« 世界は大きくて小さい(Music & Arts 2008 Japan) | Main | 神様は何語でおしゃべりするのか »

September 29, 2008

三味線やお琴で讃美していたら

200809281646000 日曜日の午後、久遠教会の第二礼拝に出席。
久遠NU Praiseとして、讃美しました。

この日は、久遠教会の姉妹教会、韓国の新一教会から20人ほどのお客さんを迎えて、ハングルでの讃美となりました。

新一教会のみなさんが、
民族舞踊による讃美をみせてくれました。

200809281613000 日本の女の人も、着物になるとだれもが美しく見えますが、
韓国のチマ・チョゴリもそうなのかも。
みんな、すごい美人にみえました。
民族舞踊は、優雅で、華やかで、力強く、
思わず身を乗り出してみとれました。

礼拝の中で、
韓国から来た牧師さんが熱心に、
「日本民族(イルボン・ミンジョク)と、韓国民族(ハングク・ミンジョク)のために祈りましょう!」と韓国語でいい、
通訳の方も「民族」と直訳しておりました。

200809281535000 でも、なんとなく、この「ミンジョク」ってののニュアンスは、日本語の「民族」と違う気がするんだなあ。
「日本民族」ってぴんとこない単語だ。

ところで韓国では、民族舞踊で神を讃美する、というのはポピュラーなんでしょうか。
考えてみれば、
ヨーロッパのクリスチャンも、アメリカ黒人のクリスチャンも、南米のクリスチャンも、
それぞれの地域の音楽で神を讃美しますが
日本のクリスチャンは、なぜ、三味線やお琴や謡曲や日舞で、神を讃美しなかったんだろうね。

Jacket_saiwai nikkouの友人たちが「演歌ゴスペル」を始めたとき、
「ふざけたマネをするな!」と怒った人もいる、と小耳にはさみました。
厳密にいうと演歌も西洋音楽の一種ではあるんだけれど、
ただ、なんとなく、その話を聞いた時、
nikkouも、「ゴスペルはカルトを思い起こす」と言われたことを思い出しました。
なぜ、日本では、ヨーロッパの(しかも白人の)音楽だけが、「まじめで正しいキリスト教音楽」になってしまったんだろう。

『ドレミを選んだ日本人』(千葉優子:音楽之友社)という本に、
明治時代、音楽といえば三味線や琴、尺八、長唄小唄だったところへ西洋音楽が入ったときの、日本人の驚きや、当惑、好奇心が描かれておりました。
『讃美歌・聖歌と日本の近代』(手代木俊一:音楽之友社)でも、明治時代の日本人が、讃美歌を西洋音楽の音(とくに、ファとシ)とリズムで歌うことができず、日本人にアメリカ白人の讃美歌を歌わせることをあきらめた初期の伝道者の話などが載っていて、おもしろかった。
この時代、もし、「讃美ってのは、音楽ではなく、言葉と心だ」と気づいた伝道者がいて、
「日本人は、邦楽で讃美しよう」と思いたっていれば、日本のキリスト教の浸透度も邦楽の発展も違った道をたどっていたかもしれない。
…と相方に言ったら、
「でも、クリスチャンじゃない日本人も、もう、邦楽はやらなくなってんじゃん」とつっこまれた。
ほんとだ。
あんまり関係ないかも。

ちなみに、日本人が邦楽を捨てて、西洋音楽一辺倒になったのは、身分ごとに違う音楽を奏でていた当時の状況の中で、「西洋音楽を、この国の統一音楽にしよう!」と思いついた明治政府の必死の教育の成果だ、…というのは、複数の本に共通する見解のようです。

|

« 世界は大きくて小さい(Music & Arts 2008 Japan) | Main | 神様は何語でおしゃべりするのか »

「4 ゴスペル」カテゴリの記事

Comments

実は建築もこの問題と似ています、様式問題です。祖父ネットも随分悩んだものです。寺造りの教会、というのは聖公会奈良教会が典型です。私の相方は結婚以来、お琴を習っており、今でも現役です。芸大には邦楽部があり、その教授は家元です。

Posted by: すぎ | September 30, 2008 at 08:08 PM

じつは、nikkouも、この記事を書きながら、祖父上のことを思い出していました。
なぜ、日本の教会は、日本の景観にあわない西洋風の建造物を街中に建てたのか?日本の瓦屋根と日本の庭園をもつ日本流の教会建造物でもよかったのに、っていうね。
祖父上がブログに載せていた奈良の教会は、面白かった。

Posted by: nikkou | September 30, 2008 at 08:16 PM

うーん、深いですねー。
あらためて考えさせられました。
一面では、音楽も宗教も、生活様式も、そのときどきの文民統制の役割を担ってきたわけですからねー。

話がとぶけれど、夫婦+子ども2人という、一般てきな家族構成も、子沢山の社員にたいする福利厚生費圧縮のために政府が打ち出したモデルが刷り込まれたものだそうです。

Posted by: けくちゃん | October 03, 2008 at 11:52 PM

>けくちゃん

先日は、一瞬でしたが、おひさしぶりでした。

>そのときどきの文民統制の役割を担ってきたわけですからね

ふーむ、難しいことをおっしゃる。
明治政府が西洋音楽を導入したのは、どちらかというと、「日本の音楽は、近代の軍隊に向かない。そもそも、すり足で行進なんかできない」という、軍事的な理由らしい。

>子沢山の社員にたいする福利厚生費圧縮のために政府が打ち出したモデルが刷り込まれたもの

ははは…、さもありなん。
少子化の現在から見れば、むしろ「子供二人」は「子沢山」かもね。

Posted by: nikkou | October 06, 2008 at 01:14 PM

クリスチャン、三味線 で検索したら、貴方のブログに行き着きました。 私も同じように2001年頃から思っていました。 今は賛美舞踊をもって賛美しています。 

Posted by: Holly | July 25, 2009 at 01:42 PM

Hollyさん、こんにちは!
はじめまして。
「賛美舞踊」! なんて素敵。
最近nikkouも着物に目覚め、着物雑誌を眺めたり、幸田文を読みふけったりしているんですが、「賛美舞踊」も着物で舞うんですよね。さぞや美しかろうと思います。ぜひ一度、見てみたいと思います。

Posted by: nikkou | July 30, 2009 at 03:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/42636401

Listed below are links to weblogs that reference 三味線やお琴で讃美していたら:

« 世界は大きくて小さい(Music & Arts 2008 Japan) | Main | 神様は何語でおしゃべりするのか »