« 美知子さんのこと | Main

May 31, 2014

美知子さんに学んだこと

さて、美知子さんに学んだことである。

 召天式(お葬式)の中で、美知子さんが「人は役に立つから価値があるのではなく、生きているから価値があるのよ。」と言っていた、という思い出が語られていた。

 じつは、nikkouは、昨年夏に出産した赤ん坊の世話をしながら、折々美知子さんのことを思い出していた。

語弊があるかもしれないけれど、美知子さんと赤ちゃんは、少し、似ている。食事にも排泄にも移動にも、人の手を借りなければならない。車いすで移動するときは、ベビーカーで移動するのと同じようにバリアフリーの設備が欠かせない。

  ただ美知子さんは大人なので、こうした状況に切ない葛藤を乗りこえなければならなかった。とくに若い頃、膀胱炎を煩った時のつらさについて、美知子さんはこう記している。

介助者へ……

ここ一ヶ月、神は、いや、神とよばれるものがあるとしたら……
これでもか、これでもかと、私をはだかにしていった。
私のいちばん隠したかった部分を、よりによってはがしていく。
(中略)
管の導入……局部のただれ……生理……と
次々と私の衣をはがし
命そのものへと近づけた。
もうこれ以上、私の衣はない。
もうこれ以上、私に隠されたものはない。
私は命そのものを、あなたがたに託そう。
あるがままの姿で、あなたがたのまえに
在ることの意味を問い続ける者となろう。
(以下略)

「私の自立生活」より

  そして、物理的に赤ちゃんのような不自由さがあるために、精神的にも赤ちゃんのように扱われる屈辱も経験していた。一度、入院のつきそいをしたことがあるのだけれど、看護師さんの話し方に気の利かないnikkouですらカチンときて思わず注意したことがあるほどだ。

  おいしいカレー屋さんやおしゃれな雑貨屋さんの店内が狭くて車いすが入れなかったときもある。でも、美知子さんや、美知子さんと同じ障害を持つ夫君は負けなかった。カレー屋さんの店の前にテーブルを出してもらって食べたり、雑貨屋さんの店先にnikkouが商品を持ち出して広げて、買い物を楽しんだりした。

 介助の帰り、いつもnikkouは深い疲れを覚えた。車いすを押す体力的な疲労感もあったけれど、なにより、この「不便さ」にぐったりする感じだった。

  こんなに動きがままならないのに、どうして美知子さんはこんなに堂々といられるのだろう、と若いnikkouには分からなかった。まあ、そうしたいんだからそうすれば、とあまり考えないようにしていた、というところもある。

  あれから7〜8年たち、召天式で美知子さんの言葉、「人は役に立つから価値があるのではなく、生きているから価値があるのよ。」を聞いて、nikkouは、ああ、そうか、といまさらながら、心の奥底からため息が出る思いだった。

nikkouの赤ちゃんは、今まさに「役に立たない」日々だ。
 おっぱい飲んでねんねしてだっこしておんぶしてまた明日、な毎日である。
 なのに、ものすごく、ものすごく、大事だ。
 自分の命より、大事だ。
 役に立たないのに、価値が、それも、絶大なる、かけがえのない、価値がある。
 それが、人間の命なんだ、ということを、あまりの大事さに息が詰まりそうになりながら、nikkouは、今、毎日、ひしひしと感じている。

  美知子さんは、ご両親や夫君から、「あなたは、大事だ」という思いを、愛を、たくさん受け取っていた人なのだろう。なにより、神様からそのまなざしを感じていたのだろう。だから、自分だけじゃなく自分の周りの人も「大事だ」と心から感じていたのだろう。それゆえnikkouのような気の利かない介助者のことも、とても愛してくれていたのだろう。

  聖書の中に、「わたし(神様)の目に、あなたは高価で貴い」という言葉がある。聞き慣れすぎちゃってなんの感動も覚えなくなっていた言葉だけれど、nikkouは、美知子さんの召天式のときにふと思い出して、まるで初めてその言葉を聞いたような、すごく新鮮な思いがした。

  nikkouは、なにも分かってなかったよ。
 自分自身のことも、役に立っているから偉い、とか、役に立たないからだめだとか、驕ったり卑屈になったりしていた。
 役に立ちたいという思いは大事だけれど、それは人間の価値とは全然関係ない。

  そんな、人生の真理をでも呼べるものを、美知子さんは、日々の生活をnikkouたちと共にする中で、証ししていた。

  美知子さん、今頃わかったよ。
 本当に、nikkouは気の利かない介助者だったね。ごめんね。
そして、ありがとう。

|

« 美知子さんのこと | Main

聖書」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91294/59721602

Listed below are links to weblogs that reference 美知子さんに学んだこと:

« 美知子さんのこと | Main