« 時事問題と聖書 | Main | 川崎Little Light Singersコンサート »

August 10, 2007

「異端」と呼ばれる宗教のこと

『眠られぬ夜のために』第一部

「8月5日
ペシミストたちを言葉で改宗させようなどと、むだな骨折りをしてはならない。

人間の考え方を変えさせるのは、神にのみできることであって、われわれのなしうることではない。」
(筑摩叢書:前田敬作訳)

200708090956000
暑いですねー。東京も夏空。
さて、最近、nikkouたちの家に、キリスト教の「異端」と呼ばれる宗教のひとつの方が尋ねてくるようになった。かならず二人組みでやってきて、その宗教の機関紙を置いていく。
玄関先でちょっと話してみたが、穏やかで品がよく、いつも微笑みを絶やさず、話す範囲においては、さほど「異端」性は感じられない。
なもんで、思わず直球できいてしまった。
「なぜ、あなたたちは“異端”って言われてるんですか?」
するとふたりは、困ったような微笑を浮かべて顔を見合わせていたが、やがて「三位一体を認めないんです」と言った。…ふむ、なるほど。たしかに「三位一体」というのは、なかなか腑に落ちないものである。nikkouも、ただなんとなく、そんなもんかと思っているくらいである。
でも、それだけで「異端」? 三位一体がわからない、ということは「正統」と呼ばれるプロテスタントのクリスチャンにもよくあることのような気がするけれど。

で、彼らがおいていった機関紙をぱらぱら見てみた。
こりゃまた、えらく字義通りな解釈をしたもんだなあ、という箇所があるにはあったけれど、まあ、そういう考え方をする人がいても、いいんじゃない、くらいに思っていた。

そのまま、彼らのことは忘れていたのだけれど、先日、御茶ノ水クリスチャンセンターに寄ったので、ついでに、彼らのことを研究した本を買い、ひといきに読んだ。
読みながら、鳥肌が立った。これが本当だったら、たしかに、問題だと思う。

本によると、彼らの心の中心にあるのは、神の愛ではない、という。
“終末”への恐怖だ。
そして、その恐怖が、信者の行動や感情を様々に縛っている。
あの「微笑」さえ、いつも「笑顔」でいなければ、いつか来るべき終末のときに、裁かれてしまうからだという。
彼らは、「そのままでいいよ、だなんて、ほかのだれでもないイエス様が言ってくれた」(Lyre)という読み方はしないのか。

415mfjeknfl__aa240_
nikkouも「終末」は信じているけれど、恐怖の対象ではない。
昨日も、シャローム・ゴスペル・クワイアーの練習で、「いつか世の終わりがきて、パラダイスが訪れる。そのときあなた(神様)は、わたしの顔を見て、『よくやった』と言ってくれる」(カーク・フランクリン“My life, my love, my all”)という歌を、気持ちよーく歌って、元気になって帰ってきた。

彼らは、「恐怖」から救われるには、入会することだ、と信じている。入会すると「恐怖」を植えつけられる。堂々巡りだ。
もちろん、本はやや極端な例を挙げているんだろう、と思う。
nikkouの周囲にも、以前この団体にいて、今はキリスト教会に通っているという人たちが何人かいるけれど、
“洗脳からの解放”とか“脱出”というほどのおどろおどろしさは感じられない。
nikkouの家にやってくる彼らが、そこまで深い「恐怖」にとらわれていないといいんだけれど。

本を読むかぎり、もともとキリスト教に興味があった人が「無料で聖書の勉強会が受けられます」と言われてついていってしまう、ということも多いらしい。
あるいは、近所の教会に行ってみたが、よそよそしくってなじめなかった人とか。
と、いうことは、私たちの礼拝をのぞきにきて、居心地が悪くて途中で帰っちゃった、という人が、のみ込まれてしまう可能性だってあるんだ。

教会の“居心地”をどこに求めるか、というのは人それぞれだし、万人の要求にこたえられる教会ってのは、どこにもないと思う。だから、いろんな教派があるというのは、人間の個性を尊重するという意味で、とてもいいことだ、と強く思う。
この「異端」対策で、なにがいけないって、「情報不足」ってことじゃないかなあ、と思うよ。
聖書に興味があるけれど、周囲にあまりクリスチャンがいない、という人たちに、
教会はどこも一緒じゃないし、答えはすぐ与えられるものじゃない、ということが、あまり知られていない。
そして、「あれ、この人たちの聖書の話、なんか違うんじゃないかな」と思っても、だれに聞いていいかわからない。
ネット社会になって、クリスチャンのブログやホームページが盛んになってきた近年、すこしでも、情報が広がればいいな、と思う。
nikkouのブログも、どうか、用いられますように。

|

« 時事問題と聖書 | Main | 川崎Little Light Singersコンサート »

「5 宗教」カテゴリの記事

Comments

iyo iyo ITAN ni itari mashi ta ne. Sugiyama

Posted by: sugiyama k | August 12, 2007 at 06:07 PM

>杉祖父

「異端」って言い方もね、なんだかねー、だけど。
「カルト」というほうが、正確な気もする。

Posted by: nikkou | August 12, 2007 at 10:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 時事問題と聖書 | Main | 川崎Little Light Singersコンサート »