« November 2007 | Main | January 2008 »

December 27, 2007

クリスマスページェント(降誕劇)の思い出

みなさんは、「クリスマスは、イエス・キリストのお誕生をお祝いする日だよ」ということを知ったのは、
いつごろでしょうか。
nikkouは、5歳でした。

忘れもしない、幼稚園のすみれ組でのこと。
クリスマスも近づいたある日、「クリスマスはなんの日ですか。」と、われらがカネヒラせんせいが、聞いたのでした。
…なんの日もなにも、と5歳児nikkou、思いました。
クリスマスはクリスマスでしょうよ。
なんの日って、どういうことよ?

と、そのとき、さらさちゃん、という女の子が、ささやきました。
「イエスさまがおうまれになった日。」
…えっ……、ええええええーーっ!
と5歳児nikkou、飛び上がらんばかりに驚きました。
nikkouの家系は、両親とも何代遡ってもキリスト教とはなんの関わりもないのですが、
幼稚園は、地元のミッション系幼稚園でありました。
そのため、「イエスさま」という名前だけは、5歳児nikkouのやわらか~い頭にしっかり刷り込まれていたのでした。

カネヒラせんせい、にっこりして、「さらさちゃん、もう一回、みんなに大きい声でおしえてあげて」と促しました。
さらさちゃん、たちあがって、もじもじしながら、
こんどははっきりした声で、「イエスさまがおうまれになった日」。
ふえ~っとnikkou息をのみました。
な、なぜ、さらさちゃんが、そんな重大なことを知っているんだ!
と、実はそのことにも激しく衝撃を受けていたのでした。
さらさちゃんは、早生まれで、なにをするにもトロくて、いちばん小さくって、弱弱しくって
頑丈だった5歳児nikkou、心ひそかに軽蔑していたのでした。
その前後、幼稚園ライフのどのシーンを思い出しても、さらさちゃんの記憶はなく、
ただ、このシーンだけは、
驚きも鮮明に、記憶に残っています。

ちなみに、幼稚園のクリスマス・ページェントでnikkouが演じたのは、
「マリアとヨセフの宿泊を断る宿屋のおかみさん」です。
というと、だれもが「似合う~」という。
なぜだ。
だんな役は、やぎゅうともや君。
青っぱなを、鼻の穴からびろーーんとたらして、床すれすれまでのばし、ぶんぶん振る、という見事な芸で、
クラスの男子の尊敬を一身に浴びてた屈強な5歳児でした。
でも、nikkouが好きだったのは、ながいらいた君。
彼もぶんぶん回る5歳児でしたが、回るのは青っぱなではなく、
鉄棒の前回り。
足を地面につけずに何回転も華麗にくるくると回って、するっと降りるなり、青ではなく、赤い鼻血をてろっと出して、
「あ。せんせい、はなぢ。」とつぶやくのが、
nikkouには、たまらなくツボでした。
でも、なぜか、ながいらいた君と宿屋の夫婦を演じる夢は叶わなかったのでした。
(しかも、マリアとヨセフではなく、宿屋の夫婦を夢見るところが、5歳児にして、どこか現実的であります。)

そんな話をつらつら、相方にすると、「なんでそんなこと覚えてんの!?」と驚かれました。
楽しかったんじゃない?

51r1gaanfwl__aa240_
自分へのクリスマスプレゼントに、
「スタディバイブル」を買うことにしました。
来年、また通読するんだ。

| | Comments (2)

December 26, 2007

Merry Christmas

今年も、川崎教会のクリスマス会は、ささやかで、あたたかな会でした。
リトルライトの讃美も、クリスマスのよろこびをせいいっぱい歌えたように思います。
リトライ・メンバーの家族の方たちもいらっしゃって、楽しいひと時でした。

今年は、いつもより子供たちが少なかったのが、ちょっとさびしかったけど。
例年は23日にクリスマス会をするのですが、
今年は、祝日が24日に重なったので、24日、まさにクリスマス・イブにクリスマス会となったのです。
そうすると、子供たちは、おうちで家族とクリスマスを祝うので、教会には来ないんだそうです。
それはそれで、幸せなことよね。
nikkouも、クリスマスが近づくと幸せな気持ちになるのは、家族と祝った幸せな思い出があるせいだと思う。

25日が過ぎると、街はお正月一色になる。
今度のお正月は、nikkou31年生きてきて、生まれて初めて、初詣に行かない年になりそうです。
nikkouの実家は、毎年、運動不足解消を兼ねて、5~6軒の神社を掛け持ちで歩いてお参りする習慣がありました。
今年から始まったnikkouと相方のHomeに、そういう習慣はなさそうです。
そのかわりと言っちゃなんだけど、「元日礼拝なんてのはないの?」と牧師に聞いたら、
「20~30年前はやってたんだけどね」とのこと。
「当時は、ファミリーでクリスチャン、という人たちが多かったから。」
今の川崎教会は、子供たちが巣立ってひとりか夫婦で礼拝に参加する年配の方が中心、
そして、クリスマス会には、併設する英語学校の子供たちが集まる、
子供とお年寄り中心の教会になっている。
だから、お正月は、家族がクリスチャンじゃない子供たちはなかなか礼拝に出られないし、年配の方も、それぞれのおうちで礼拝したい、という人のほうが多くなった。
「また、ファミリーが多くなったら、再開しよう。」と牧師。
でも、若い人が少ないからがんばって集めよう!とは思っていないようだ。
教会のために、人々がいるのではなく、人々が集まって教会なのだから、
そして、「教会には、時があるから」だそうだ。
ファミリーの時、お年寄りと子供の時、若者の時。
それぞれ、とても大切。
「たぶん、すぐ、ファミリーの時が来ると思うし。」ともいう。
実際、ゴスペルを通じて、じわじわと2,30代の人たちが教会に集いはじめ、最近は、教会の中で新しいカップルが生まれた。
それぞれの「時」を主が祝福してくださることに、感謝。

さて、nikkouの相方との、新しいファミリーは、どんなふうにお正月を過ごそう。

| | Comments (0)

December 23, 2007

トラメイン・ホーキンス ゴスペルコンサート

20071222_flier_2

昨夜は、トラメインホーキンスのゴスペルコンサートでした。
とりいそぎ、ご報告だけ。

トラメインホーキンスについては、「久遠Nu Praise」ホームページを引用します。

アメリカゴスペル界の偉大なボーカリストの1人レディ・トラメイン・ホーキンスは 1968年に、「Oh, Happy Day」のエドウィン・ホーキンズ・シンガーズに加わり、 ウォルター・ホーキンズ&ラブセンタークワイアのアルバム「Love Alive 」シリーズや 70.80年代のホーキンスファミリーのリードヴォーカリストとして一躍有名になった。

また、ソロアルバムもヒットを重ね、"Fall Down (Spirit of Love)"は初めてダンスチャートで
ゴスペルソングがチャートインし、今日のコンテンポラリーゴスペルリズムのドアを開くきっかけとなった。
2つのグラミー賞、2つのDove賞と2つのCommunications Excellence to Black Audiences (CEBA)賞 を
獲得し、1999年には、インターナショナル・ゴスペル・ミュージック栄誉殿堂入りを果たした。
2007年、世界のトップアーティストを擁するZomba Recordsから9枚目となるソロアルバム
「I Never Lost My Praise」をリリース。
2007年クリスマス、初のジャパンツアーとボーカルワークショップを行う

Dscn0678
今回、初来日となるトラメイン、ピアニストさんが飛行機に乗り遅れるなり、連絡がつかなくなる、というハプニングに見舞われ、どうなることやら!と驚きましたら、われらがディレクターのえっちゃんいわく「コンサートのことは全然心配してないの。だって、ゴスペルコンサートでしょ、神様がどうにかしてくださるし。
(実際、われらがピアニスト、みゆきちゃん、piano Kojiさんの活躍で、すばらしい伴奏がつきました。)
だから、わたしたちが祈るべきなのは、ピアニストさんの安全と、トラメインがきっとナーバスになっていると思うから、その心の平安」
ふむ。なるほど、であります。
(その後、無事、ピアニストさんとは連絡がつき、昨夜、無事来日とのこと。)

さて、リハーサルに現れたトラメイン、「ナーバスになっている」と思われておりましたが、どっこい、たいへん落ち着いている様子、華やかで、キュートで、そして、聞きしに勝る、すばらしい「天使のソプラノ」でありました。
nikkou、「hu~~~~~~~~~」という声だけで、鳥肌が立ったのは初めてであります。
オペラのきーんと響くソプラノとはまったく違う、玉を転がすような、とか、絹のような、という陳腐なたとえが、本当にそうとしか言えないような、まろやかで、なめらかな高音、
それが、どこにも力みがない、華やかな笑顔とともに、ふんわり響くのであります。

コンサートでは、「Amazing Grace(アメージンググレイス)」
「Jesus oh what a wonderful child(イエス、なんて素敵な子・クリスマスソングです)」の2曲と、
ふいに思いついた、とかで「Can't nobody do me like Jesus(イエス様ほどのことをしてくれた人はだれもいない)」(リハーサルもなかったけれど、突然!奏楽のふたりも、クワイアーも、トラメインの賛美の波にのまれて、元気に賛美!)
そして、クワイアーとともに、
「I never lost my praise(私は讃美だけは失わなかった)」
「 Oh happy day(オーハッピーデイ)」
「Changed(私は変えられた)」の3曲を賛美しました。

美しいのみならず、
「わたしは、エンターテイメントとしては歌いません、
神様のため、
そしてみなさんに、神様のことをお伝えするためだけに歌います」
と言うように、
地に足のついた、深い深い讃美に、
nikkou、生まれて初めて、舞台上で、嗚咽をこらえるという経験をしました。
あんなにも素晴らしい「Amazing Grace」、一生忘れません。

| | Comments (2)

December 18, 2007

クリスマスイブは教会でゴスペルを

みなさま、ご無沙汰しておりました。
いよいよ、クリスマスです!

川崎リトル・ライト・シンガーズのクリスマスキャロルを聴きたい、という方、ぜひ川崎教会へおいでください。

*高田英語学園、日本キリスト会川崎教会のクリスマス・イヴの集い
12月24日(月)5:00p.m.~6:45頃

楽しいクリスマス・イヴの集いです。内容は、キャンドル・サーヴィス、クリスマスの讃美歌とミニ・コンサート、お話し、お祈り、そしてティー・タイムです。
ご家族の皆さん、お友達もどうぞご一緒に!!

+日本キリスト会川崎教会 川崎市川崎区本町1-4-13

JR川崎駅下車徒歩12分、
川崎地下街アゼリア39番出口より徒歩7分
京急川崎駅下車徒歩7分

リトルライトは
☆Go tell it on the mountain(世界に告げよ・古い黒人霊歌)
☆Oh holy night (さやかに星はきらめき・讃美歌)
☆おひさまのうた (ハイジの賛美歌)
☆We wish you a merry Christmas (ウィ ウィッシュ ユー ア メリークリスマス・子供のためのクリスマスキャロル)
4曲を歌います。

この日は、ほかにも素敵なクリスマスソングがたくさん聴けて歌えます。
nikkouのおすすめは、牧師の奥さんとお友達のトリオ。
某キリスト教系女子大時代に結成、
学長のA・献先生も大ファンだったという名トリオが、川崎教会のクリスマス限定で復活します。
歌が上手なのはもちろん、温かくやわらかく、喜びにあふれた素晴らしいトリオです。

23日には、クリスマス礼拝もあります。(10:30~)


クリスマスはいちゃいちゃする日ではありませーーーーんっ! (←nikkouがオアシスゴスペルクワイアに所属していたとき、ディレクターのひろこちゃんが、クリスマスリハーサルで絶叫した名セリフ。ちゃんと録音を採ってあります。)
そして、2億円のクリスマスツリーをめでる日でもありませーーーんっ

川崎教会のクリスマスイブはちいさな赤ちゃんから、お年寄りまで、
小さな小さなろうそくの火を囲んで、
「イエス・キリストが生まれてくださってよかったね~」としみじみ喜ぶ、こころがほっとするひとときです。
ぜひ、おいでください。

| | Comments (4)

« November 2007 | Main | January 2008 »