« 働きマン! | Main | 聖書の読み方 »

January 29, 2008

パラサイヨ・ゴスペル2008年

5612810045qz3

1月26日(土)、フィリピンの孤児院のためのパラサイヨゴスペルコンサート、無事終了しました。

Photo by NOG

お客さんは、8割9割がノン・クリスチャン、もしくはゴスペルを初めて聴く人、と聞いておりましたが、なるほど、そうなんだろうな、と舞台上で客席を眺めつつ思いました。

5512810045qz2 というのも、

ゴスペルファンの多いコンサートでは、歌が盛り上がると

クラシックの「ブラボー」にあたる場所で「ハレルヤ!」(ヘブライ語で「主を讃美せよ」という意味)の声があがり、

ゴスペルファンでなくとも、クリスチャンの多いコンサートでは、

リーダーがスピーチをすると、「アーメン」(ヘブライ語で「そのとおり!」という意味)の声が、大きく小さくあがったり、拍手がおこったりするものですが、

今回は、とても静かな雰囲気だったのでした。

しかし、それは決して悪い雰囲気ではなく、

むしろ、キリスト教というモノの考え方、ゴスペルという歌に、

興味深く耳を傾けている空気が、ひしひしと伝わってきたのでした。

521290334qz7後半のワークショップ(客席参加)では、

みんなで大きな声で、「shake the foundation(地面を揺らせ)」と「大切な人」を歌いました。

リーダーのまりりんも、

ゴスペルファンの多いコンサートと違って、慎重に言葉を選びつつ、

「むかし、ふたりの男の人が、なにか犯罪をしたわけでもないのに、捕まって牢屋にいれられました。みなさんはどうしますか? 鍵を盗んで、脱獄する? でも、ふたりは、そうしなかった。なんと、歌ったんです。すると、地震が起きて、鎖は解け、牢屋から逃げられたのです。そんなお話を基にした歌です。」

と、噛んで含めるように解説。

そう、聖書に親しんでいる人ならよく知っている、パウロとシラスの話であります。

こういうコンサート、必要だなあと、つくづく思いました。5412810045qz1

ゴスペルファンではないけれど、ゴスペルに興味があるという人が、いきなりディープなコンサートに行き、「ハレルヤ!」の洪水に飲み込まれると、取り残されたような、寂しい気持ちになることもあるでしょう。また、歌うほうも、ゴスペルファンだけ、クリスチャンだけ固まっていたら、視野が狭くなっちゃいそうです。ディープなコンサート、nikkouは個人的には大好きだけどね。でも、裾野を広げていくためには、いろんなコンサートが企画されてしかるべきだと思いました。

今回のコンサートで、ゴスペルを歌いたくなった方、ぜひ、一緒に歌いましょう。本当にいろ~んな個性のクワイアーがあるので、ぜひ、好きなクワイアーを見つけて仲間になってください。

写真で羽織っているのは、フィリピンの孤児院の子どもたちが作ってくれたショール。

子どもたちが歌う人全員のために100枚以上も作ってくれました。

チャリティによって一方的な施しを受けるのでなく、子どもたち自身も何かの形でコンサートに参加して、それによってお金を得る、という形が、彼らの尊厳のためには、とても重要なことなのだそうです。

ご覧の通り、本当に美しい、素晴しいショールです。

|

« 働きマン! | Main | 聖書の読み方 »

「4 ゴスペル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 働きマン! | Main | 聖書の読み方 »