« May 2007 | Main | July 2007 »

June 27, 2007

玄米ごはん

『眠られぬ夜のために』第一部

「6月12日

人間の人生行路は、じつはひとつの大いなる幻影である。なめらかな表面の下にかくされているものは、だれも見ないし、また見ようともしない。だたときどき、この外皮にぽっかり穴があいて、神が見たもうたとおりの内部の実相が露呈されるにすぎない。だから、ほとんどすべての人間の判断や、さらには、すべての伝記は、半分の真実をつたえるにすぎない。…(以下略)」

(筑摩叢書・前田敬作訳)

以前、nikkouの勤めている出版社で、ゲイの方を招いて、差別表現に関する講習会を行ったことがある。

お話を聞いていて、以下のような話が、非常に印象に残った。

彼らのところには、しばしば、相談や、講演依頼の電話がかかってくる。
あるとき、
草木も眠る丑三つ時、人の家に電話をするにはあまりにも非常識な深夜、という時間に、彼らの自宅兼事務所の電話がなった。
講演依頼だったという。
電話をとった彼は、丁重にお話をうかがったうえで、
「なぜ、このような時間にお電話くださったのですか?」とたずねた。
先方は、「ゲイのかたは、夜更かしだと思ったものですから」
と答えたそうな。

「わたしは普通に朝起きて、普通に夜寝ているんですね。
でも、この方は、『ゲイは夜更かし』と考えて、
わざわざ気を回して、深夜に電話をかけてきたらしいんです。
なぜ、ゲイは夜更かし、と思ったんでしょうね。
あとで、いろいろ考えて、
ゲイ=おかま→おかまバー→水商売→夜更かし
と考えたのかなあ、と思いました。
でも、ゲイはおかまじゃないし、全員が水商売をしているわけじゃないんですけどね。」

515ny78y6kl__ss500_
そういえば、川上弘美さんという作家が、アメリカで過ごした幼少時代を振り返って
金髪碧眼の同級生たちから、
「ヒロミは中国人だから髪が黒いのね」
「ヒロミは中国人だからおしっこもらしちゃうのね」とよく言われた、ということをエッセイで書いていた。
髪が黒いのも、おしっこをもらしちゃうのも、中国人とは何の関係もないことだし、
だいたい、ヒロミは中国人ではない。
こうした、「こういう属性を持っている人は、こうあるはず」という思い込みは、相手を見失う。
うーん、気をつけよう、と思った。

Continue reading "玄米ごはん"

| | Comments (2)

June 25, 2007

稲荷町食堂ブルースバンド

『眠られぬ夜のために』第一部


「6月22日
堂々と品位をもって人生を渡り、とくに、ありきたりなやりかたで生活を維持するだけでなく、さらに偉大な目的を眼中から失うまいとすれば、どうしてもある種の感激ないし熱狂が必要である。
(中略)
しかし、熱狂や感激だけでなく、健全な、冷静な常識の相当量がこれとむすびつかなくてはならない。…」

(筑摩叢書:前田敬作訳)

昨夜、川崎リトル・ライト・シンガーズのメンバーで、nikkouの通う川崎教会の牧師、愛称Teacherのブルースライブにいってまいりました。

Teacher & 稲荷町食堂ブルースバンド

200706242019000_3


ライブハウスに少々遅れて到着すると、戸の隙間からもれ聞こえてくるのは、まごうかたなきTeacherの歌声。金管楽器が鳴り響くような、やや高めの張りのある歌声であります。
戸を押し開くと、薄暗い地下の、たばこの煙たちのぼる向こうに、巨体をくねらせるようにモータウンっぽい甘いラブソングを歌っているTeacherがおりました。

200706252204000
じつは、nikkou、ソウルやブルースはあまり詳しくないのですが、
それでも、いっとき、あるソウルバンドにはまったことがありました。
ゴスペル仲間が組んでいたThe Basementsというグループで、まあ、こっぱずかしいのを覚悟で告白しますが、歌っていた男子三人組のみ目麗しさが目当てでありました。
おかげで、The TemptationsとかThe Stylisticsといったゴスペル以外のブラックミュージックを知るにいたるのであります。

D111996978
稲荷町食堂ブルースバンドのホームページを見てみると、Teacherが、The Temptationsのリード・ヴォーカリスト、アリ・オリー・ウッドスンに命じられてThe TemptationsをバックにSomeone歌ったことがある、って書いてあるんだけれど、The Temptationsって、あの「マイ・ガール」(左図)のサントラの!?と目を疑った。
灯台もと暗し。
濃ゆめのゴスペルをマニアックなレベルで知っているのもかくゆえか。

さて、稲荷町食堂ブルースバンドでありますが、The Basementsと比べるまでもなく、ビジュアル的ではないけれど(失礼!)、大人のバンドの凄味というか、重みただよう、大人のソウルでありました。
苦い短編小説のような、あるいは切ない失恋の歌をつぎつぎ歌いたおしながら、
独特のリズムのMC(語り)をはさみつつ、
Teacher、じつに自然な流れで、
しかし突然、客席に問いました。
「So, what do you think about Jesus?」(で、きみたち、イエスのこと、どう思う?)
ん? 今Jesusって言った?
とnikkou、ぽかーんとしていると、すかさずTeacher
「He is Goooooooooood !!」
わお、ここはブラックソウルちっくに、エイメーンッ!だろうか、と突然のゴスペルモードにあわてていると、
フロアーから、「Yeah!」と、渋~いおじさんたちの熱いコールが。
「He is Goooooooooood !!」「Yeah!」
「He is Goooooooooood !!」「Yeah!」
そして始まったのがお得意のナンバー「Jesus Gave Me Water」(イエスはわたしにいのちの水をくださった)
教会のクリスマス会で、ちびっこを前に奥さんとデュエットしてくれる素朴なアカペラ・バージョンではなく、
コテコテのブラックソウル味、Ah------------!というシャウトも絶妙で、これがゴスペルライブだったら、nikkou間違いなく立ち上がってAme-----n ! Hallelujah!って叫んでいるね。
…ではありますが、ここはまず周囲の空気優先のニッポン人女子、ロマンスグレーの大人にまじって、精一杯の拍手をおくったのでありました。

胸元に大きな十字架をきらめかせつつ歌うソウルシンガー牧師、みなさま必聴、必見です。
次回の東京でのライブは2007年9月23日 (日) 都営新宿線瑞江駅 HOTコロッケにて。詳細はホームページでどうぞ。

そして、突然ですが、川崎リトル・ライト・シンガーズのライブも決定いたしました。

10月14日(日) 午後2時~3時半予定
川崎教会にて

Teacherはもちろん、
nikkouのワン・オブ・ザ・ベスト、武義和さん(小国フォルケホイスコーレ代表)をゲストにお招きすることができました。武さん、ありがとう!!
豪華なライブになりそうです。

リトルライトのほうは、最近、集まりが悪く、ときにはnikkouひとりぽっちの哀しいリハになることも多いのですが、めげすに、ライブにむけて、改めてメンバー募集したいと思います。ホームページも近日公開予定。
こんな不安定な状況で、よくやるよなあ、と、我ながらあきれつつも、リトルライトはまだまだつぶれない、という確信めいたものがある今日この頃。
だって、みんなと歌うと、やっぱり楽しいもんね。
そう言うのはnikkouだけじゃない。
喜びのあるクワイアーは、決してつぶれない。

ヒルティいうところの、感激と熱狂、そして相当の冷静さと常識。
くわえて、喜び。
歌って楽しいということは、神様が、十分祝福してくれているからと信じる。
みなさま応援してください。

| | Comments (4)

June 21, 2007

敬虔、ということば

『眠られぬ夜のために』
第一部
「6月15日
弱い信仰でも、信仰がないよりははるかに結構なことである。
ほんのわずかでも信仰の火花が残っていたら、それを絶やさないようにせよ。
そうすれば、それをまた吹き起こすのは、容易である。
ところが、最初からまた火を作るとなると、なかなか困難な仕事である。…(以下略)」

(筑摩叢書:前田敬作訳)

ここ半年に、2度ほど、nikkouのことを文章で紹介していただく機会があった。
そのどちらも、nikkouのことを「敬虔なクリスチャン」「敬虔な信者」と書いてあった。
それを読んだ、nikkouを知らない人は、どんな女を思い浮かべるんだろうな。
…と思って、はた、と気づいた。
クリスチャン同士で、相手のことを「敬虔な人」って紹介するのって、皆無じゃないすか?
逆に「あの方はケーケンだ」という時って、いささかの揶揄を含んでいたりする。
優等生ぶっているよね、みたいな。
nikkouだけか?
そういえば、nikkouの相方は、クリスチャンの友人に、
nikkouのことを「敬虔じゃないけれど、ホンモノのクリスチャン」と紹介してたから、相方も、あんまり「敬虔」にいい印象を持っていないんだなあ、と思った。

他の宗教の場合はどうなんだろう。
敬虔な仏教徒とか、敬虔な天理教徒とか、敬虔な創価学会員とかってお互いに言うんだろうか。

ちなみに、クリスチャン同士で、この人は素晴しい信仰を持っている、ということを紹介するときの言葉は、実にバリエーションに富んでいる。

一番よく聞くのが「熱心なクリスチャン」。
若い世代だと、「熱い」が多い気がする。
「なんとか先生のメッセージは熱い」とか「まりりんの賛美はいつも熱い」とか。
単に「熱い男」とか「熱いクリスチャン」とも言う。
「篤い」の字は使わないですね、なぜか。

「深い」ってのもあった。
「ドニー・マクラーキン、深い…」というふうに。

「あの人は、まっすぐだ」というのも聞いたことがある。
「関根先生って、まっすぐだなあ」とか。
まっすぐなクリスチャン。麦の穂、ってイメージですね。いいなあ。

「喜びにあふれてるクリスチャン」というのも聞く。
これはnikkouもよく使うし、nikkouについてそういってくれる人もいる。

「わかっている人」も聞いたことがある。
「吉村さんって福音をわかってる人だなって感じだよね」とか。

「●●先生は、僕には、ワン・オブ・ザ・ベストだな」というのを聞いて、
nikkou的に、すごくいいなあ、と思ったので、以来、頻用している。
「武さんは、nikkouのクリスチャンフレンドのワン・オブ・ザ・ベスト」とか。
あんまり使うとベストじゃなくなるか。

そういえば、先日、久遠ゴスペルクワイアーのリハーサルの帰り、一緒になった女の子が、
「えっちゃんのディレク(指揮)って気持ちいいい」とずっと言い続けていた。
この子はずっと、ヤ●●音楽教室のゴスペル教室に通っていたのだけれど、
そこでは、「Oh Lord」(主なる神よ)「Jesus I Love You」(イエス様、愛してます)と歌いながら、「ぜったい私たちはクリスチャンにはならない!」という熱意(!?)にあふれていて、疲れた、と言っていた。
だから、歌詞と信仰とが自然に一体になっているえっちゃんのディレクション(指揮)が、とても「気持ちよかった」のだそうだ。気持ちいいクリスチャン。

「敬虔」ということばは、どこから来ているんだろう。
仏教かな。
だからか、とても静かなイメージがある。
でも、クリスチャンは静かな人ばかりじゃないので、
つい、あの人は確かに信仰を持っているけど「敬虔」ってイメージじゃない、って思っちゃうんだろうか。

ま、でも別に、「敬虔な」と言われるのがいや、というのではなく、
ふと、気づいただけなので、
nikkouを「敬虔な」と言ってくださった方は、どうぞお気を悪くなさらないでくださいませ。

| | Comments (4)

« May 2007 | Main | July 2007 »