« 楽しいもんだよ、クリスチャンってのも | Main | 若ものと語る《信仰と現代》 »

January 14, 2007

前方を見続けるための歌

『眠られぬ夜のために』第一部

「1月14日
後方を見ないで、つねに前方を見つづけること、
それどころか、結局はこの生をも超えてかなたをみやること。
後方をふりかえるのは、なんの役にもたたないことである。
ただし、まだ改められることをつぐなうためと、いままでに犯した過誤をこれからはくりかえさないよう気をつけるためと、受けた好意に感謝してむくいるためにそうする場合はべつである。」

(筑摩叢書・前田敬作訳)

今日の礼拝は、使徒パウロの話。
厳格なユダヤ教徒だったパウロが、キリスト教徒迫害にむかう途上で劇的な回心体験をして、一転、熱心なキリスト教伝道者になるくだりを読んだ。
つくづく真面目なひとだったんだろうなあという気がする。
地図を見ながら、彼の伝道旅行の足跡をたどったのだけれど、これがまたすさまじい距離なんである。地中海の沿岸をぐるっと一周してしまっている。

今日のヒルティのメッセージは、パウロの生涯を言い表している感じです。
過去に拘って罪の意識に一歩も動けないというのではなく、前方を見続けるため、
全生涯を伝道にかけた。
前を向いたほうが、過去をつぐなえる、ということもあるのかもしれない。

今ちょうど、仕事が忙しい。
でも、ストレスが高い時期のほうが、ゴスペルの練習が楽しいのが、また不思議であります。現実逃避ですかね。いや、ふたたび現実の戦いに出て行くため、「前方を見続けるため」の休息の地だ。

200701081631000
月曜は久遠ゴスペルクワイアーでは、主要メンバーのひとりだったタックが転勤ということで、追い出しコンパならぬ追い出しリハ。やはりさびしいですよ。リトルライト結成のときも楽譜をたくさんくれたり、アイディアをくれたりして、ほんと、助けてもらったタック。でも、どこへ行っても讃美の心でつながっているもんね。
長いこと休んでいたメンバーもたくさん来て、久々に大合唱となりました。

200612072054000
木曜はシャロームゴスペルクワイアー。ミュージカル映画「レント」から「Season of Love」を歌った。HPの予告編で聴けるので、ぜひ聴いてみてください。

「525,600分 あなたは一年をどうやって数えますか? 朝の数? 夜の数? コーヒー何杯? 笑った数? 喧嘩した数? 愛はどうだろう? 愛で数えてみようよ」

直接「神の愛」という言葉は出てこないけれど、ディレクターのまりりんが、この映画を見て、この愛は「聖書の愛に基づいている!」と判断したらしい。実際、いい歌です。
Nikkouは昨年、たくさん「愛」を受け取ったなあ。あらためていうと照れるけど。愛の数で数えるなら、出色の一年でありました。もちろん、クリスチャン的に言えば、毎年たくさん愛されているんだろうけれど、昨年は特に感じた。

そんなふうに、直接的には「神」とか「イエス」とか言わないけれど、そこはかとなく「匂う」歌ってあるよね。nikkouが個人的に好きな「匂う」歌で、「Lean on me」ってのがあるの。nikkouはクラブ・ヌーボーが歌っているのとドロシー・ノーウッドが歌っているのを持ってる。(ビルウィザーズが歌っているものはこちらで視聴できる)

「If there is a load you have to bear that you can’t carry. I’m right up the road I’ll be your friend if you just call me」 (負わなくてはいけない重荷があって、自分ひとりじゃ運べないなら、私がきみのいく道へ行って、君の友となろう 君がわたしを呼ぶならね)

今日、リトルライトのリハで、たまたま、メンバーがこの歌のパート譜をくれた。
いつか、リトルライトでも歌ってみたいと思います、「Lean on me」。
ちなみに今日は、リトルライトの今年初の練習日。
アメージンググレイスのアカペラに挑戦しました。
昨夜、ひとりでキーボードに向かって、ソプラノ、テナー、アルトの各パートを20~30回ずつ歌ってみて、「あ゛―――、だめだあー、むずかしーい」とへこんだのですが、実際みんなと歌ってみると、みんなと一緒にあっさりマスター。キーボードとハモるよりも、人の声とハモったほうが何十倍も楽だということを発見しました。すばらしいね、人の歌声ってのはね。最高の楽器だと思うよ。

今年のリトライの目標は、「人に聴かせられるようになる」であります。
…ちょっとかっこつけると、「ゴスペルのメッセージを伝えられるシンガーズになる」であります。メンバーは随時募集中なので、参加ご希望の方は、ぜひどうぞー。

|

« 楽しいもんだよ、クリスチャンってのも | Main | 若ものと語る《信仰と現代》 »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

「4 ゴスペル」カテゴリの記事

Comments

友人にヒルティ氏を教えてもらったので
探しているうちにこちらに来ました(^^)

ヒルティ氏っておもしろい方ですよね(^^)

Posted by: 綿貫朔太朗 | January 25, 2007 at 12:55 PM

綿貫さん

遅くなりました。
はじめまして。ヒルティ、おもしろいですよー。今後ともよろしくお願いします。

Posted by: nikkou | February 07, 2007 at 11:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 楽しいもんだよ、クリスチャンってのも | Main | 若ものと語る《信仰と現代》 »