« As the Deer(鹿のように) | Main | 思いわずらうもんか »

August 30, 2007

ハングルの賛美はスウィート

Above All
十字架にかかられて死なれた
薔薇のように 孤独で踏みつけられても
私を思ってくださった…
十字架で背負われた 私の罪のすべて
ありがとう誰にもまさって私を愛してくださって…


9月17日(月・祝)、久遠Nu Praiseゴスペルクワイアーに、
韓国より「トリニティ・ワーシップチーム」を迎え、
ゴスペルコンサートを行います。

9月17日(月・祝)

午後4時半開場

午後5時開演

入場無料(席上献金あり)

場所:久遠教会

出演:トリニティ・ワーシップ・チーム

アン・ソンジン

パク・ヨハン

ユ・ウンソン

ジュリ

Tokyo Voice of Praide
Great Joy Gospel Choir
Kuon Nu Praise Gospel Choir

Piano 原美由紀

メッセージ 吉田moTomu師

An3_1
nikkouも歌います。ハングルで歌います。
ぜひ、聴きにいらしてください。
(写真は、「アン様」こと、アン・ソンジン)

現在、久遠Nu Praiseでは、コンサートにむけての練習が佳境を迎えております。
nikkouもトリニティのCDを聴く毎日。
しかし、韓国の賛美ってのは、スウィートですなあ。
韓流ドラマのクライマックス・シーンでバックに流れていても、きっと、まったく違和感がないよ。
歌い方にせよ、節回しにせよ、ハングルの響きにせよ、
なんとも、切ない感じ。
これはなんでしょねー。

黒人ゴスペルクワイアーが来日すると、コンサートの宣伝文句は、たいがい「魂をゆさぶる歌声」とか「魂にひびくリズム」となる。
ヨーロッパ系の聖歌隊が来日すると、それが「心洗われる歌声」とか「清らかなハーモニー」とかになります。
韓国系賛美の場合、「胸がときめく」「心が震える」なんてのがいいんじゃないかと思うね。
最近、胸がきゅんとしてない、という方は必聴です。

しかも、nikkouは手話賛美までやります。
ハングルで歌い、日本語で歌い、さらには英語もまじるだろう、というコンサートなので、
訳のほかに、サイン・ダンスみたいなのがあったほうが、分かりやすいんじゃないか、ということになったわけ。
サイン・ダンスってのは、黒人教会でよく見かける、賛美をモチーフにしたダンスなのだけど、
まあ、そこまではいかなくても、手話があると、たしかに、外国語で歌われていても、分かりやすいように思います。

昨夜は、「風の音」のリハ日だったのですが、
早めに行って、先生のTさんに、nikkouの手話賛美を見てもらいました。
手話で歌詞を追ってみると、あらためて、もう、むひょむひょのスウィートさ。
イエスキリストを「踏みにじられた薔薇のように」なんて表現しちゃいますからね。
日本語の賛美じゃあこのフレーズは出てこないね。
素敵です。
「薔薇」という手話も素敵です。
聴くのみならず、見にいらしてください。ぜひ。

|

« As the Deer(鹿のように) | Main | 思いわずらうもんか »

「4 ゴスペル」カテゴリの記事

Comments

その「バラのように」という歌詞がなんだか「照れくさくて」(笑)、うちの教会では別訳で『Above All』を歌ってます。情の深い韓国の方が歌われたら、すんなりハマる感じですね。
私も手話の賛美を勉強中ですが、歌詞を追うのが精一杯で、曲の持つ雰囲気を手話で表現するまでは至ってません(-_-;)会場が近かったら、ぜひとも行きたかったです☆

Posted by: 浮舟 | September 04, 2007 at 09:23 PM

>浮舟さん

わかるぞ。わかるぞ、その「照れ」。
じつは英語の「I Love you Lord」を「主よ愛してます」って訳して歌うのも、
最初はためらいがあった。
韓国でキリスト教が浸透した理由の一つは、その「情」だろうか、とも思う今日この頃。

浮舟さんも手話勉強中ですかー。
ぜひ一度、ご一緒に讃美したいです。

Posted by: nikkou | September 04, 2007 at 10:06 PM

 失礼いたします  
  「 心の病い・勝利法則」 のご案内です 
        ご笑覧ください。
     http://www4.ocn.ne.jp/~kokoro/

Posted by:  安達三郎 | September 05, 2007 at 04:07 PM

↑む、これはスパム・コメントだな。
検索してみたら、精神的な話、宗教的な話をしているブログによくついている。
ということは、機械的につけているのではなく
一応、人格をもった存在がつけて回っているということでしょうか。
すごいなあ。

Posted by: nikkou | September 06, 2007 at 12:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« As the Deer(鹿のように) | Main | 思いわずらうもんか »