« 「献金」もらっちゃった! | Main | がっつり生きる »

November 07, 2006

お遍路に行ってきた。

『眠られぬ夜のために』第二部

「11月3日
(前略)
われわれが神に対してしなければならぬのは、形式的なことでも、特別変わったことでもなく、ただ願うことである。ただこの請願の相手が、神という特別な、人間以上の存在であるということだけが、普通の請願とちがう点である。神を相手に話をするときは、ただ願い、あるいは感謝をしさえすればよい。(以下略)」

(筑摩叢書:前田敬作訳)

「祈り」とは、ただ心からの「願い」と「感謝」だ、余計な格好などつけるな、とヒルティ。
Dscn00810001

この三連休、nikkou、四国にお遍路に行ってまいりました。といっても、弘法大師に改宗したわけではありません。母と妹のお供であります。
nikkouの母は、四国出身。「四国の人間は、一生に一度はお遍路をしなければならない」(by母)のだそうであります。しかも、「歩かなければ意味が無い」(by母)のだそうで、連休のたびに少しずつ歩き、継ぎ足していく方法で、今回で41番札所に到着、今年で四年目に突入しております。
ひとりで歩くのは危険だ、という家族の心配のもと、宿泊は必ずビジネスホテル、また必ず次女が同伴、時々三女も同行しております。帰ってくるたび、方向音痴の親子による抱腹絶倒やじきた道中お遍路篇を聞かされます。nikkouも何度か誘われてきたのですが、なかなか予定があわず、今回、初めて同行することがかないました。

Dscn00660001
Dscn00720001お遍路道は、たいがいこういう標識が出ているか、白いきれがガードレールとか木の枝に結び付けられています。それをたよりに、畑の真ん中の田舎道とか、山の中とか、大型トラックの行きかう国道とかを、えんえん日暮れまで歩き続けるのであります。

われらが母はとっても陽気な人で、この道のりを、ずーっと幸せそうにしゃべり続けておりました。われわれの曾祖母や祖母がどんなに我の強い人であったかとか、われわれの曽祖父と曾祖母が結婚したいきさつとか、えらく手荒な村の祭りのこととか。
しまいには歩き疲れるより先に、しゃべり疲れている様子でした。
Dscn00580001

そんな、われら陽気なお遍路さんも、お寺につくと神妙で、線香とろうそくを灯して般若心経を唱える姿は、なんとも敬虔。(nikkouは一応宗教が違うので、一歩下がって眺めておりました)。なにを願い感謝しているかは知りませんが、祈る姿は、どの宗教でも美しいものであります。

Dscn00690001朝は野宿から起きてやおら歩き出すお遍路さんに出会い、とんびやら白鷺やら野の花やらに驚き(東京ではまずお目にかからない)、お暗い山道で「一人で歩くと怖いだろうなー、『同行二人』と考え方はこういうとき心強いんだろうなあ」となにやら悟りめいたものがひらめきそうになり(「同行二人」とは、「お遍路さんは、ひとりじゃない、弘法大師と二人旅なのだ」という意味)と、
寺よりも道行きのほうが面白いなあ、と感じたのですが、4年間歩いているわが母と妹も同じようなことを申しておりました。
いわく、道行きにはハプニング(?)が満載。時々事情を抱えてお遍路をしている人に出会う。沿道の民家から病人が走り出てきて、おにぎりとかみかんとかを渡されるとともに、手を合わせられたりしたこともあったらしい。「祈り」の切実さに直面することも少なくないんだそうです。
一方、お寺のお坊さんから宗教者らしいなんらかの感銘を受けることはあまりないそうであります。
「宗教は生活のなかにあるのよ!」と、母上、どこぞで聞きかじったらしき言葉を得意げにのたまっておりました。

Dscn00850001
最終日に道後温泉につかり郷土料理を堪能し(贅沢なお遍路です)、飛行機で帰ってまいりました。帰宅した部屋でひとり「3日間無事にお守りくださいまして感謝します」とわが主わが神に祈ったとき、ふと、「日本人で、クリスチャンやっててよかったなー」と思いました。
どこぞのキリスト教国では、仏教を「サタンの宗教」なんぞと言い放つそうでありますが、仏教が身近にある日本では、クリスチャンも独善的にならずにすみそうじゃあないですか。仏教から学ぶべきことは決して少なくありません。
すくなくともnikkouは、お遍路を通じて、最近ちょっと硬直化しかけていた主イエスへの信仰が、やわらかくなったような思いでありました。

|

« 「献金」もらっちゃった! | Main | がっつり生きる »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

Comments

41番札所で道後温泉ということは、お母様は近いうちに私の郷里の今治を通過されますね。これからはちょうどミカンが美味しくなるころです。

Posted by: y.yamaguchi | November 07, 2006 at 10:30 PM

yamaguchiさん

今治出身なんですね~。
みかんも美味しいし、温泉はあるし、気候はいいし、いいところですねー。

Posted by: nikkou | November 08, 2006 at 11:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/12578897

Listed below are links to weblogs that reference お遍路に行ってきた。:

» 十五番『国分寺(国分寺)』〜その3〜 [おへんろへんろ]
さらに・・・。 夫婦でしょうか?親子でしょうか?気持ちよさそうに横たわっておりました。 [Read More]

Tracked on November 07, 2006 at 02:15 PM

« 「献金」もらっちゃった! | Main | がっつり生きる »