« 神の恵みはむだではなかった | Main | 韓国の銭湯 »

November 20, 2006

韓国に行って参りました!

『眠られぬ夜のために』第二部

「11月17日

(前略)
神の信奉者たるものは、あくまで善の領土にとどまるべきであって、悪の領土にも留学してみようなどという気を起こしてはならない。でないと、悪の吸引力に負けてしまうからである。(以下略)」

(筑摩叢書:前田敬作訳)

Dscn01150001
17日金曜日から本日まで、ゴスペル仲間11名と韓国親善旅行に行って参りました!
濃厚濃密3泊4日! 熱かったです、韓国。
4,5回連続で、韓国旅行のご報告、させてください。

初日、ソウル到着後、即行、新林洞南ソウル中央教会へ。
金曜夜は祈祷礼拝とのことで、礼拝の特別讃美をしました。
夜9時であります。
でありながら、席数100人ばかりの教会が満杯でありました。われわれが到着したときには、すでに讃美が始まっておりましたが、その讃美たるや…。

…早稲田大学校歌…? 

つまり、ッタタラー、ッタタラー、タッタカ、タッタッターなリズムの、2拍子でクラッピング、正面に立ったおじさんが握りこぶしを上下に振りながら、朗々と歌っておりました。そんな讃美が続けざまに3曲。讃美がおわって、さっそくわれわれがみなさんの前に呼ばれました。「あにょはせよー、ハレルヤー!」とご挨拶すると、一同そろって、「あーめーん」と返ってきてこれまた、びっくりでした。どうも、この教会では、「ハレルヤー」と言うと、「あーめーん」と返す習慣らしいです。

韓国語に翻訳して覚えたメンバーのえっちゃん作詞作曲の「We are one」と、やはりメンバーのまりちゃん作詞作曲の「主は道をつくられる」を讃美いたしましたが、みなさんあの、タッタカタッタッターのリズムで手拍子をなさるので、ゴスペルのリズムとビミョーにずれながらのハートウォーミングな讃美でありました。

われわれの讃美のあと、説教台に立ったのは、若い副牧師。彫りの深いハンサムな人でありました。聖書の一場面、ダビデとゴリアテの戦いをひとり芝居し、強調するところでは、「カーーーーッ」と喉を鳴らす。…これは、まさに黒人教会の黒人牧師の礼拝説教にそっくりであります。黒人教会と違うのは、聴衆が立ち上がってわーっとならないところだなあ…と思いながら聴いておりましたら、…
突然!
「キドヘヨー!チュヨー、チュヨー、チュヨー!」(祈祷しましょう、主よ、主よ、主よ)という副牧師の絶叫とともに、バチバチバチッと電気が消えて(まさに「消灯!」という感じだった、とあとで仲間たちと衝撃を語り合いましたが)、そこは、絶叫の海。「チュヨー、チュヨー、チュヨー」という叫びに満たされました。
…しかしnikkou、もう驚きませーん。
黒人教会で十分、免疫ができております。熱いなあ、すごいなあ、と感動に包まれて、暗がりにうごめく人びとを眺めていると、そっと通訳の方が来られて「これが深夜まで続きますので、どうぞ、日本の方は食堂においでください」とおっしゃいました。
深夜までですか、深夜ですか、そうですか、…すごいエネルギーであります。
チュヨー、の叫びの海の真ん中を、出口に向かって歩いていくと、まるで非日常、まるで異次元、ああ、異文化…でありました。

|

« 神の恵みはむだではなかった | Main | 韓国の銭湯 »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

「4 ゴスペル」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

お帰り!!
祈ってたよ。nikkouのチケットが取れたのも結構ミラクルだったからな~。
あの教会典型的な昔からの韓国の教会だよ。私も3回行きました。あの光景が目に浮かぶよ…。
ああ、報告楽しみ )^o^(
ハレルヤ!!!!

Posted by: たま | November 21, 2006 at 01:31 AM

たまちゃん! ただいまー!!
そうそう、だれだったか韓流スターのファンイベントとぶつかったとやらで、大混雑。チケットも全員分取れるかどうか、危なかったんだよね。ほんと、お祈り感謝です!

そうか、あれが典型的な韓国の教会なのかー。たまちゃん、3回も!ほんと、韓国の教会って熱いですねー。

Posted by: nikkou | November 22, 2006 at 01:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/12763133

Listed below are links to weblogs that reference 韓国に行って参りました!:

« 神の恵みはむだではなかった | Main | 韓国の銭湯 »