« 結婚という祝福と呪い | Main | 民主主義ってなんだ? »

November 17, 2011

ネット社会とキリスト教の倫理

Photo

きのう今日と宇野常寛『ゼロ年代の想像力』という2000年代の文化を論じた評論を読んでいて、はたと、そういえば、この5年間くらいで、だいぶネットに対する認識が変わったなあ、と気づいた。
5年前というとちょうどこのブログを始めたころだけれど、
まだ試行錯誤する部分が大きかった気がする。
特に、見知らぬ人からの書きこみには疲弊した。
思いもかけない攻撃的・暴力的な言葉はもちろん、
なんでもない書きこみにも、それはそれは気を使って返信したものだ。

やがてSNSが登場した。
ただ教会でも、SNS内にコミュニティを開設しよう、という話になったときには、
ちょっと微妙な気持ちになった。
nikkouはSNSには慎重だったからだ。
コミュニケーションをとる相手を最初から選別する、というのは、
キリスト教的な倫理観からすると、よくないんじゃないかなあ、と思っていたのだ。
一方で、知人のホームページやブログが攻撃的な言葉や性風俗の営業で
ひどく荒らされるのを見ていたし、
説教をホームページに載せている教会では、
その内容に執拗に絡んでくる人がいる、ということも問題になっていた。
自分も疲弊気味だったので、
まあ、わからなくはないかな、仕方ないのかな、とも思った。

あれから5年、
SNSを使って見ると、思っていた以上に快適な空間なのは、否めない。
読む相手を選べる、というのは、
ブログよりもはるかに、言葉に気を使わなくていい。
前提が共有できているし、攻撃されるダメージもない。
そしてなにより、SNSを使ったおかげで、SNS外のホームページやブログとの使い分けが分かって、ブログを通じてのコミュニケーションにもずいぶん慣れてきたような気がする。

SNSに置かれた教会のコミュニティは、完全にクローズトではなく、
リアルでコミュニケーションをとった相手には、
「よかったら、SNSのコミュニティを見てみてくださいね」と誘っている。
まずリアルありきなわけだ。
ホームページはホームページでちゃんとあって、所在地や電話番号も書いているので、SNS外のホームページは教会の看板や電話帳に掲載している案内みたいなもの、SNSは、教会を訪れてきた人が、教会の中で話を聴いたり、気持ちを打ち明けたりするようなもの。
そう考えると、必ずしもキリスト教の倫理と対立しないのかもしれない。

自分のブログとSNSの日記も完全に住み分けるようになってきて、
ブログは不特定多数にむけての「壁新聞」で、
SNSはリアルで親しい友人にむけての「私信」みたいな感覚だ。
だからSNSでは、仕事が忙しいとか、甥っ子や姪っ子が遊びに来た、とか
他愛のないことを書いている。

一度夫に、ブログもSNSのように書けばたくさん書けるから、そういう形にしようか、と言ったら、
それはかえって読者を失うのではないか、といわれた。
たしかに、30後半のおばさんの日記など、世間的にはどうでもいいわな。

ブログのコミュニケーションも慣れてきた。
さんざん使い古されてきた言い方だけど、
やはり、誤解の少ないコミュニケーションのためには、
パソコン越しではなく、リアルで会うのがベスト。
だから、この人への対応は、パソコン越しでは難しいなあ、というときは、
「そっとしておく」というのがもっとも適切なんだろう。

そんな対応方法を、キリスト教の倫理的に言えば、「時が来るのを待つ」というのかな、
そして、大事なのは「いつかこの人と顔を合わせた時が与えられたら、ちゃんとコミュニケーションをとろう」
という意思を持ち続けることだろう。
同じ人からの書きこみを禁止する機能もできたけれど、
性風俗関係以外には、使っていない。

ツイッターやSNSは気楽で便利だ。でも、やはり、ブログのような不特定多数向けというコミュニケーションは、まだまだ魅力的な気がする。
開かれている分、ツイッターやSNSに比べて押しつけがましさをあまり感じないところも、長所だと思う。
ブログを久しぶりに再開したところで、SNSとの違いにあらためてビビり気味なのだけど、ここは気持ちを強くもって、また続けていきたいと思います。

|

« 結婚という祝福と呪い | Main | 民主主義ってなんだ? »

「5 宗教」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/53258510

Listed below are links to weblogs that reference ネット社会とキリスト教の倫理:

« 結婚という祝福と呪い | Main | 民主主義ってなんだ? »