« 一歩前へ | Main | ゴスペルが広まるまで »

April 19, 2008

演歌ゴスペル

nikkouの愛する讃美グループ、「演歌フレンズ」がCD二枚目をリリースしました。

Ekw002bこれまたまことに幸いだ 幸い小唄

本日4月19日は、久遠教会にて、発売記念ライブ。
前回の「讃美しよったら讃美しよ」ですっかり「演歌フレンズ」のファンになってしまったnikkou、
大いに期待して、ライブに駆けつけました。

祖父母から民謡を教えられつつ育ったというみゆきちゃん(ゴスペルピアニストでもあります)、
かつて中山大三郎に弟子入りし、吉幾三、前川清、堀内孝雄が大好きというアメリカ人ギルバート、
つい最近神学校を卒業、そういえばメッセージするときも突然中島みゆきを歌いだす京子ちゃん、
という三人グループ。

200804191727000みゆきちゃんの「朝目が覚めて、起き上がり、歩くことが出来るのは、あなたの恵みです。あぁ…、こんな私を生かしてくださって…涙がこぼれます」という語りが入る「朝ごとに」
京子ちゃんの「悪いわたしね 十字架で 赦されたのよ そうよ私は 愛され、赦され、生かされて」という歌謡曲テイストの「愛され、赦され、生かされて」
「前川清ふうに歌います」と、もう、物まねを越えた域で、「あなたに…あなたに 主イエスに逢いたい」と聞かせるギルバートの「あなたに逢いたい」…。
最初は大笑いしながら手拍子(もちろん、表打ち)で聴いていたのですが、
ふと気付きました。

リラックスする~~

そう、
以前父の実家に行った時、出されたきゃべつの白和えが、
有名なイタリアンの店や、高級中華料理の店で出された料理のおいしさとはまったく違ったレベルの旨さ、
いうなれば、「口にあう」「舌になじむ」という意味で、むっちゃくちゃ旨くって、
おもわずがつがつと大量に食ってしまったのとおなじ感触。
体のどこにも無理がない、
気楽で自然な心地よさを感じたのでした。

200804191748000 ふりかえれば、nikkouの実家で常時かかっていた音楽は、
小柳ルミ子の「いまさらジロー」や「おひさしぶりね」
欧陽菲菲の「Love is over」や橋幸夫の「いつでも夢を」でした。
(だからnikkouは、これらの歌をいまでもカラオケで歌えます)
母は吉幾三が大好きで、NHKで吉幾三が出ると、絶対チャンネルを変えてもらえない。
父は音痴だと母からからかわれるので、日曜日、テープをかけながら小声で「くちなしの花」を歌ってました。
そんな環境で育ったnikkou、好むと好まざるとにかかわらず、演歌や歌謡曲のリズムと節回しが自分の体のリズムと節回しになっていたのかもしらん。
なんだか、自分再発見。

200804191802000_2  京子ちゃんは言います。
「ふつうの演歌は、『わたし莫迦(ばか)よね~』とうたうのを聴いて、『そうよ、わたし莫迦よ』と泣いて、酒飲んで、寝ちゃいますね。
でも、演歌ゴスペルは違います。『わたしは莫迦だけど、神様は赦してくださる。わたしは人を愛せないけど、神様から力をいただけばできる』となる。
それって、ブラック・ゴスペルとおなじでしょ? わたしにとって、演歌ゴスペルを歌うのも、ブラック・ゴスペルを歌うのも、同じです。」

最初は、84歳になる自分のおばあちゃんに、福音を知ってもらいたくて演歌ゴスペルを始めた、というみゆきちゃん。
でも、演歌・歌謡曲的環境で育った30歳nikkouにも響きました。

200804191756000 考えてみれば、もっと早くにこういう讃美が生まれてよかったんだよね。アメリカの黒人さんも、さかのぼればヨーロッパの人たちも、自分たちの音楽で讃美をしてきたわけで、日本ばかり借り物の音楽で異国情緒を楽しみながら(まあそれもありだけど)讃美しなくったっていいわけです。ますます演歌フレンズが活躍してゆきますように。そして、今後は、三味線讃美や、民謡風讃美も出てくるといいな、と思う。

演歌のこぶし回しで歌った「ここも神の御国なれば」、天下逸品です。
みなさま、ぜひ御一聴を。

|

« 一歩前へ | Main | ゴスペルが広まるまで »

「4 ゴスペル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/40927341

Listed below are links to weblogs that reference 演歌ゴスペル:

» 演歌ゴスペル第2弾!!これまた、まことに幸いだ~幸い小唄 [Tama’s ゴスペラー日記]
 昨日はまず愛するBro.Tats(塩谷達也)主催のバイブルスタディーで教会で聖書を分かち合いました。参加したメンバーで御言葉をじっくり読み合い、深い所まで探っていく恵みの時です。  彼のスケジュールに合わせて1ヶ月に1回・土曜日に行われています。... [Read More]

Tracked on April 21, 2008 at 10:28 AM

« 一歩前へ | Main | ゴスペルが広まるまで »