« われわれクリスチャンは、不寛容なのか。 | Main | おじいちゃん牧師、旅立ち »

November 19, 2009

われわれクリスチャンは不寛容なのか(つづき)。

Ueno2 つづきです。

日本人であり、クリスチャンでもあるnikkouはどうするか。

正直に言って、やはり「空気」を優先するだろうなあ、という気がした。
「空気」を破って、食べたり食べなかったりできるかなあ。ちょっと勇気がいるし、周囲が日本人だけだったら、「私は空気を読めていないんじゃなくて、空気を読んでもなお、神に従うんです」ということを理解してもらうのに、骨が折れそう。

ちなみに、アメリカの保守的なWASPが多い地域に一年間留学をしたことのある相方にこの話をしたら、
「そりゃー、誤解だよ。アメリカ人も『空気』を読むよ」と反論された。
「その事故の場合は『神様に祈って決めよう』という空気になっただけだよ。
なかには『民主的に多数決で決めよう』って考えてる人だっていたと思うよ。
でも『神様に祈って決めよう』って空気になったから、それに従ったんじゃないの。
人間、そんなに考えることって違わないよ」
だそうであります。
たしかに、もし生存者に無神論者がひとりいて、「わたしは神なんていないと思うから、その案は無意味だと思う。多数決で決めましょう」って言いつのったら、どうなるんだろう。無神論者の人は疎外感を覚えるだろうし、まわりのクリスチャンは「KYだなあ」って思うかもしれない。
つまり、この時は、たまさか、みんながクリスチャンだったから、一応の共通認識に立ったうえで、「寛容」にもそれぞれの決断が尊重された、という面があるのかもしれないのだ。

同じように、nikkouが常日頃言われている「あなたたちクリスチャンは不寛容だ」というセリフは、
「神との関係を持っていない人は、あなたたちの価値観の中にいると疎外感を覚える」という意味だろうと思う。
でも、その都度、クリスチャンだけじゃないでしょ、日本人だって「空気」という「神」への不寛容で排他的で独善的な信仰を持っていて、日本人じゃない人はその「空気」に疎外感を覚えるよきっと、と反論しそうになる。
(山本七平には、この「空気」信仰が、戦時中どんなふうに働いたか分析した『「空気」の研究』という著作があります。)
nikkou自身、振り返ってみた感じ、
クリスチャンになる前も、なったあとも、自分と違う価値観に対しては同じくらい、「不寛容」で「排他的」で「独善的」なんだろうと思っています。
でもそれがたぶん、人間の「罪」のひとつなんじゃないかなあ、と思う。
だから、イエスは、人間のその「罪」をきっちり捉えて、「あなたの敵を愛せ」、「あなたが隣人からしてもらいたいと思うことを、あなたの隣人にもしなさい」と言ったのだ。

(「あなたが隣人からしてもらいたいと思うことを…」がキリスト教の独善性を表す、という人もいるが、
実際にこれを本気でやってみると、すごーくたいへんなことがよくわかる。
相手の立場を自分におきかえて、さらに、神様からはどう見えるか、という視点までもって、
すごくすごく考えなければならないので、
どうしても客観的にならざるを得ない。独善的には、なりようがない。)

イラク戦争やアメリカの黒人差別、日本人クリスチャンも戦時中に朝鮮のクリスチャンに神社参拝を強制するなど、これまでキリスト教徒の人たちが「不寛容」で「排他的」で「独善的」といわれるようなことをしてきたのは、事実だと思う。では、彼らがキリスト教徒でなければ、寛容で、普遍的な善を行い、正しく生きたか、というと、さて、どうかわからないと思う。

でも、クリスチャンになっても、なかなかイエスの言うとおりにはできない。

たぶんそれは、人間である限り、どうしようもないんだろうと思う。
ただ、「わたしは人間だから、『不寛容』で『排他的』で『独善的』である」という自覚があるのと、ないのとでは、微妙に違うような気もする。

主イエスは「自分のことも分かってないのに、人を裁くな」と言った。
だから、「小沢さんだって、不寛容で独善的じゃーん」なんてのは、まさに、主イエスが指摘した「人を裁く」行為なんだろう。水掛け論だ。
さらに主イエスは、「木は実によって判断される」とまで言われた。
だから、nikkouが主イエスに愚直に従うなかで少しでも「これぞ真の寛容な人間だ」と、こころある人に理解されれば、
だれかを言葉で論破するよりはるかに、主イエスに喜ばれるような気がする。

そんなわけで、飲み会で何を言われようと、小沢さんが何を言おうと、いつか「実」をみてもらえるよう、じっと聖書に学び続けようと思う。
(でも、こんなところに、言い訳がましく書いちゃったけどね。)

|

« われわれクリスチャンは、不寛容なのか。 | Main | おじいちゃん牧師、旅立ち »

「5 宗教」カテゴリの記事

Comments

しかしまあ、どうしてこう、女性の人格や尊厳を踏みにじるような迷惑コメントがつくんだろう。今もひとつ消したところですが、こういうコメントを書く迷惑メールライターは、自身、人格を尊重されたことがないのではないか、という気がいたします。

Posted by: nikkou | November 20, 2009 at 09:57 AM

基督教では七五三の代わりに何かお祝いごとをするのですか?
と四国の姉妹に尋ねてみた。
「日本の世間さまではそのような慣習がありますが、我が家ではそのようなことは致しませんでした。」
「本当の神様を知ってからは七五三には全く興味がありません。」
まあ、七五三、よく考えれば神道だから当然といえばそれまでだけど、
子供の健やかな成長を願って何か代わりのことをするのかな?と思って尋ねてみたのだけれど
必殺仕事人にとどめを刺されたかのごとく返答された。
基督教を知らない日本人にすれば、こういうところが不寛容・独善的・排他的という印象をもってしまうのではないかな?
俺自身、教会には通っていないから、基督教の冠婚葬祭には疎くて困っているんだ。

Posted by: Graham | November 20, 2009 at 10:47 AM

Graham兄
七五三にしても、新年にしても、お雛祭りにしても、クリスチャン100人いたら、100人みーんな違うことをしたり、考えたりする、というのが、今のnikkouの観察結果なんだよね。

クリスチャンホームの相方には、七五三の日に、兄弟ふたりスーツきて、千歳あめ持って狛犬の前で撮った写真が残ってるし、新宿のシャローム教会では、振り袖きた可愛い女の子がきて、牧師先生が祝福祈祷して、クワイアーで祝福の讃美をしました。まつも、キリスト教系の幼稚園で七五三の祝福祈祷式があった。
まつの行っている教会の牧師先生は、子どもたちに「千歳あめは買ってあげるけど、神社にお参りには行かない」と言ってました。牧師いわく、「クリスチャンホームでないおうちの子がうらやましいなーって子どもに思わせなければいい」だそうです。
逆に、「千歳あめは異教的だから買わないけど、羽織袴着せて、写真撮りに行った」っていう友人もいました。
まつに子どもが生まれたらどうするかな。
やっぱり、晴れ着を着せて、浦和集会にお披露目に行くだろう、という気がする。で、関根先生にお祈りしてもらってね。…想像しただけで、ちょっとうれしいかも。

Posted by: nikkou | November 20, 2009 at 11:36 AM

nikkouちゃん、お久しぶりです!

「空気」ですが、やっぱりキリスト教徒と非キリスト教徒では読み方が違う気がするなー。
キリスト教の場合、一人一人が神とつながっている。だからたとえ夫婦であろうが親子であろうが、神との関係性がまずあってから横のつながりができる。でも日本的な「空気」の場合、横(他人)との関係性の中で自己のポジションが決まってくるのであくまでも自己は相対的である。

山本七平もそういうところにすごく違和感をもっていたんじゃないかな。山本書店が新約ではなく旧約の世界に傾倒していったのもそんなベースがあったからじゃないかと思う。

仏教も日本的にアレンジされた仏教とオリジナルはだいぶ違うと思いますがね。小沢さんのキリスト教バッシングは塩野七海さんの『ローマ人の物語』の影響じゃないでしょうか?

Posted by: ゴトウ | November 22, 2009 at 09:25 AM

ゴトウ姉、おひさしぶりです!
そして、いろいろと希望(と戦い?)に満ちたブログ、いつも楽しく拝読しています。

そういえば、山本書店って旧約に関する本、多いよねー。そうか、圧倒的に「神」との縦のつながりを感じるのは、旧約のほうかもねー。

日本仏教はオリジナルと違う、というのは、まったくその通りのようで、タイ人の友人は「日本に来て、『わたしは仏教徒です』って言いづらくなった。日本の仏教は、どうも違う宗教のような気がする。」って言ってた。
小沢さんはその後の発言を聞いても、本気で仏教もキリスト教も学ぼうという気がないんじゃないかって気がする。
塩野七海さんの『ローマ人の物語』、そうか、ベストセラーになっただけに、日本人のキリスト教観に影響力大きいのかも。nikkouは未読だけど、ちょっと読んでみようかなあ。

Posted by: nikkou | November 25, 2009 at 10:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/46789373

Listed below are links to weblogs that reference われわれクリスチャンは不寛容なのか(つづき)。:

« われわれクリスチャンは、不寛容なのか。 | Main | おじいちゃん牧師、旅立ち »