだしっぺがぬけたんじゃ、無責任だよなー、という罪悪感がひしひしあって、その一方で、「自分を買いかぶってるんじゃないよ、メンバーのほうがよっぽどしっかりしているじゃないのさ」という思いもあって、なんともすっきりしない気持ちでした。
だから祈りましたよ。「風の音」と「リトルライト」がぶつからないように祈ったのに、そうしてくださらなかったのは、主ご自身でしょう。だから、主が両方を祝福してくださいよ、いいですね、って。
nikkouの心配をよそに、リトルライトのメンバーは、「手話讃美、いいですね~、楽しんできてね~」「だいじょうぶですよ~」と元気な反応。M牧師も、「じゃあ、前半ぼくがギター弾くから、後半までに帰ってきてバトンタッチしよう」ととっても楽天的。

結局、nikkouはM牧師去って15分後にリトルライトに到着したのですが、玄関入るなり響いてきたビューティホーな歌声に、胸がきゅん、としました。

リトルライトは、すっごくメンバーに恵まれてます。
nikkouはみんなをすっごく頼りにしてます。
このリトルライトの歌声に乗せて、この街に、福音を伝えたい、と思う。主はきっと用いてくれるはずでしょう。

ヒルティは続ける。
「ところで、あなたは、誰かがあなたのために、完全に神の助けの代わりをすることができる、と本当に信じているのか。その誰かが、いつもあなたの傍にいるとはかぎらないのに。」

「リトルライト」も「風の音」も、いつもいつも、主が傍にいてくださる。だからだいじょうぶ。

|

« ろうあ教会で讃美 | Main | ミャンマーの「真理」 »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

Comments

人に頼るのって、勇気が要りますよね。
良い仲間に恵まれて、nikkouさんは幸せですね。

Posted by: y.yamaguchi | September 28, 2006 at 12:39 AM

ご苦労様です。

Posted by: sugiyama | September 29, 2006 at 08:16 PM

Yamaguchiさん 杉祖父上

お二人にも感謝です。

Posted by: nikkou | October 01, 2006 at 11:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/12066265

Listed below are links to weblogs that reference 頼りにしてます:

« ろうあ教会で讃美 | Main | ミャンマーの「真理」 »