« January 2009 | Main | April 2009 »

February 09, 2009

「アガペー」はさびしい

41afz9wtvel__bo2204203200_pisitbsti 『サーバント・リーダーシップ』(ジェームス・ハンター著)を読む。

「神の愛=アガペー」とは、「敵をも愛する愛」である、
とは、礼拝やクワイアーで、さんざん聞かされる言葉ではある。

たいがいどこでも、そんな話のあとは、
「主よ、しかし、わたしは、敵を愛する心をもちえません。この罪深きわたしをお赦しください。」と祈って、おしまいになる。

だがしかし。
本書では、「敵を愛する」とは、けっして「敵に好意を持て」という意味ではない、という。

じつはこれも、礼拝やクワイアーで、さんざん聞かされる話である。たいがい、キング牧師の
「われわれは、別に『敵に好意を持て、仲間が殺されようが、石を投げられようが、敵に好意を持て』と神に命じられているのではない、『敵を愛せ』とは、どんなに好意が持てなくても、敵に、礼儀正しく、忍耐をもち、フェアな態度で接しなさい、という意味である。」
という意味の言葉を引用しつつ、
それが、主イエスの、生涯を通じて示した、愛の形である、と説かれる。

本書では、それをビジネスにおけるリーダーのふるまいに適用せよ、と勧める。
まあ、たしかに、いけすかないからといって部下や同僚を、いじめたり、窓際に追いやったりする上司は持ちたくない。

さらに、本書で、「アガペーは、やろうと努力すれば、できるはずだ」という。
これは、ちょっと、面白いと思った。
たしかに、「アガペーは、神しかできないので、私はしません、すみません」ですまないのが、人間社会のつらさであり、面白さでもある。

なるほど、神の愛とは、エロースや、フィレオーとは違う、公平な行為であるわけか、と
わが職場と、わが上司や同僚を思い浮かべつつ、理解した、と思ったところで、
一晩おいて、
今朝のことである。

「ああ、神様、今日も一日、わたしを愛してください」
といつものように、祈って、
はた、と思った。

神様は、わたしを、アガペーで愛しているんだなあ、と。

そして、
正直、思いました。

…さびしいなあ。

いや、頭ではよくわかるんです。
神は、悪人にも善人にも、公平である、と。
どんなに神の思いに反する者であろうと、神は、その人に、礼儀正しく、フェアで情け深く、忍耐深く、接するのだ、と。
だから、わたしがいかなる罪を犯そうが、神はわたしを見捨てない、と。

でもさ、
やはり、ひとは、誰かに可愛がられたい、といいますか、
誰かの秘蔵っ子、誰かのいい子、誰かのごひいきさんでいたいものではないか、と。
つまり、わたしは、神様に気に入られたい、と思っていたわけですよ。

でも、神様は、私に対して、そういう「愛」を持っているわけではないんですね。

これは、クリスチャン6年目にして、
はじめて抱いた思いであり、
はじめて気付いた悟りでありました。
わたしは、神の愛を、エロースとごっちゃにしていたんでしょう。

なんだか、「神はこの世をひとしく愛する」という意味が、
いままでとまったく違って感じられて、
朝の通勤風景が、厳粛に見えました。

そう、厳粛。
冬の空気に似て、とても透明で、締まっていて、
「神の愛」という言葉に、まったくの甘さがないまま、静かに心に満ちた。

今日も、世界は、神の愛に、満ちておりました。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

« January 2009 | Main | April 2009 »