« キリスト教・無教会青年全国集会(2) | Main | キリスト教・無教会青年全国集会(4)―ゴスペルのひととき(後編) »

May 19, 2009

キリスト教・無教会青年全国集会(3)―ゴスペルのひととき(前編)

小舘兄から青年全国集会の企画を知らされた数日後、さらに一通のメールが、nikkouに送られてまいりました。

「プログラム案を書いた後で思いついてしまったのですが、
ぜひともどこかにみんなでゴスペルをうたうようなコーナーをもうけ、
nikkouさんにご指導していただきたいのです。
ご協力をお願いできませんでしょうか。」

じつは小舘兄、わたしたちの結婚式にも出席してくださって、入退場の際、友人たちが讃美してくれたゴスペルにとても感心していらしたのでした。
いつか無教会でもゴスペルを歌おう、とお考えだったのかもしれません。
正直にいいますと、nikkou、この時点で、「全国集会ったって、どうせ、10人前後の参加だろうな」とタカをくくっておりました。
10人くらいなら、川崎Little Lightだって、それくらいの規模になったことがありますし、久遠Nu Praiseでときどきディレクションを振られるときも10人前後です。
そのくらいの人数ならアカペラで小曲ならなんとかできるだろう、と、
あまり考えずに
「やりましょう!」と承諾してしまったのでした。

ついでに、全国集会のプログラム中の讃美も、
日本キリスト教団の「讃美歌」からのみで、ちょっと固いのではないか。どうせなら、新しい讃美もたくさん入れたほうがいいのではないか、
と小舘さんに進言。
「ヒムプレイヤーにそれしか入っていないのだけれど、ほかに伴奏があればいいのでは」という返信に力をえて、
(今思えば)nikkou、
…暴走いたしました。

徳島聖書キリスト集会の勝浦さんがカラオケをつくっていらしたはず!と徳島のNさんに電話、
思いつくかぎりのワーシップソングを挙げ、
プログラムの改変を提案したのでした。
当惑していらしたのはNさん。
「ワーシップソングでは、歌ったことがない人もいるんじゃないかと思うんです。変更するなら『讃美歌』を『讃美歌21』にするとか、『聖歌』を『新聖歌』にするとかくらいのほうがいいのではないでしょうか。」

…思い返すに、賢明なアドバイスだったと思います。

ただ、nikkou、すっかり舞い上がっておりましたから、「固いなー」と憮然としました。
夫にも「こうなったら、すんごいすばらしいゴスペルを紹介して、度肝をぬいてやるわ!」と息まいたりしておりました。
そんなわけで、少し気持ちが沈んでいるところに、
さらに、小舘兄から
「参加者は80人くらいになりそう(!)」という情報が入ります。
nikkou、にわかに不安に襲われました。

「ゴスペルが好きではない人がいる(と、nikkouが勝手に解釈した)80人もの、ゴスペル初体験の人を、アカペラでリードするなんて、ハードル高すぎ!」

さてこうなったら、選曲からまずとりかからねばならないとエゴむき出しでがつがつしているところへ、
ふと、久遠NU Praiseの坂上悦子さんから、メールが舞い込んできました。
「今週末、ゴスペルのディレクションをしている人限定で祈祷会があるんだけれど、来る?」
おお。天の助け。先輩ディレクターたちにアドバイスを求めにいこう!
とnikkou、「喜んで、行きます!」と返信いたしました。

ところがその祈祷会で、リーダーの粟野めぐみさんは、最初にこう言うのです。
「祈祷会のルールとして、次のことを守ってください。

1)ここで話されたことは、絶対に秘密にすること。
2)お祈りしてほしい課題をいうこと。愚痴をいわないこと。
3)アドバイスを求めないこと。

えー。アドバイスを求めちゃいけないのー、とがっかりいたしました。
ところが、nikkou、この祈祷会で、ほろりん、と頑固なエゴが溶かされたのです。
(後編に続きます)

|

« キリスト教・無教会青年全国集会(2) | Main | キリスト教・無教会青年全国集会(4)―ゴスペルのひととき(後編) »

「4 ゴスペル」カテゴリの記事

Comments

初めてお便りいたします。伊藤と申します。横浜に住んでおります。コメントではなく恐縮ですが、できましたら、ゴスペルに参加させていただきたいな、と思いまして、コメントに載せていただいております。私は、幼児期にプロテスタント系の幼稚園に通っておりました。わたしは、結婚式を内村鑑三先生の石の教会であげました。その後、1年に何回かは、軽井沢高原教会の牧師様のお話とゴスペルを聞きに、出かけたりします。現在、横浜周辺で、ゴスペルの集いを探しております。ぜひ、ゴスペルの集まりを見学することはできませんでしょうか?よろしくお願いいたします。

Posted by: 伊藤政絵 | November 03, 2009 at 09:39 AM

伊藤政英絵様

こんにちは。
コメントありがとうございます。
石の教会は、夫の弟も挙式いたしました。緑の美しい、素晴らしいところですよね。式もとても温かい良い結婚式でしたheart04
横浜周辺ということですが、私の通う川崎教会(川崎市川崎区本町・最寄駅はJR川崎駅、京急川崎駅)でも月に2回、「川崎リトルライトシンガーズ」という小さな集まりでゴスペルの練習をしております。nikkouがリーダーをしております。どなたでも(クリスチャンでも、なくても、歌の経験があってもなくても、ゴスペルが好きであればどなたでもnote)歓迎です。
今年は11月15日と12月6日の、それぞれ午後1時半から3時に歌っております。
メンバーは地元の方が多く、ゴスペルについて深い造詣をもつ誠牧師の「南部なまり入門」から
「無理なく自然な歌い方指導」まで、アットホームながら、かなりの充実感で、心も体も大満足なゴスペル讃美のひとときですよ。
ホームページはこちら。
http://www.asahi-net.or.jp/~de7m-tkhs/04_little_light/gospel_choir_kawasaki_little_light_singers.html
もしよろしければ、ぜひ一度、遊びにいらしてください。
お待ちしております。

Posted by: nikkou | November 04, 2009 at 12:24 PM

ご返信のコメントありがとうございます!さっそくですが、11月15日に主人と二人で見学に伺ってもよろしいでしょうか?素敵な歌声を楽しみにしております!!どうぞ、よろしくお願いいたします。お誘いくださいまして、ありがとうございます。

Posted by: 伊藤政絵 | November 08, 2009 at 08:57 AM

伊藤政絵さま

ぜひぜひおいでください。
楽しみにお待ちしています!
駅からの行き方は分かりますか?
ホームページに簡単な地図を載せていますが、念のため、文章でお知らせしておきます。
道に迷われましたら、教会のほうにお電話ください。

まず、JR川崎駅東口の改札をでて、右へ。
エスカレーターを降りると、すぐに地下街アゼリアのエスカレーターで地下に。
地下街では、右斜め前に進む感じで39番出口をでます。
出たところをそのまま進み、左の横浜銀行を通り過ぎ、次の交差点を左にまがります。
この道は、砂子(いさご)通り(旧東海道)です。
このまま5~6分歩き、ホテルサンロイヤルとカクヤスを通り過ぎると、
左側に木が生えている庭があり、高田英語学園、日本キリスト会川崎教会という
看板がでています。

Posted by: nikkou | November 08, 2009 at 10:28 PM

ご丁寧にどうもありがとうございます!
楽しみにしております^^

Posted by: 伊藤政絵 | November 09, 2009 at 08:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/45068301

Listed below are links to weblogs that reference キリスト教・無教会青年全国集会(3)―ゴスペルのひととき(前編):

« キリスト教・無教会青年全国集会(2) | Main | キリスト教・無教会青年全国集会(4)―ゴスペルのひととき(後編) »