« Come to Jesus 発売記念ライブ | Main | 一歩前へ »

April 08, 2008

というわけで、久遠から帰りました

みなさま、お祈り励まし感謝でした、ただいま、ディレクターの代打を頼まれていた久遠のリハーサル(練習)から帰還しました。

今日に至る一週間、いろいろありました。
まず、えっちゃんの手術の日程が延びた。
なので、今日のリハは、えっちゃんも来ることになりました。
んじゃ、えっちゃんがやるのか、と思ってたら、
「いや、私は補助だから。」とえっちゃん。
ふえ~、やっぱりHちゃんと、nikkou
がやるのか。

ところが、相棒のHちゃんから「用事があってお休みする」という連絡がくる。


いや、よかったよ、Hちゃんが来られないのに、えっちゃんは予定通り手術、なんてことになったら、nikkou一人で重圧につぶされていたかも。
主の助け。

一応、曲目は、久遠でやったことのあるワーシップ中心、と考えて、
「Oh give thanks」と「Prase the Lord with me」の二曲をたずさえて、リハの一時間前に到着。
「Oh give thanksは、みんな音分かってるし、だいじょうぶだよ」とえっちゃんに言われ、胸をなでおろすも、
「Prase the Lord with meのほうは、もうだいぶ前にやったからなあ、もう忘れちゃってるんじゃないかなあ」と言われる。

nikkou
「アルトしかわからないんだけど、3声教えて」
えつ 「nikkouちゃんの好きなふうに作っちゃっていいよ」
nikkou「好きなように…って、わからないよ」
えつ 「音きいてさ、これでハモるかな、みたいに。適当でいいから」
nikkou「…それじゃ、今日はこれ、やめます…」
…ハイ、逃げました。すみません。

そのかわり、ふと思い立って、武義和さんが教えてくれたノルウェーのワーシップをやることにする。
すると、こんどはみゆきちゃんとのやりとり。

み  「んじゃ、歌ってみて。ついてくから」
nikkou「えっと、じゃ、ユニゾンで…(歌う)」
み  「繰り返す?」
nikkou「え!? あ、じゃ、後半のここから繰り返して。」
み  「繰り返しはすぐ入る? 間奏いれる?」
nikkou「そ、それじゃ、すぐに…あ、やっぱ、間奏いれて…。」
み  「転調はする?」
nikkou「ええっ!? あ、じゃ、してください」


その横で、えっちゃん、ハモりをつけ始める。
うわ、うわ、ハモってる、とあわててると、みゆきちゃんから喝(かつ)が飛ぶ。
「リハ(練習)は録音して!」
あわてて、録音機のスイッチを入れる。

そして、えっちゃんとみゆきちゃんから、かわるがわる言われる。

「ディレクターの役割ってのはさ、とにかく、よく聴くこと」
「聴きながら、ハモリを考えて」
「楽譜を見ながらじゃなくって、伴奏を聴きながらコードをひろっていくの。」
「礼拝の賛美歌でも、適当にハモってみ。慣れだから。」
「あと、いろんなクワイアーのバージョンも聴いて」
「リハの録音もちゃんと採って、何度も聞き返して」
「あ、ノルウェーの賛美、シェアするときは、歌の背景とか、ちゃんと説明するんだよ」

そして、最後に、ふたりともにっこり笑っていう。
「きっと楽しいから。」

「いや、無理っす、nikkou、ゴスペルの専門家じゃないし」という思いと、「ほんとに、そんなことできたら、いいなあ」という思いが、激しくせめぎ合う。

そうこうするうちに、メンバーが集いはじめ、
始まってしまいました。

なんとか、1時間で2曲、無我夢中でディレクションをし、
必死でノルウェーの賛美をシェアしながら、 武さんのことを思い出して泣きそうになったりし、
でも、メンバーに伝わっているのかどうか不安になってすごい羞恥心に襲われ、
それでも、なんとか乗り切り、
後半1時間、えっちゃんにバトンタッチ。

えっちゃんの力強いディレクションにあらためて見とれつつ、
神様は、nikkouに、どのくらいの高みまで上っていくことを求めているんだろう、と思う。

今、道はふたつにひとつ、
逃げるか、食いついていくか、
どっちかな気がする。

リトライをはじめた時は、 正直、気安いものでした。
なにより、川崎教会でゴスペルやりたい、って気持ちが強かったし。
それが、いつのまにか、リトライでも、リトライの外でも、讃美をリードする位置に立っていた。

だったら、逃げるな、と
主に言われている気がする。

歌いたい歌の意味をさぐり、
よく聴きこんで、
ちゃんとハーモニーをつけ、
抑揚をつけ、
神様がnikkouに任せてくれたクワイアーやシンガーズを
ちゃんとリードして、
主に最上の捧げものをできるように、してみろ、と。

いまだに思うんだけどね、
なぜ、こんなことになっちゃったんだ? って。

でも、もう、進むしかない気がする。
進んだ先に、なにか良いものが、ある気も、する。

(2008.4.7)

|

« Come to Jesus 発売記念ライブ | Main | 一歩前へ »

「4 ゴスペル」カテゴリの記事

Comments

おつかれさまでした~(^o^)
リハ前は、かなりバタバタしてたんですね~
そんな事とは露知らず、落ち着いているように見えたので、安心して賛美してました。

選曲も手話もnikkouさん独自の色が出て、素晴らしいリードでしたよんgood

Posted by: つくつく | April 10, 2008 at 12:24 AM

おおおー、つくつく、ありがとー。
いや~、かなりアワアワしてました。
でも、つくつく始め、メンバーがみんな頼もしくって、助けられた。
また月曜日がめぐってくるね。
また、楽しく賛美しましょー!

Posted by: nikkou | April 12, 2008 at 10:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/40809477

Listed below are links to weblogs that reference というわけで、久遠から帰りました:

« Come to Jesus 発売記念ライブ | Main | 一歩前へ »