« DMZ(非武装地帯)でみたもの | Main | 愛されている物語 »

November 24, 2006

煮凝りがでそう

『眠られぬ夜のために』第二部
「11月27日
もしわれわれが、自分にたいしても、また他人にたいしても、十分真実で純朴な態度でのぞむ習慣を身につけようとし、また実際そうすることができたならば、非常な進歩をとげるであろう。(以下略)

(岩波文庫:大和・草間訳)

Dscn01370001


もうすこし、韓国の話、続けます。
日曜日は、新一教会にて、午前の礼拝、お昼の「日本語礼拝」そして、夕拝の三回、礼拝に出席しました。その三回とも、特別讃美をさせていただきました。

この日は朝からカルチャーショックの連続。教会に向かう地下鉄の中では、物乞いをする身障者の方に出会い、強いショックをうけました。
新一教会の大きさにもびっくり。そして午前の説教内容は、とても政治的。聴衆を見渡すと、食い入るように聞いていて、この国では、キリスト教会の政治的な影響力は大きいんだろうなあ、と思いました。

Dscn01390001
ここでも「we are one」と「主は道をひらかれる」の二曲を讃美しました。(みなさんやっぱり、手拍子がすこぅしずれていた。)
二曲の間に、リーダーのえっちゃんが
「DMZを見学して、朝鮮半島の人びとが負ってきたことを何も知らなかった自分を恥じ、悔いあらためました。」
と証し(スピーチ)をしました。nikkouも同感。DMZ見学から一夜明けて、自分が言えるのは、やはりそれ以上でもそれ以下でもないんだよな、と思った。それでも、この教会の長老さんは「素晴らしい証しだった」とおっしゃっていた。「知る」だけで、溝が狭まる、ということは確実にあるんだと思う。

Dscn01400001
昼の日本語礼拝は、日本語のできる年配の方と、それから、日本の興味のある方たち20人ほどが出席していました。日本語礼拝では「大切な人」を手話つきで歌ったのですが、涙ぐむ方もおられて、今回の聴衆のなかで、一番反応が良かった。
メッセージをされた伝道師の趙さん(写真右)は日本で育ったとのことで、一日中、通訳もしてくださいました。彼がそばにいると、ほっとしました。言葉が通じるだけで、こんなにも心理的な距離感がなくなるんだなあ、と実感しました。やっぱり、外国語はできたほうがいいなあ。ハングルも勉強してみようかな。

Dscn01290001
新一教会のおもてなしも、とても手厚く、もう、おもてなし「攻撃」だね、とおもわずささやきあってしまったほど。
たとえば、
韓国のりをダンボール一箱ずつ(!)お土産にくださったり、
長老さんのおひとり(金大中元大統領の防衛省副大臣だったという方)が、全員をホテルのディナーに招いてくださったり、
「韓国の十字架のネオンが見たい」とだれかが言えば、バスに全員を乗っけて高台まで連れて行ってくれたり、…もう、「おもてなし」に上限というものがありません。「おもてなし」をどぼどぼ注がれて、あっぷあっぷしちゃう感じ。
今後、nikkouの身近に、韓国から来日した人がいたら、思いっきりおもてなししてやるからな、とリベンジ(?)を誓いました。

そんなこんなで、本当に充実の3泊4日。ピアノのみゆきちゃんが、「濃すぎて、毛穴から煮凝りがでそう」なんて言ってた。同感です。
毎日カルチャーショックで気の休まる暇もなかったけど、カルチャーショックというのは、とても大切なことね。許容範囲が広くなるというか、自分の無知ぶりを知って謙虚になれるというか。
でも、これは、きっかけに過ぎないんだと思う。韓国に関する本をどんなに読んでも、韓国について報じたテレビを見ても、こんなにも強いインパクトを受ける事はないだろう。直接、韓国の生活に触れると、理屈などふっとんでしまって、ただ「真実で純朴な態度」にならざるをえない。
心底、韓国を愛し、韓国のために祈れるようになりたいと思いました。

|

« DMZ(非武装地帯)でみたもの | Main | 愛されている物語 »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

そう。韓国の教会へ行くとおもてなし攻撃なのよ☆
とにかく情熱的な国民性だからね。日本人も見習わないといけないところ多いね。

Posted by: たま | November 24, 2006 at 12:19 PM

たまちゃん

ねー。すごかったよ。
それに、とても感情表現があけっぴろげというか、裏表がないというか。
最初は、戸惑ったけれど、慣れたら付き合いやすい国民性なんだろうな、と思う。もっと国民同士で親しく慣れたらいいのにね。

Posted by: nikkou | November 25, 2006 at 12:49 AM

チュニムル チャニャン ハムニダ~!

次はnikkouちゃんの文才を持っての
「韓国ツアー 食編」お待ちしてます(笑)

Posted by: えつよん | November 26, 2006 at 02:11 AM

nikkouさん、ついに韓国行ってきましたか~。多くの恵みがあって良かったですね。

私は映画や観光目的でよく行くのですが、教会も主日に二度ほど訪れました。
木浦と釜山、いずれも一人旅の飛び入りなのに、ほんとに温かく迎えてくださって。
お食事もごちそうになり、牧師や教会員の方にも熱く励まされてしまいました~。
韓国のおもてなしって、ほんとにおっしゃるとおり濃ゆぃですねぇ。

これは韓国の国民性らしくて、行きずりの人に飯をおごってもらったことも二度、三度。
思うのはひとつは、旅人に優しくするというのが、キリスト教の隣人愛の実践かしら。
普通に町中に物乞いの人がいて、それに普通に人々が施しをしている風景にも感動。
あと、韓国の教会は規模が大きいから、財政的に余裕があるのかなとも思ったりして……

Posted by: taejeon | November 26, 2006 at 11:20 PM

>えっちゃん

そうそう、ごはんがねー、またすごかったんだよねー。
美味しくって、量もたっぷりあって。
水餃子、わすれられませーん。
おみやげのノリも、むちゃくちゃ美味しかった!

>てじょんさん

てじょんさん、ハングル教えて!
やっぱり、言葉って大事だなあって思いました。

>行きずりの人に飯をおごってもらったことも二度、三度。

…それはすごい。
nikkouは、行く前に、「反日感情に会ったらどうしよう」って緊張していました。でも、熱くて濃ゅいおもてなしに、すっかり吹っ飛びましたね。個人個人で交流していくことなのかな、って思った。
(障害者の物乞いにはショックだったけど。経済成長が急すぎて、まだ福祉が追いつかないのかなあ。)

Posted by: nikkou | November 29, 2006 at 12:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/12799990

Listed below are links to weblogs that reference 煮凝りがでそう:

» 韓国の教会 [紫の衣]
 韓国の教会はどこも大きく、そして何よりも親切です。  nikkouさんのブログを読んでいたら、韓国の教会で歓迎された話をされていて、それを読んでいるうちに、昔、私が訪れた時のことを思い出しました。  韓国でもクリスマスの時期になると、街が飾られるところは日本と同じです。でも違うのは、書店に行くとどこでも聖書のコーナーがあること。大小さまざまな種類の聖書が並べられ、人々がクリスマスプレゼントに選んでいます。  韓国にはたくさんの教会があります。なにしろ人口の3割はクリスチャンなのですから。建物の... [Read More]

Tracked on December 03, 2006 at 08:25 AM

» 従軍慰安婦問題について [日本を良くする為に…]
 慰安婦とは、慰安所において軍人に対する売春に従事した婦女の事であるが、この事に関しては日本に限らず戦争中は世界各国で行われていたと思います。   何十年も前から歴代の首相が謝罪しているのに、韓国や中国は日本の事のみオーバーに大きく取り上げて、未だに謝罪と賠償を求めている事に関しては如何なものでしょうか?    慰安婦は、強姦事件や性病を防ぐ為に軍が合法的に設けた慰安所で、売春婦や貧困家庭・借金のある家庭の婦女子がなったようです。   慰安婦の総数は2万人位で日本人が40%、現地で応募した人が... [Read More]

Tracked on May 22, 2007 at 04:57 PM

« DMZ(非武装地帯)でみたもの | Main | 愛されている物語 »