« あなたもそこにいたのか? | Main | というわけで、久遠から帰りました »

March 29, 2008

Come to Jesus 発売記念ライブ

東京では、桜が満開。思わず、メグ&ピアノ・コージの新曲「喜び叫べ」を口ずさんでしまいました。
「全地よ、主にむかい、喜び叫べ! 聖なる御名を、ほめた・た・え・よ!」
まさに、そんな感じ。

Mpk001 3月23日、イースターの午後、久遠教会にて、この曲を収録したメグ&コージ夫妻の新CD記念ライブがありました。
nikkouがゴスペルを始めたのは、コージさんがピアノを弾いていたクワイアー。ゴスペルの楽しさを始め、とかく多くを学ばされてきたおふたりです。

COME to JESUS/Meg&Piano Koji with New Vision Singers
曲目…1 overture-Come To Jesus 2 喜び叫べ 3 みことばに生きる 4 あなたの愛で 5 Thank you Lord 6 出来る! 7 あなたを愛します 8 新しいちから 9 愛する君へ 10 Come to Jesus

Dscn0710 ライブでは、CDに出演したSingersほぼ勢ぞろいでした。
Singersは皆、各地でクワイアーのディレクター(指揮者)をしている実力者ぞろい。抜きんでた歌唱力を誇る人々です。
歌唱力のみならず、何よりも、ゴスペルの歌詞をとても丁寧に歌う人たちだ、と感じました。
明瞭な発音や、聴きやすい強弱、一致したハーモニー…、「伝える」という意識がとても高いグループならではの表現力ですね。

コージさんもゴスペルを通じてクリスチャンになった一人。
現在も、芸能界で華やかに活躍するプロのピアニストですが、ゴスペルを通じてクリスチャンになった当初からしばらくは、「讃美は英語だ!」と思っていたそうです。
日本語讃美なんて、ダサい! そんなもの、歌いたくないし作りもしない! …と。
ところが、今回のCDはもちろん、前回のCD「JOY」も、すべて日本語歌詞。メグさんが作詞したものもあるけれど、コージさん作詞の歌もたくさんあります。
今回のライブで、コージさんは、なぜ日本語詞を作り始めたか、というお話をしてくれました。

きっかけは、あるときコージさんのもとに、ゴスペルを歌いにきたある女の子だったそうです。
深く心を病み、自殺未遂を繰り返していた、という彼女の心の重荷に触れ、コージさん、ひそかに泣かずにはいられなかった、と言います。

この子は、こんなにも一生懸命ゴスペルを歌い、主を讃美しているのに、なぜ、その心に主の愛が伝わっていないのだろう。
―どうしたら、この子に、主イエスのこと、神様のこと、伝えられるだろう。

主よ、主よ、…どうか、彼女を救ってください。

コージさん、祈りに祈り、悩みに悩んで、ごくシンプルで易しい日本語の讃美を作詞作曲したそうです。
(おそらく「主の御手の中で」という曲だと思います。nikkouも、昨年自分の結婚式の退場曲として、友人たちに歌ってもらいました。)
その歌をたずさえ、コージさん、彼女のもとを訪れました。
ところが彼女からは、
「たしかに、イエス様は素晴らしいと思う。神様もいると思う。でも、神社の神様も神様だし、お寺の神様も神様だと思う。わたしはひとつに決められない」
と言われちゃった、
といいます。

「それは、もう、しかたないよね。」
とコージさん、さらりと言っていました。

そう、しかたない。
nikkouも、何度もそう言われてきた。
あとは、神様の仕事だ。
自分にできることは、伝えること、それだけだ。

それ以来、コージさんは、次々と日本語詞の讃美を作るようになる。
伝えることが、一番大切な仕事だ、そう思うようになったから。

メグさんに言わせると、「作詞作曲中は、私にも入れない神様との密な関係の中にいる」そうです。

今回のCDでは、nikkouは、「みことばに生きる」が好き。
「となりのトトロ」みたいに、子供が大きな声で歌えそうな、元気で明るい讃美です。

|

« あなたもそこにいたのか? | Main | というわけで、久遠から帰りました »

「4 ゴスペル」カテゴリの記事

Comments

ほんとにすばらしい、天国のようなコンサートでしたね!
私も今回のCDに本当に恵まれてます。
朝、痛勤電車の中で聞いてると、主のまなざしを感じて、なぜか涙ぐんだりしています。

nikkouちゃんとも会えて、とてもうれしかったです。感謝!感謝!

Posted by: けくちゃん | March 29, 2008 at 11:42 PM

けくちゃん

こちらこそ、お会いできて感謝です!
コンサートは、メグさんコージさんの人柄が出てたよね。とても楽しかった!
讃美は、われらのちから! だね!!

Posted by: nikkou | March 31, 2008 at 09:44 PM

 関根義夫先生の著書をインターネットで調べるうちに、こちらにお邪魔してしまいました。昨年12月浦和キリスト集会でクリスマス講演をさせていただきました、今21歳の神学生です。
 先生の著書「一精神科医として生きる」(キリスト教図書出版)は、今まで知らなかった精神病疾患者治療の実態と、先生自身がGOOD SAMARITANになって、真のクリスチャン像を描いた秀作です。
 一人でも多くの方々に読んでもらいたい一冊です。私はこの書籍に出会い、自分自身でも分解解釈するために、小論文を作成しています。科学は神の御業を知りたいと思ったところから始まっているのでしょう。
 多くの哲学者がそう感じたように、関根先生もご自身の研究に神様の存在を感じ、あれほど無垢で主の祝福を受けられているのだと思います。

Posted by: mirai | April 03, 2008 at 04:53 PM

おおお、miraiさん、こんにちは!
miraiさんのクリスマス講演会のお話は、いつかブログでご紹介したいな、と思っていたところでした。
お父さんのお話も、よかったですね。

>多くの哲学者がそう感じたように、関根先生もご自身の研究に神様の存在を感じ、あれほど無垢で主の祝福を受けられているのだと思います。

ふむ。たしかに、関根先生は、「無垢に主の祝福を受け」ている人だ。
神学校のお勉強、がんばってください!

Posted by: nikkou | April 03, 2008 at 05:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/40681150

Listed below are links to weblogs that reference Come to Jesus 発売記念ライブ:

« あなたもそこにいたのか? | Main | というわけで、久遠から帰りました »