« 信仰は理性を超える | Main | Lord Don't Move That Mountain »

January 25, 2011

クリスチャン・リフォームBefore After

1月24日 この世でいつもキリスト教に対立する最大の障害は、一般に、キリスト教の局外に立っている人間にはキリスト教の教えにしたがって生きる可能性がまったく想像だにつかないという事実である。これはまったく自然なことである。というのは、信仰に入ると、人間そのものが別人のようになってしまうのだから。 (筑摩叢書 前田敬作訳)

2年前の徳島での無教会全国集会の分科会で、
60代の男性が面白い証しをした。

この方、北関東の農村で育ったそうですが、
小学生だったある日、
学校から帰ると、家がやたらと明るく感じられたそうです。
もう、ふすまから、壁から、なにかを照り返しているように、妙に明るい。
あとから帰って来た妹も同じことを言ったので、
自分だけの感覚ではないと思う。
発光限は、お母さんだったそうです。

「…その日、母が言うんです。
“今日、私、イエス様に会った。”

母は、女学校を出ているので、そこで聖書をもらったらしい。
でも、農家に嫁いで、生活も苦しくて、聖書どころではなかった。
その日、母になにがあったのか、詳しくは知りませんが、
どうやら、持っていた聖書を紐解いて、信仰を得たらしいんですね。

その日から、母は変わってしまいました。
それまでは、貧しさと激しい労働で、苦労が全身から滲み出しているような人だったのに、
その日を境に、笑顔が増え、いつも讃美歌を口ずさみ、優しい母になった。

母の薦めで、わたしも若いころ洗礼をうけ、
この歳までクリスチャンとして生きてきました。

でも、
実は、母のような、自分が変えられる、という経験はまったくしていません。
というよりも、したくなかった。
母を見て、あー、怖いなーと思ってしまったんです。
自分は仕事もあるし、家庭もあるし、人格が変わったようになってしまったら、困るなあと、
そう思っていました。

ですが、仕事も定年を迎え、老後と呼ばれる時期になって、
やっぱり、母のように、変えられてみたい、と思うようになりました。」

…そんなお話。
正直だなあ、とnikkou、思わず感心しました。
じつは、nikkouも学生時代、そう思っていました。
クリスチャンになったとたん、いつも眉間にしわを寄せていたような男の子が元気いっぱいになったり、
合コンに明け暮れていたコケティッシュな女の子が、妙に上品になってしまったり、
というのを当時、身近に2,3人知っておりました。
それを見て、
「シューキョーにセンノーされちゃったのねー、やだわー」と思ってました。
たとえ、いい方に変わったとしても、
やっぱり、それまでの自分と違ったふうになってしまうのは、
気味が悪い。

やっぱり、ヒルティが言うように、
経験してみないと分からないんだよね。

でも、nikkouの場合、クリスチャン・リフォームbefore・afterは、
そんなに劇的でもなかった。
じわじわ動いていって、
はっと気づくと、前とは違うところに立っているような気がする、という感じです。

ただ、昨年、10年ぶりに会った友人から、
「nikkouちゃん、全然変わってなかった」と年賀状がきたので、
じつは、外側の印象は変わってないのかもね。
(ひょっとして中身も変わってないのかも~!? そんなのやだー。)

|

« 信仰は理性を超える | Main | Lord Don't Move That Mountain »

「2 眠られぬ夜のために」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/50684145

Listed below are links to weblogs that reference クリスチャン・リフォームBefore After:

« 信仰は理性を超える | Main | Lord Don't Move That Mountain »