« 敵か友か、のその先が | Main | その他のことは神が配慮される »

November 30, 2006

イワキさんのこと

『眠られぬ夜のために 第二部』

「11月30日
ある人間の生涯の最も偉大な日とは、みずからの歴史的使命、すなわち、神がこの世においてかれを必要としておられる所以(ゆえん)をかれがはっきりと悟り、かれがいままで導かれてきたすべての道がそこに通じていることを理解した日である。」

(筑摩叢書・前田敬作訳)

自分の「歴史的使命」なんて、死んで、天国行って、自分のない世を見て、ようやく分かったりするんじゃないか、と思う(最近、ヒルティに楯突き気味のnikkou)。たしかに、自分でそれが分かれば、とても幸せだろうな、とは思うけれど。

「のだめカンタービレ」を読んでいて、ふと、オーケストラを聴きに行きたいな、と思い、「そういえば、イワキさん、もう、いないんだ」と気づいた。

Iwaki_1
イワキさん。岩城宏之。NHK交響楽団やオーケストラアンサンブル金沢の指揮者。nikkouがいま本を作る仕事に就くことになった原因の3割くらいはこの人の影響だ。

nikkouは最初、教師になろうと思っていた。順調に教員免許を取得する準備をしていた大学3年生の春に、小遣い稼ぎのため学生課に出ていた広告を見て、某出版社のアルバイトに行った。
そこの編集者さんが、岩城宏之のエッセイ集を作っていた。nikkouも、切り抜きをしたり、ワープロで清書したりしてお手伝いした。時々イワキさんから電話がかかってきて「今、N響の控え室なんだけど、今夜渋谷の喫茶店に来て、って言っといてください」なんて伝言を頼まれたりした。
作曲家の黛敏郎がなくなった当日、担当の編集者さんは上野の音楽堂の喫茶室に打ち合わせに出かけ、帰ってきて「イワキさんが、大きな声でぼくの名前を呼ぶから、喫茶室中の注目を浴びて恥ずかしかった」なんて言い、nikkouはバイト仲間と「黛さんが亡くなった日にイワキさんとお話しているなんて、どこのバイオリニストかピアニストかって思われたんじゃないの?」ときゃあきゃあからかったりして、まあ、不謹慎ながら、いたってミーハーなのでありました。

200611302325000
エッセイ集が出来た朝、会社に行くと、nikkouのバイト机に、わざわざ封筒にいれたエッセイ集が載っていて、じーん…とした。

そして、そのとき、初めて知りました。
本って、最初から書く人がいて、それを印刷する人がいて、出来上がって本屋に並ぶんだと思っていた。
でも、なにもないところから、編集者が企画をたて、執筆者に依頼にいき、それから執筆が始まるということもあるんだ。編集者になれば、読みたい本は、出るのをただ待っているんじゃなくって、自分で「書いてくれ」って頼みに行けるんだ。

それから、イワキさんの本は、全部読んだ。「のだめカンタービレ」も顔負けの抱腹絶倒芸大青春記「森のうた」と個性的な音楽家が楽しい「フィルハーモニーの風景」が、とくに大好き。

Iwakic
コンサートにもせっせと通った。イワキさんが「『不調法でクラッシックはわかりません』なんて言うな。『楽しい』とか『楽しくない』とか言いなさい」と書いていたので、素直に「今日はへんてこりんな音楽で疲れた」とか「へんてこりんだけど面白かった」とか「なんだか胸がきゅんとする音楽だった」とか「眠かった」とか、素朴に楽しんだ。実際、イワキさんは、現代音楽の初演魔とかでへんてこりんな音楽が多かった。でも楽しかった。特にオーケストラアンサンブル金沢は、こじんまりしていて、お客さんと距離が近くて、わくわくした。

いつか、nikkouもイワキさんの本を作ろう、と決意して、教職を蹴って出版社に就職した。就職したら、新しいことを覚えるのに必死で、イワキさんは忘却のかなたへ。
昨年の年末、テレビをつけたら、イワキさんが一晩でベートーベンの交響曲を全部振る、という特集をやっていた。そのお顔を見て、「すごい老けた!」とびっくりした。どうしよう、忘れてた! 早くイワキさんのところに行かなきゃ! と思っていたら、まもなく訃報を聞いた。

イワキさんがきっかけで、ここまで来た。それが良かったのか悪かったのか、さっぱり分からないけど、今、こうして思い出して書いているだけで、本当に楽しくて楽しくて、ああいいときを過ごせてたんだな、と思う。それだけでも、いいかな、って思う。

世界の歴史にとって、岩城宏之が偉大な音楽家であるかどうか、nikkouには分からないけれど、―イワキさん、nikkouの歴史には、とっても大きな意味を持っている人。

|

« 敵か友か、のその先が | Main | その他のことは神が配慮される »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/12880733

Listed below are links to weblogs that reference イワキさんのこと:

« 敵か友か、のその先が | Main | その他のことは神が配慮される »