« ゴスペルが広まるまで | Main | Lyreライブ@早稲田奉仕園 »

April 23, 2008

Precious Lord

先週水曜日の4月16日、手話讃美「風の音」で、メンバーが「この曲がすき」と、一曲リクエスト。
国分友里恵さんのCD「あなたもそこにいたのか」に収録されている新聖歌191番(聖歌557)「慕いまつる主なるイエスよ」を手話で讃美しました。

51r4mqto3al__ss500_ 原曲は、1938年作詞のゴスペル。トーマス・A・ドーシーの「Precious Lord」であります。

この歌が生まれたいきさつは、ドキュメンタリー'SAY AMEN, SOMEBODY'に詳しい。
なんとも、切ないお話なのだ。

トーマス・A・ドーシーは、ゴスペルの父と呼ばれた男。(左はnikkou愛聴CD「Precious Lord」。中央の横向きの男性がドーシー)。
ブルースのメロディに聖書のメッセージをのせ、
激しい差別と困窮のなかにいる黒人の仲間たちを励ます歌をたくさん作りました。
これが、今の「ゴスペル」のルーツになっているわけですが、
そんな「ゴスペル」が大ヒットしつつあったある日、
トーマス、ゴスペルをたずさえた伝道演奏旅行に出かけることになります。
そのころ、トーマスの妻は、臨月でした。
「旅から帰るころには、いいお母さんになってるね」なんて言いながら、
彼は愛する妻を家に残し、出かけたのでした。

ところが、その演奏旅行の最中、
トーマスのもとに電報が届きました。
電報を受け取ったトーマスは、気を失いそうになります。
「急いで帰れ、あなたの妻が今亡くなった。」

信じたくない思いに気も動転しながらようやく家にたどり着き、
彼は、最愛の妻の死という現実に直面します。
赤ん坊は生まれていた、といいますから、nikkouの想像ですが、おそらく奥さんは難産で命を落としたのだろうと思います。
しかしその赤ん坊も、2日で死んでしまいます。

トーマスは、すっかり力を失い、呆然と日々をすごします。
(彼は、それから50年を経た晩年になっても、振り返ってこう言います。
「友人たちは慰めになるような言葉をかけてくれたが、
私の心の慰めになる言葉はなにもなかった。
その日から、今日にいたるまで。」)

さて、妻子を失ってしばらくたったある日、2人の友人が訪ねてきました。
友人に、苦しい胸のうちを打ち明け、思わず「主よ」とつぶやいたトーマスに、
一人が言いました。
「そんなもんじゃ、だめだ。
愛する主よ(Precious Lord)って呼ぶんだ!」

そうして、彼の口からこぼれおちたのが、
あの名曲「Precious Lord(慕いまつる主なるイエスよ)」だったそうです。

この歌詞は、もう、すさまじい慟哭です。
息も絶え絶えに泣くばかり。

ところがその歌詞に比して、メロディは明るく、美しい。
まるで、泣きじゃくったあとにふと訪れる安らぎのような、
そんな不思議な感じのする歌です。なぜトーマスは、この壮絶な歌詞を、この美しいメロディにのせたのか。ひょっとしてそこに、トーマスの信仰が現れているのではないかとおもいます。

nikkou、歌うたび、なぜか、胸が痛くなります。悲しいのとも、感動とも違う、なんていうのかなぁ、えもいわれぬ共感、ことばにならない切なさ、嘆き悲しみを訴える相手のいる幸い、そんな感じ。

この歌、当時、はげしい差別の中で理不尽な思いに苦しんでいた黒人たちの大きな共感を呼び、
トーマスの代表曲の1つとなったのでした。

Precios Lord,take my hand
Lead me on,let me stand,
I am tired I am weak I am worn.
Through the storm, through the night
Lead me on to the light,
Take my hand,precious Lord,
Lead me home.

尊き主よ、わたしの手をとってください。
わたしを導いてください、わたしを立たせてください。
わたしは疲れました、わたしは弱り果てています、わたしはうめいています。
嵐の中、夜の中、
わたしを光へと導いてください
私の手をとってください、尊き主よ、
わたしをあなたの家へと導いてください。(nikkou私訳)

|

« ゴスペルが広まるまで | Main | Lyreライブ@早稲田奉仕園 »

「4 ゴスペル」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/40919579

Listed below are links to weblogs that reference Precious Lord:

« ゴスペルが広まるまで | Main | Lyreライブ@早稲田奉仕園 »