« クリスマスイブのつどい | Main | よい一年となるよう祈ります »

December 24, 2006

メリークリスマス!

『眠られぬ夜のために』第二部

「12月25日
真の友愛は、神の慈悲と博愛の反映である。
神の慈悲と博愛は、どんな人間のなかにも宿ることができ(テトスへの手紙3章4節)
その人間の身体的な動作をさえ照らし出すので
(とりわけ、眼の表情において)、
ほかの人びとも、この神的なものの反映に気づく。
(中略)
・・・この神の光に照らされた輝きは、一度それを見たならば、
もはや忘れられないものである。
しかし、それは、敬虔の表情とか、それをあらわすための、上にむけられた恍惚たる眼差しとかではなく、
まだかつていかなる画家も絵筆も描きえなかったような、
かぎりなく光にみたされた、
あたたかい友愛のごく自然な表情なのである。…」

(筑摩叢書・前田敬作訳)

先週の日曜日は障害者介助で、礼拝を休んだ。
その間に、母が教会に来て、
でこぽん、という柑橘類をダンボール箱ひと箱置いて帰ったらしい。
なんでも、ダンボール箱を抱きかかえて、徒歩でやってきたそうな。
母よ、あなたはサンタですか。
今日は、教会の人、ほぼ全員に「おいしかった~ありがと~」、そして、「お母さん、力持ちねー」といわれた。
ええ、わが母は、かつて、灯油の入った石油ストーブを片手に下げて、
横浜の家から、東横線に乗って、自由が丘のわたしの一人暮らしのアパートまでやってきたことがあります。
「ことしは特に寒いからねー」…って、母よ、それは電車に乗せてはいけない危険物の一種だと思いますが。

そんなクリスマスイブです(どんなだ)。
午前の礼拝で、クリスマスとは、キリスト(クリス)+ミサ(マス)つまり、キリストの聖餐式という意味ですよ、というお話を聞いた。

200612241152000
「見よ、わたしは戸口に立って、たたいている。
だれかわたしの声を聞いて戸を開ける者があれば、
わたしは中に入ってその者とともに食事をし、
彼もまた、わたしとともに食事をするであろう。」

(ヨハネの黙示録3章20節)

↑礼拝堂の入り口にかかってある絵。画家不詳。
(老牧師はわざわざはずして、両手で掲げ、「わたしはもうすぐいなくなるから、若い人たち、この絵のこと忘れないでね」と言った。彼は、今年癌が発見されているんだけど、その後逆に福音を語る言葉が力強くなった気がする。)

ヨハネ黙示録ではイエス様が、「一緒にご飯たべよう」って言ってる。
わたしたちの心の戸の前に立って。
一緒にご飯を食べる、というのは、友愛を結ぶ、とても有効な手段だ。
逆に、仲たがいをしている人と食べるご飯は、のどを通らない。

今、nikkouには、一緒にご飯を食べられない間柄になってしまった人が何人かいる。
牧師が「一生のうちで、ひとりでも、ふたりでもいい、あなたの愛と福音を伝えることができますように、そのためにわたしたちをお用いください」と祈ったとき、
つい、その友のことを思って、不覚にも涙した。
ごめん、神さま。nikkou、あなたの使者としてはあんまり使えないかも。赦してください。でも本当は、あの人と、あいつと、あの子と、それからあの人とも、仲直りしたいんです。主よ、どうか、あなたにあって、彼らとまた一緒に食事ができるようにしてください。

川崎教会の礼拝のあと、喫茶店で仕事をしながら時間をつぶし、久遠教会のキャロリングに行く。
川崎教会のアットホームな集まりとまた違って、人数も多くて、とてもアダルトな雰囲気。
キャンドルの光のなかで、歌い、ハンドベルやオカリナの演奏を聴き、聖書朗読を聞いた。

200612212127000
久遠Nu Praise(ゴスペルクワイアー)の今年の活動は、今日で終り。
「nikkouちゃん、今年も色々あったねー、ほんとありがとうねー。」
「よいお年をー」と
友人に抱きしめられたり、手を握り合ったりした。
本当に、いつも無神経で無遠慮なnikkouを許してくれて、友達でいてくれるみんなに感謝の気持ちでいっぱい。
今年もありがとう。

200612242316000
写真は一番お気に入りのクリスマスCD。
教文館か御茶ノ水のCLCかで発見したもの。
久遠のクワイアーでも歌うAWAY IN A MANGER(まぶねの中で寝ている優しい顔のイエスさま)が、入っているんだけど、ラベルのボレロをアレンジしたものが伴奏になっていて、とってもかっこいい。
歌っているのはMichiko&Nobuo Aokiというご夫妻らしい。
でもネットで調べてもなんにも出てこない。
幻の名盤?

|

« クリスマスイブのつどい | Main | よい一年となるよう祈ります »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

「3 礼拝」カテゴリの記事

Comments

メリークリスマス! (終わっちゃいましたけどl (笑))

> 今、nikkouには、一緒にご飯を食べられない間柄になってしまった人が何人かいる。

私にも、そういう人がいます。昔、一緒にご飯を食べてた人と食べられなくなるのは、本当につらいですよね。
ですから、どうか、nikkou さんの「主よ、どうか、あなたにあって、彼らとまた一緒に食事ができるようにしてください。」というその祈りがかなえられますように、と祈ります。

Posted by: ほそのひでとも | December 25, 2006 at 08:06 PM

>ほそのさん

お祈りありがとうございまーす。感謝です。
本当にねー、nikkouはつい、人を傷つけることを言ってしまう癖があって、自分がいけなかったなあ、ってのは、よぉぉぉぉく分かってるんですけどねー、それでも、ついぽろりっと言ってしまうというか、我慢できないっていうか。

わが罪の身代わりのため、主イエスは生まれた…ということ、いまいち腑に落ちないところもありつつも、ああ、これが私の罪だなあ、それで、イエス様殺しちゃったんだなあ、と思う今日この頃デス。

Posted by: nikkou | December 25, 2006 at 11:21 PM

そうなんですよね。いまいち腑に落ちないけれども、でも主イエスを否定しきれない。でも殺したのは私。そういう感覚 (??)。

それにしても。

「灯油の入った石油ストーブを片手に下げて、」ってことは石油ストーブは剥き出しだったのでしょうか? 駅員さんはストーブを持った nikkou さんのお母様を制止しなかったのでしょうか?

謎です…。

Posted by: ほそのひでとも | December 26, 2006 at 01:18 AM

nikkouさん、クリスマス微笑ましいです。
おいしそうなクッキーですね。
アイシング、かわいらしい。
私はアイシングに失敗s、教会に持っていけなかったの。
全部食べるはめに、、、年を越しそうです(笑)

Posted by: jojo | December 27, 2006 at 09:53 PM

>ほそのさん

そうそうそうそう、そういう感覚!

母の石油ストーブ事件はですねー、
ストーブを45L入り東京都指定ゴミ袋に二重に包んで新聞紙でぐるぐる巻きにしてひもで縛って取っ手をつけて運んできた、というのが真相です。
彼女の「手で持ち運べるもの」の基準は、45L入りゴミ袋ではないか、とnikkouはにらんでおります。

>jojoさん

クッキーは、友人のアキちゃん手作り。
このほかにも、ツリーとかお星さまとか、いろいろありました。
アイシング、自分でやったことはないんですが、器用な様子のjojoさんがそうおっしゃるということは、難しいものなのかしら。

Posted by: nikkou | December 28, 2006 at 12:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/13189553

Listed below are links to weblogs that reference メリークリスマス!:

» キャンドルサービスでゴスペル [Tama’s ゴスペラー日記]
 今年のクリスマスイブは日曜日。我が中央福音教会では午前のクリスマス礼拝に引き続き、夕方5時からキャンドルサービスが行われました。  キャンドルサービスはウチの教会だけではなく、世界中の教会で行われますが、何故だかわかりますか?  それはJESUSがお生まれになった今から約2000年前の情景が元になっています。... [Read More]

Tracked on December 27, 2006 at 10:26 AM

« クリスマスイブのつどい | Main | よい一年となるよう祈ります »