« アーミッシュの事件について | Main | お遍路に行ってきた。 »

October 28, 2006

「献金」もらっちゃった!

『眠られぬ夜のために』第二部

「10月26日
善い事業であればすべてそれに直接関与するということは、必要でもなく、またできることでもない。(中略)しかし関心だけならば、この世で行われるすべての善事に対して、これをもつことができる。
(中略)たとえただ僅かにせよ金銭を寄付することが、その関心を活発に維持し、その事業にある程度の結びつきを持たせることは事実である。」

(岩波文庫・草間・大和訳)

200610281559000
まだリトルライトのみんなには報告していないことだけれど、今の自分の気持ちを忘れないためにも、ここに書きとめておこうと思う。

先日、教会の牧師先生の奥様からお電話をいただきました。なんでも、先日のリトルライトのコンサートにいらしていたあるご婦人から、「リトルライトへ」と「献金」をいただいたそうであります。

念のため、大きな声で申し上げたいのですが、いま、リトルライトは金銭的に困っている、ということはありません。みんなの会費で、歌詞のコピー代もコンサートのちらし代も十分まかなえております。だから、特に献金を募る、ということはしておりません。

ただ、そういうことではなく、このご婦人のお気持ちに、nikkou、深く深く感動しました。
と、同時に、すごーく正直に言うと、…ショックを受けました。
献金…!
…わたしたち、献金をもらうようなことを始めちゃったんだ!…って。
あまりにショックで、電話を切ったあと、ぶしゅー、と涙が出ちゃったくらい。

200610281559001
献金、というのは、「するもの」でした。
尊敬する徳島聖書集会の吉村さんへ、―ますます伝道にもちいられますように、
敬愛する小国フォルケホイスコーレの武さんへ、―ますます若者のために用いられますように、
アフガニスタンで井戸を掘っている中村哲医師へ、国境なき医師団へ、ワールドビジョンジャパンへ、WFPへ、
ヒルティがいうように、自分は、「善い仕事」に直接関与できないから、だから、私の日々の生活の糧から、少しでもこのお金が清められて用いられることを祈りつつ捧げる…それが、「献金」でした。
そして、実を言うと、「献金」をいただく立場については、想像したこともありませんでした。

今回「献金」をいただいて、nikkouを襲ってきたのは、すさまじい緊張感でした。ちょっと大げさな言い方になりますが、この時初めて、「リトルライトってパブリックなものだったんだー」と認識したのであります。
リトルライトを通じてだれかに主の愛を伝えたい、と偉そーに申しておりましたが、心のどこかで、ちょっと趣味っぽい気持ちというか、内輪でやっている思いがあったんですね。

上記のヒルティは、「献金をつうじて、結びつきが生まれる」って言っている。
わたしたちリトルライトの、メンバー内の結びつきは、もう十分生まれ始めていると思っていた。でも、外部からの結びつきということは、あんまり意識になかった。(追記:もちろんお祈り応援してくださった方たちには、心から感謝してますよー。)
だから、わあ、たいへんだ、と思った。
と、同時に、献金を受けてお仕事をしている人たちに、初めて、深く深く尊敬の念が沸いた。すごいことよ、ほんと。責任がかかってるんだもの。

ぶしゅーと噴き出した涙を拭いて、nikkouの頭に浮かんだのは、「ヤベツの祈り」でした。

「ヤベツはイスラエルの神に呼ばわって言った。
『どうか、あなたが豊かにわたしを恵み、
わたしの国境を広げ、
あなたの手がわたしとともにあって、
わたしを災いから免れさせ、苦しみをうけさせられないように』
神は彼の求めるところをゆるされた。」(歴代史・上、4章10節)

…いやぁあ~ん、自分たちで内輪に楽しんでいるだけだからほっといて~っっ!
なんて、言っちゃだめなのね。国境を広げてくださって、感謝なのね。

422692
実は、献金を下さったのは、山本七平さんの奥様であります。
お見合いで七平さんが聖書研究のための出版社を立ち上げる、という夢を語った時、奥様のお母さんは「そんなお金にならないことを…」とは言わず、「素晴らしい、ぜひ結婚しなさい」と言ったそうであります。
リトルライトがなにを、どこまで出来るかは、まったくの未知数ですが、nikkouは今、ぐっと背中を押されたような気持ちでいます。…っていうか、舟を岸から海へ、ぐーっと押し出された感じ。
七平さんも、ひょっとしてそういう気持ちだったりして?
つまり、「そんなふうに応援されちゃあ、もう後戻りできねーじゃん。」ってネ。
(山本七平新刊。ちくま文庫「洪思翊中将の処刑」↑)

|

« アーミッシュの事件について | Main | お遍路に行ってきた。 »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

Comments

みんなに「祈ってください」って要請した時点でもう公になってるし、今更ながら緊張することないよ。だって、クワイヤーは神様の意思で始められたんだから、神様の責任で運営され用いられていくからね。
大丈夫。大丈夫。

Posted by: たま | October 29, 2006 at 12:00 AM

たまちゃーん、ありがとー。
そうだね、舵取りは主ご自身なんだよねー。

湖の上を歩いてきたイエスを見て湖の上を歩き出したペテロが、波に襲われて「うわーっ」ってなる話あるじゃないですか。
時々、ああいう気分がする。
でも主イエスは「コラばかたれ、つかまれ」って助けてくれるのよね。
なんか、鍛えられてるなあ。

Posted by: nikkou | October 29, 2006 at 08:42 PM

うわーっ、nikkouさんおめでとうございます。すごいですねー。ますますよいお働きを! 『洪思翊中将の処刑』さっそくアマゾンに注文してみます。

Posted by: ゴトウ | October 29, 2006 at 10:46 PM

nikkouさん、おひさしぶりです。
(私blogのアドレスが変わったんです)
献金はするもの、そうでしょうね、きっとすごくインパクトがあったことでしょう。
関心と関与、国境を広げてくださる主はその両方持って賛美を祝福してくださろうとしているのですね。
感謝です。

Posted by: jojo | October 30, 2006 at 11:44 AM

献金かぁ。 なんだか身が引き締まると言うか、驚いてるというか・・・
リトライができること・・
心を込めて賛美することかなぁ。まわりみんなが楽しめるように、心が暖かくなるように・・・

Posted by: Atsuko | October 30, 2006 at 08:12 PM

>ゴトウさん

ありがとうございまーす。
ついでに本の宣伝しちゃった(へへ)。nikkouはまだ読んでないんだけどね。でも、結構面白そうよ。

>jojoさん

わー、よかった、「引越しします」のままブログを更新しておられなかったので、どうしているのかなーと思ってました。
感謝、アーメン、です。

>あっちゃん
うん、リトライも応えていこうね!
(私信だけど、あっちゃんが貸してくれた「Very Merry Christmas」(粟野めぐみ作詞・ピアノコージ作曲)いいねー、シンプルだけど暖かくて。ありがとねー。これ、クリスマスに向けて、リトライでもやろう。)

Posted by: nikkou | November 01, 2006 at 12:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/12466465

Listed below are links to weblogs that reference 「献金」もらっちゃった!:

« アーミッシュの事件について | Main | お遍路に行ってきた。 »