« 【無教会キリスト教青年全国集会2012】野々瀬さんの「タラントンの話」と、荒井さんの「北朝鮮の話」 | Main | 神谷美恵子の功罪 »

September 13, 2012

【無教会キリスト教青年全国集会2012】「日本人である」というタラントン

さて、「日本人である」とはどういうことか、という話である

野々瀬さんが、「環境も、神様からの【恵み・借金】である」といい、
荒井さんから、朝鮮半島の人々と日本とのかかわりについてのお話をうかがい、またその過去にたいして、「うめき」という祈りを示された時、
nikkouの心に、ある化学反応がおきた。
それをシェアしたいと思う。

nikkouは、正直、「日本人であることの誇り」だの、「日本語は世界でもっとも美しい」だのということを言う人が苦手である。
仕事柄、そういうことを言う人と出会う確率はとても高いのだけれど、
そういうことを言う人には、営業上お付き合いをしても、
仕事(=執筆)は、頼まないようにしている。
理由は、大きくわけて三つある。

まず第一に、「日本人/日本語はすばらしい」という時点ですでに、
自分は、外国はもちろん、日本のこともあまり勉強していません、と告白しているのと同じだと思うからだ。
nikkouが執筆を依頼する先生の中には、
国語が専門でありながら、日本以外の国や言葉についてとてもよく学んでいる先生たちがいる。
そうした先生たちからnikkouは、ことばや人間について、じつに多くのことを学ぶ。
そもそも国語の先生をしていれば、いやがおうでも、
漢文にともなって中国文学や中国の歴史を学び、
現代文でも、フランスやドイツの哲学を学ばざるを得ない。
深く広く学べば学ぶほど、
「日本語」だけではなく、「ことば」について、
「日本人」だけではなく、「人間」について
思考をめぐらさざるをえない。
そうした中から、「日本語」や「日本人」をどうとらえるか、という視点が生まれてくることはある。
でも、どの国の言葉や歴史がもっともすぐれている、なんて大胆なことは、
どんな博学な学者でも判断がつかないはずだ。
だから、「日本人/日本語はすばらしい」とか言う人に原稿を依頼しても、
面白いこと、深いことは何もかけないだろうな、とnikkouは判断するのである。

第二に、そういうことを言う人としばらく話していると、
だんだん、すさまじい差別意識をあからさまにしてくることが多い。
「日本人であることの誇り」から転じて
「一神教である欧米文化は狭量だ」だの、
「中国や韓国は日本よりも遅れている」だのと言いだして、
もっとひどい人になると、
学歴が高いこと、勤務校の生徒の学力が高いことなどに優越感を持っていたり、女性差別的だったりする。
この人のクラスに、勉強のできない子や、在日コリアンの子、セクシャルマイノリティの子がいたら、
どうなっちゃうんだろう、と心がさむーくなる。

そして第三に、
そもそも、あなたも、わたしも、ある国に生まれたのは、
まったく、たまたまなんじゃないの? と思うからだ。
もし、あなたが生まれたのがたまたまアメリカなら、あなたは日本ではなく、アメリカを誇るのだろう。
もし、あなたが生まれたのが韓国なら、あなたは日本ではなく、韓国を誇るのだろう。
しかしあなたが、その国の人間や文化を生んだ創造主なのか、あなたの努力でこの国があるのか。
たまたま生まれた国を誇る、というのは、nikkouには、つくづくナンセンスに映る。

だから、nikkouは、「日本人であることの誇り」や「日本語は美しい」という考え方からは、
できるかぎりフリーでいよう、と思ってきた。
そして、職業的良心から、そういう人の本はつくらないようにしようと思ってきた。
できるかぎりニュートラルに、世界のことばや文化と向き合おうと思ってきた。

でも、そうすると、ひとつだけ、大きな問題にぶちあたるのである。

それは、
「日本人であることの責任」からもフリーになってしまう、ということである。
具体的に言うと、たとえば戦争犯罪に対して、どう罪意識を持てばいいのか、わからない、ということである。

第二次世界大戦で、日本軍は、アジア各国にひどいことをした。
話をきけばきくほど、嫌なことばかり。
でも。
でも、それがわたしと、なんの関係があるのだろう。わたしはたまたまこの国に生まれたのだし、日本に限らず、どこの国のどの時代の歴史にもあることだろう。
心のすみで、そんな思いがどうしてもぬぐいきれなかった。

戦争で、女の人を強姦したり、人を殺したりしたのは、
戦争に行った人たちでしょう。
実際に手を汚した彼らが、実際に殺されたり傷つけられたりした人やその家族に会って、謝るべきではないか。

もちろん、一人の人間として、
戦争の犠牲になった人たちを深く悼む思いはあるし、
一人の女性として、
ひどいめにあった女の人たちとともに嘆き、憤る気持ちはある。
でも、そこに、どうしても「日本人であるわたし」という概念が代入できなかったのである。

ところが、
今回、野々瀬さん、荒井さんのお話が、nikkouのなかで、ふと、つながったのである。
「日本人である」というのは、
神様から与えられた、莫大なタラントンの一部ではないのか。

神様から一方的に与えられた【借金、恵み】なので、日本人であることを誇る必要はまったくない。
でも、日本人であることの責任を放棄したら、――つまり、「日本人である」という【借金、恵み】を土に埋めてしまったら、
最後に、神様からげんこつをくらうかもしれない。
今、この時代に、この言葉を用いて生きる、この国に生まれた、という【借金、恵み】を
二倍、三倍の「よいもの」にして、神様にお返しする。
そうすれば、タラントンをいかしきったことになるのではないか。

戦争犯罪についても、あるいは、マスコミでさかんに煽っている独だか竹だけいう島についても、
いつか、
世界中が瞠目し、世界の歴史に語り継がれるような、平和に満ちた解決策を示せたら。
その解決策にむけて、わたしが「この時代のひとりの日本人」として一生懸命尽くして、その解決の一歩に参与できたら。
それは「後世への最大遺物」にならないか。

「日本人としての誇り」にとらわれず、
しかし、
「日本に生まれた責任」を積極的にはたす。
ウルトラC級の難しいことだと思っていた。
でも、意外なところに、解答の糸口があったような気がする。

|

« 【無教会キリスト教青年全国集会2012】野々瀬さんの「タラントンの話」と、荒井さんの「北朝鮮の話」 | Main | 神谷美恵子の功罪 »

「3 礼拝」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/55623488

Listed below are links to weblogs that reference 【無教会キリスト教青年全国集会2012】「日本人である」というタラントン:

« 【無教会キリスト教青年全国集会2012】野々瀬さんの「タラントンの話」と、荒井さんの「北朝鮮の話」 | Main | 神谷美恵子の功罪 »