« クリスチャンをやめるには!? | Main | 楽しいもんだよ、クリスチャンってのも »

January 09, 2007

知識と愛

『眠られぬ夜のために』第一部

「1月8日

あなたの身の上に最善のことが
定められてあると固く信じなさい。
あなたの心がいと安らかであれば、
すべての悩みを免れよう。

その時がやって来るならば、
力強い助けが突然現れて、
あなたの愚かな悲しみを
思いがけなく恥じ入らせよう。
(同胞教会讃美歌636番)」

(岩波文庫・草間・大和訳)

いい詩ですねー。「讃美歌」とあるからには歌なのね。
どんな曲かわかるのなら、歌ってみたい。

おとといは、今年最初の礼拝。
クリスチャンの友人たちのブログをのぞくと、どこでも素晴しい礼拝がもたれた様子。うれしいことです。

おとといのnikkkouが通う教会の礼拝は、「愛」の話。
イエスの弟子パウロがその手紙のなかで、「愛」と比較しているのが「知識」であります。

「知識は人を誇らせ、愛は人の徳を高める」(第一コリント8章1節)

200701100002000
このことば、nikkouにはちょっとこたえるんだな。nikkouは知識を集積することが好きであります。もう、快感であります。知らないことを得るということが楽しくて仕方がない。
しかし、これは罪と紙一重であります。
知れば知るほど、無知に気づいて謙虚になる、ということと表裏一体で、
知れば知るほど、傲慢になる。
nikkouの場合、自分より知識の量が多少違う、という人に対して、「この人、よく分からないのに、よくもまあ知ったようなことを言えるなあ」と、つい冷たくなってしまうというか、いらっとしてしまうというか…ええ、悪いくせです。それで、友を失ったこともあります。胸が痛い。

「知識」を越えるものは「愛」だ。
礼拝のメッセージはそこで、医療と福音の話へ。
…イエスは福音伝道と医療行為をセットで行った。彼にとってはどちらも愛の行為であった。
現代、病気は病院で治療を受ける。
「でも、病院での医療行為が『癒し』の全てではない。わたしは」、とここで老牧師、胸を張る。「わたしは、がん患者です。病院で治療を受けている。しかし、みなさんの祈りと聖書のみことばで、さらなる力を得ている。」

「癒し」には、Cure(治療する)とCare(気に掛ける)の二つの面があるそうです。
「Cure」の知識がなくっても、愛をもって「Care」することは、わたしたちにもできる、いや、しなければならない。…というお話でした。

…nikkouたちの教会の礼拝出席者は毎回多くても10人くらい。よく、大きな教会の友人に驚かれるのだけれど、礼拝メッセージのあとのお祈りは、その場で指名される。
「賛美歌124番を歌いましょう。賛美歌のあとのお祈りは……」と礼拝説教のあと牧師が10人ほどの礼拝出席者の顔をみわたして「じゃあ、nikkouさん」てなぐあい。今年最初の礼拝でのお祈りは、nikkouでした。知識に惹かれて、愛をおろそかにしがちな自分を顧み、知識を主の栄光のためにお用いください、と祈りました。
聖餐式のあと、ふたたび、その場で指名のお祈り。こんどはnikkouがひそかに敬愛しているM姉でした。M姉、「nikkouさんが祈りましたとおり、やはりわたしも知識に惹かれる思いがあり、…知にまさる愛をお与えください」と祈り始めた。祈りをひきついで、祈っていく。ゴスペルのアドリブみたいだよね。祈りあうっていいなあ、と思った。

|

« クリスチャンをやめるには!? | Main | 楽しいもんだよ、クリスチャンってのも »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

「3 礼拝」カテゴリの記事

Comments

nikkouちゃん、私も以前は同じでした。
今は違います。知識をもてばもつほど傲慢になるというのは「若気の至り」という現象であるとオバサンは思います。
でも、やはり「知は楽しみ」であることに変わりはありません。そして良い側面は知を蓄積することにより想像することが容易になることではないでしょうか。自分がとっても幸福でいるとき、他の人の辛さや悲しみを理解するのに想像力は不可欠で、それには「知識」も必要ではないかと思います。
そして、その想像力を支えるのはやはり「愛」ではないかと思うのです。

Posted by: ゴトウ | January 10, 2007 at 10:45 PM

ゴトウ姉、nikkouは、早く歳を重ねたい。
一刻も早く、「若気」から抜けてしまいたいという気がいたします。
nikkouはまだ、知識が想像力を支え、愛の働きをすることと、傲慢さとが、拮抗するところにおります。お恥ずかしい。

Posted by: nikkou | January 11, 2007 at 12:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/13404311

Listed below are links to weblogs that reference 知識と愛:

« クリスチャンをやめるには!? | Main | 楽しいもんだよ、クリスチャンってのも »