« Joyful Noise Singers | Main | ミャンマーのために祈ろう »

September 22, 2007

トリニティ&久遠Nu Praise ゴスペルコンサート

主があなたに成し遂げるみざわに 期待してる
チュニ ムニトゲ ケウェカシニル ムルトゲ ハシム キデヘ

Dscn0505_3

17日(月)、トリニティ・久遠Nu Praiseゴスペルコンサート、無事終わりました。
今思い出しても胸ときめく、素晴しいコンサートでした。

コンサートのため来日したのは、アン・ソンジンさん、パク・ヨハンさん、ジュリさん、ユ・ウンソンさんの4名。
韓国ではトップアーティストの部類に入るそうです。

コンサート前、クワイアーで軽くリハーサルをしていると、彼らが到着。
歌っている最中だったので、横目でそっとみると、礼拝堂の後ろに静かに腰掛けるなり、それぞれが、一瞬、頭を垂れてじっとしている様子が見えました。
おそらく、それぞれで祈っていたのだと思います。

やがて、私たちが歌い終わるや否や、笑顔で立ち上がって、一緒に讃美。
仄聞するところでは、経済発展の著しい最近の韓国では、反日感情はだいぶ薄まっているそうで、たまちゃんのブログでも「いつまでも日本が韓国にしてきた罪を許さずにいる私たち(韓国人)の罪を謝罪します。」という韓国のクリスチャンの方々が紹介されていました。
日本人からは「罪を赦さない罪」なんて絶対言っちゃいけないせりふですが、
それでも不思議なことに、「赦し」の前では素直な謝罪の思いが湧いてくるというのも、事実であります。

Dscn0497
コンサートでは、Oh Happy Dayなどのブラック・ゴスペルもありましたが、おおかた韓国オリジナルの讃美。字幕も出ました。ストレートに神への愛の表明をした歌や、「父なる神」の父のイメージがじつに豊かな物語性を帯びているというか、具体的に描かれているように感じる歌などが多く、韓国の讃美は、感情表現が非常に豊かであるように思います。

とくにnikkouは、「期待(キデ)」という歌が好き。

主イエスにあって われらひとつ
姿は別々でも 互いに愛し はげましあい あたたかく包みあおう
主がわれらと一緒だから 兄弟の心を感じる
君のうちに 主を見る
喜んでいる 主を


主がわれらを出会わせて 足りない唇に讃美をくれた
主があなたに成し遂げるみわざに 期待してる

この歌は、日本のクワイアーも、一生懸命覚えたハングルで一緒に讃美しました。
この歌が本当なら、
生まれた国が違っても、互いのうちに主をみることができるのなら、
主が目の前にいる人にみわざを成し遂げようとしている、ということを期待することができるのなら、
決して、世に争いは起こりえない。
というか、相手を損なうことは、主のみわざを押し留めることなので、神への冒涜なんだろうと思います。
主があなたになしとげるみわざに期待してる…うまいことを言ったものです。

Dscn0539_2
nikkouは、アンソンジンさんの後ろで手話讃美をしておりました。
コンサート後のパーティで、アンさんに「チュワ、Good」(手話、よかったよ、という感じ?)とほめてもらったので、
おぼつかない英語でもって、「韓国に行った時、同じ手話を、教会で見ましたよ」ということを言ってみたところ、「本当?」とおどろいて、それから、ぎゅっと肩をハグしてくれました。言葉でうまく伝えられなくても、親愛の情はあふれんばかりに伝わりました。
コンサート後のパーティでは、浴衣をプレゼント。
男物は、nikkouのセレクトです。

コンサート後ではありますが、ハングルのテキストを購入。遅ればせながら、好きになってしまいそうです、韓国(…ではなく、アン様?)。

|

« Joyful Noise Singers | Main | ミャンマーのために祈ろう »

「4 ゴスペル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/16512014

Listed below are links to weblogs that reference トリニティ&久遠Nu Praise ゴスペルコンサート:

» 献身・・・トリニティーのスピリット [Tama’s ゴスペラー日記]
 Motion Blueの余韻も冷めぬうちにやって来た9月21日。我が中央福音教会に韓国からトップアーティストたちがやって来ました。以前から予告していた「トリニティー」の皆さんです。 [Read More]

Tracked on September 25, 2007 at 11:05 AM

« Joyful Noise Singers | Main | ミャンマーのために祈ろう »